[CML 013912] 沖縄県庁で、辺野古アセス評価書提出を許さない行動「守衛室前なう、今日止めないといけない理由」(合意してないプロジェクト)

impact impact at jca.apc.org
2011年 12月 28日 (水) 15:27:51 JST


転送します
http://www.projectdisagree.org/2011/12/blog-post_7989.html


守衛室前なう、今日止めないといけない理由

整然と座り込み中です。この取り組みが効果を持つよう、さらに結集を、県庁 
ロビーを埋め尽くしたい。五時まで。今日、どうしても止めないといけない理 
由を、この期に及んで、知ってからでなければ動けないという人は、末尾まで 
読んで。

  県が毅然とした態度で対峙するよう「受け取らないで拒絶しなさい」と伝え 
たいならガンガンに「応援」を。
●沖縄県知事公室 
  TEL:098-866-2460
  FAX:098-869-8979
  ●「知事へのたより」「県民ご意見箱」宛先
  kouhou at pref.okinawa.lg.jp

  ガンガンの抗議はまだまだ政府へ。防衛省へ。
  ●沖縄防衛局 098-921-8131
  ●防衛省03-5366-3111
●内閣官房 03-5253-2111

  民主党の議員さん個別にもガンガンに言ってほしい。
  ●民主党本部
  TEL:03-3595-9988
  FAX:03-3595-9961

  ぬるい電話対応でただちに健康被害が出るというばあいはWebの意見フォームがある。
  ●首相官邸 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
  ●民主党 https://form.dpj.or.jp/contact/
  ●各府省への意見 https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

  なぜ、こんな座り込みを?今?と思う人の参考になる今朝の『琉球新報』記 
事をひとつ。
  号外だとか忙しいのか、Webには上がっていない様子ですが、重要な指摘。環 
境アセス法の改正施行と、提出時期との関係で、評価書提出が来年1月になっ 
たばあい、国の手続き=ハードルがひとつ増えるかもしれないというアセス法 
専門家の分析。
琉球新報2011.12.28記事「提出強行図るも不発」
-- 


CML メーリングリストの案内