[CML 013887] Fwd: ★【緊急署名】大飯原発運転再開反対−ネット署名はじまりました

TERAO Terumi teraoter at mint.ocn.ne.jp
2011年 12月 27日 (火) 15:19:34 JST


寺尾です。

核のごみキャンペーン・中部の安楽さんからのメールの転送です。

重複して受信された方には大変申し訳ありません。
お手数をお掛けして恐縮ですが、
削除してくださることでお許しください。

転送・転載歓迎。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 以下転送 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Subject: [nnf-tokai.5226] 大飯原発運転再開反対−ネット署名
はじまりました
From: 安楽
Date: 2011/12/27 2:13
To: <nnf-tokai at mlc.nifty.com>

【大飯原発運転再開反対のネット署名がはじまりました】

 既に東海ネットをはじめ、いくつかの団体が紙の署名の取り組みを
はじめていますが、 オンライン署名も始まりました。  どしどし
ホームページやブログなどでも紹介し、メーリングリスト等でも
拡散してくださいとのこと。
> ★ネット署名はこちらから。 
> http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/ooi_signature/ooi_signature1201_1.htm 
>
> ☆紙版の署名用紙はこちらです。 
> http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/ooi_signature_20111209-2.pdf 
>
> ☆美浜の会ニュース115号のいくつかの記事をHPで
> 紹介しています。 
> http://www.jca.apc.org/mihama/index.html 
 大飯原発の運転再開を許すかどうかは、「脱原発」を標榜する
私たちの「本気度」が試される試金石です。
 これは、原発利権集団との「天下分け目の闘い」と言っても
いいでしょう。
 
 「闘い」なんて言葉はあまり使いたくありませんが、
他に表現のしようがありません。

 もし、今も変わらぬ「安全感覚の欠如した人たち」による
ザルのような安全規制体制のまま、大飯原発の運転再開を
私たちが許すとすれば、もはやこの日本で「脱原発」の
実現なんて到底おぼつかないでしょう。
 3.11前の脱原発運動と同じように、これからも
「見果てぬ夢」のまま次の大惨事を許してしまうに
違いありません。
 「いつの日か脱原発」なんて甘く考えていたから、
福島原発震災を防げなかったと今も私はとても悔やんでいます。

 ストレステスト意見聴取会や、先の保安院・安全委交渉で
はっきり分かったのは、これまで原発を推進してきた学者も国も、
福島原発震災から何ら教訓を得ようともせず、何事も
なかったようにふたたび共謀して既知の危険に目をつむり、
運転再開手続きを進めようとしていることです。
 意見聴取会の委員らには、運転再開の可否を判断する権限はなく、
最後は原発推進の現政権の4大臣が判断するのです。
 その判断基準も未だに示されていません。極めて政治的な
判断になると思われます。
 こんな狡猾な官僚が描いたシナリオを完遂させてはなりません。

 ぜひ、皆さんも、拙速な原発の運転再開を止めるために、
やれるかぎりのことをしてください。
 よろしくお願いします。

核のごみキャンペーン・中部:安楽知子







CML メーリングリストの案内