[CML 007114] Fw: 大津における幸福の科学学園の学校建設問題

higashimoto takashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2011年 1月 3日 (月) 09:46:06 JST


ご承知の方も少なくないと思いますが、超右翼政党として悪名の高い幸福実現党の母体である宗教法人・幸福
の科学が滋賀県大津市に学校法人・幸福の科学学園を建設しようとしており、同地では住民たちの手によって
同学園建設反対のための大津市長、滋賀県知事宛の請願署名活動が展開されています。

■「北大津まちづくりネットワーク」HP
http://kitaootsu-net.sakura.ne.jp/index.html

同署名の第一次集約は1月16日ということです。ご協力いただければ本記事の転送者としても幸いに思います。

大津における幸福の科学学園の学校建設問題の経過については下記の報道をご参照ください。
http://kitaootsu-net.sakura.ne.jp/press.html


東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://blogs.yahoo.co.jp/higashimototakashi

以下、Kさんからの昨年末のメールの転送です。
………………………………………………………………………………
Sent: Saturday, December 18, 2010 9:36 AM
Subject: 大津における幸福の科学学園の学校建設問題


宗教法人・幸福の科学については、沖縄の先の知事選挙において、幸福実現党として候補者を立て、全国の米軍基地の75%が集中する沖縄に更らに新たな米軍基地の建設を進めるよう訴えたことから、極めて問題のあるグループ・党・宗教団体だと考えるところですが、
その系列の学校法人・幸福の科学学園が大津市仰木の里で、学校建設を進めようとしていることはご存知の方も多いと思います。私立とはいえ、幸福実現党のような超保守−右翼的な団体の系列の学校が県内にできることは、滋賀の教育を今よりさらに国家主義や新自由主義的な方向に揺さぶるきっかけとなると考えます。

こんな団体の学校ですから、中学校において「つくる会」教科書を使用することも十分考えられるのではないでしょうか。つまり、「つくる会」教科書に対する反対運動にとっても、重大なことと考えます。

一方、大津市仰木の里の住民は、住民の立場で反対運動に立ち上がっています。
「北大津まちづくりネットワーク」HP
http://kitaootsu-net.sakura.ne.jp/cooperation.html

私としては、上記に述べたような趣旨からも、これらに注目し、協力できることはしていきたいと思うところです。
すでに、署名活動が始められています。

私たちのような立場からの署名協力についても立場を越えた協力として、「北大津まちづくりネットワーク」の了承もいただいています。
滋賀だけでなく各地で幸福の科学と地域の問題が起きています。

署名は大津はもとより、県内外で進んでいるようです。
直筆署名を集めておられますで、メールなどによる署名はありません。
HPからプリントアウトして、郵送で送ってください。

この件について、ご意見、情報がありましたら、お願いします。
………………………………………………………………………………




CML メーリングリストの案内