[CML 007595] Re: 遠くなる「北方領土」

motoei motoei at jcom.home.ne.jp
2011年 2月 13日 (日) 20:38:01 JST


坂井貴司さん
いつも貴重な情報ありがとうございます。
北方領土と沖縄の米軍支配は戦後処理の暗黙のセットだと思います。
ロシアは米軍が沖縄に駐留している限り、北方領土は手放さないと
思います。
前原や菅首相は虎(米)の威を借る狐です。
冷戦崩壊後20年、ドイツは軍備縮小を始めています。
米軍基地の撤去要求を出せない、日本の親米派は何もできず、
米国は後50年今の体制維持を要求してきます。
「米軍がいなくなると自衛隊では守れない」とか、
「日本軍国主義が復活する」など、
沖縄を犠牲にして米国に利用されていることに気がつかない日本人(ヤマト)は、
アジアの人から見ればお笑い者です。(石垣)

Sent: Sunday, February 13, 2011 10:19 AM
Subject: [CML 007590] 遠くなる「北方領土」


>  坂井貴司です。
>  転送・転載歓迎。
>  
>  尖閣諸島(釣魚諸島)、竹島(独島)と同様、日本が「固有」の領土と主張し、
> ロシアに返還を要求し続けている千島列島南部の、択捉島(えとろふとう)、国
> 後島(くなしりとう)、色丹島(しこたんとう)、歯舞群島の「北方領土」。
>  
>  先住民族である千島アイヌの存在を無視して、江戸幕府と帝政ロシアと間で締
> 結した日露和親条約(1855年)をたてに日本は、「平和的に締結されたこの
> 条約により、北方四島は日本固有の領土であることは明らかである。しかし、1
> 945年8月9日、日ソ不可侵条約を一方的に破って旧ソビエト軍が占領した。
> 違法に支配している状態が続いている」と返還を要求してきました。
>  
>  この領土問題は、日本人の強い反ソビエト、反共産主義、そして反ロシア感情
> を煽り立て、日本をアメリカべったりにさせた要因の一つになってきました。
>  
>  さて、最近のニュースであるとおり、菅直人首相の「メドベージェフ大統領の
> 北方領土訪問は許し難い暴挙」発言や、右翼団体のメンバーが東京のロシア大使
> 館前でロシア国旗を引き裂いた事件
> http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/europe/491117/
> 産経新聞 2011年2月11日 
>
> でロシア側は態度を今までになく硬化させています。
>
>  ソビエト崩壊で「領土を大幅に失った」ロシアは、政府レベルから民衆レベル
> まで
>  
>  「もうこれ以上祖国が小さくなるのは耐えられない。クリル(千島)返還なぞ
> とんでもない!」 
>
> と思っています。日本政府が尖閣諸島(釣魚諸島)に関して「日中間に領土問題
> は存在しない」と言っていると同様に、ロシア政府は「露日間に領土問題は存在
> しない」と述べています。さらにロシアは千島列島地域の軍事力増強を行い初め
> ています。米ソ冷戦の最前線であったこの地域が、再び軍事的緊張を高めていま
> す。
>
>  このように解決の糸口が見いだせない北方領土問題を、過去から現在まで見直
> す番組が、NHK総合のNHKスペシャルで放送されます。
>  
>  NHK総合
>  
>  NHKスペシャル
>  「北方領土 解決の道はあるのか」
>  http://www.nhk.or.jp/special/onair/110213.html
>  
>  放送日2月13日
>  放送時間:午後9時00分〜9時49分
>  
> 坂井貴司
> 福岡県
> E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
> ======================================
> 「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
> その現実がここに書かれています・
> 『伝送便』
> http://densobin.ubin-net.jp/
> 私も編集委員をしています(^^;)
> 定期購読をお願いします!
>   



CML メーリングリストの案内