[CML 013832] 「ほかの仕事をしている教育委員に都民の税金から報酬!?」 12/27都教委糾弾ビラまきのご案内

masuda miyako masuda_miyako1 at hotmail.com
2011年 12月 23日 (金) 21:23:34 JST


皆様

 こんばんは。犯罪都教委&1・5悪都議と、断固、闘う増田です! これはBCCでお送りしています。重複・長文!? ご容赦を!

 

 月末恒例の都教委糾弾ビラまきを今月は27日(火)8:00〜9:00、都庁第2庁舎前で行います。師走の厳寒期に入り、それも早朝で辛いところですが、御都合のつく方は、どうぞ、ご参加ください! 御都合のつかない方にも情報として知っておいていただければ幸いです。以下はビラの一面の御紹介。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<ほかの仕事をしている教育委員に都民の税金から報酬!? そして真っ赤なウソをつく!?>

    

★ほかの仕事をしながら
           「24時間365日、東京都の教育の改善・充実方策について考えて」いるか?


 当組合は12月15日の都教委要請の中で以下の質問と回答を得ました。


<質問>
 本年10月27日の教育委員会定例会終了直後に傍聴者が「竹花委員はどうしたんですか」と聞くと、木村委員長は「欠席です」と述べ、さらに傍聴者が「なぜ欠席ですか」と聞くと「出張です」と答えた。しかし、出張命令簿によると10月27日(木)に竹花委員は出張していない。木村委員長は、教育委員長として、傍聴者に真っ赤なウソをついたわけである。なぜ、このようなウソをついたのか?


<回答              総務部総務企画課>
木村委員長は、竹花委員の欠席理由が所属会社【注:パナソニック(株)】の出張であることを発言したものであり、委員長が嘘をついた、というのは誤解です。

 

<質問>
そうすると、大原正行教育長の「委員の皆様には、常日頃から、24時間365日、教育委員として東京都の教育の改善・充実方策について考えていただいております」という主張は真っ赤な嘘では? 


<回答             同課>
嘘をついたものではありません。(大原教育長が本回答を許可!)

 

◎よくもまぁ・・・月2回(1回の月も)の定例委員会の、その日に「所属会社の出張」を入れて欠席しているのですから、「常日頃から、24時間365日、教育委員として東京都の教育の改善・充実方策について考えていただいております」という事実は全くなく、それを、真っ赤なウソというのです! 


 こんな恥知らずなウソをついてまで、定例委員会欠席の委員に月額43万円余の報酬支払いを正当化するとは・・・それもほかの仕事をしている委員に都民の税金で報酬支払い!?・・・地方自治法が原則とする日額制にすべし!

 

☆公の場で真っ赤なウソをついて恥ない東京都の教育委員たちが、全く審議することなく、都立学校の中学生に強制する、「歴史偽造」のウソを書く育鵬社教科書の採択の撤回を!

 

☆都教委は「歴史偽造」のウソを書く扶桑社(育鵬社の前身)教科書批判を教えたことを理由とする増田都子教諭に対する不当免職を撤回せよ!


                                                                 東京都学校ユニオン 		 	   		  


CML メーリングリストの案内