[CML 013817] 12/17原発賠償相談会の様子。次回は23日宇治市で開催と【お知らせ】「避難の権利」集会in京都(12月27日)

ekmizu8791 at ezweb.ne.jp ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2011年 12月 23日 (金) 08:21:23 JST


転送・転載歓迎
重複の場合すみません。

京都の菊池です。

うつくしま☆ ふくしまin京都
− 避難者と支援者のネットワーク −

(事務局)611-0042宇治市小倉町西浦33-16(奥森方)
tel 090-8232-1664・fax 0774-21-1798
e-mail:rentai at s3.dion.ne.jp 
blog:http://utukushima.exblog.jp/

は

今日12/23宇治市で原発賠償説明会&相談会

を行います。


この原発賠償についての相談は
京都に避難されている方以外も受け付けます。
また、福島県以外の避難者も受け付けます。

相談に来られる方は、
上記連絡先へ連絡ください。

もし今日、都合のつかない方も、
後日機会を検討しますので連絡ください。


お知らせを
転載します。


[utukushima_fukushima2011][00275] 今日(12/17)の原発賠償相談会の様子です。次回は23日宇治市で開催します。

---
みなさまへ
奧森@うつくしま☆ふくしまin京都事務局です。

17日、伏見区役所での説明会・相談会の様子をブログにアップしました。
http://utukushima.exblog.jp/14192624/

大阪から5人の弁護士さん、京都から2人の弁護士さんが来てくれました。
避難者の方は、5名が参加されました。いずれも、区域外避難の方でした。

23日には宇治市・府立城南勤労者福祉会館で行います。
大阪から4名、京都から1名(いまのところ)の弁護士さんが来ていただけます。
説明会・相談会は無料です。茶話会に参加される方は、茶菓子代200円をご負担
ください。

避難者のみなさん。ぜひ、お時間を作ってご参加ください。


※
<宇治会場>
日時12月23日(金・祝)13:30〜16:30
場所京都府立城南勤労者福祉会館・研修室
http://www.jyonan.ac.jp/access.html
近鉄京都線伊勢田駅から徒歩約13分・近鉄京都線大久保駅から徒歩約20分

*参加弁護士 青木さん、山西さん、室谷さん、吉田さん

*説明会・相談会の参加費は無料です。
 ただし、茶話会に参加される方はお茶菓子代実費(200円)をご負担ください。


詳しくは
【ご案内】原発賠償説明会&相談会(12/17京都伏見・12/23宇治市)
http://utukushima.exblog.jp/14158241/

を参照ください。


また、京都で次の大事な取り組みが行われます。

共催の
NGO e-みらい構想の方のよびかけによると開催5日前の昨日12/22の時点で

年末のためかまだお申込みが少ないので、再度お知らせ致します。
是非みなさまご参加下さい♪
とのこと。

ぜひ多くの人にお伝えください。


お知らせを転載します。


[utukushima_fukushima2011][00277] 【お知らせ】「避難の権利」集会in京都(12月27日)

---
みなさまへ
奧森@うつくしま☆ふくしまin京都事務局です。

下記の情報をお知らせします。
ぜひ、拡散してください!

----------------<拡散歓迎!>------------------------
「避難の権利」集会 in 京都
「自主的」避難の賠償指針と福島市・渡利の現状
〜「わたり土湯ぽかぽかプロジェクト」で子どもたちを守ろう!〜
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-7080.html
-----------------------------------------------------
ようやく決まった「自主的」避難の賠償指針。しかしその内容は極めて限定的
なものでした。
真の意味での「避難の権利」を確立するために、私たちは今後、どのようにしていけばいいのでしょうか。

本集会では、この半年、原子力損害賠償紛争審査会への働きかけを続けてきた
市民団体の立場から、
このたびの審査会の指針を検証します。

また、避難問題の最前線、高い線量が続く福島市・渡利の深刻な状況をお伝えし、
民間の力で子どもたちの短期避難を実現するための「わたり土湯ぽかぽかプロジェクト」を紹介します。

◆日時:2011年12月27日(火)18:30〜20:30
◆場所:ひと・まち交流館 京都 第5会議室
(住所:京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83番地の1)
  http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html
◆定員:90名
◆申込み:下記よりお申込み下さい。
  https://pro.form-mailer.jp/fms/203ab86424892
◆参加費:500円
◆内 容:「自主的避難」確立への道筋:原賠審指針を検証する
     避難問題最前線〜福島市・渡利のいま
     私たちの力で子どもを守ろう!〜「わたり土湯ぽかぽかプロジェクト」

◆参加者:阪上武/福島老朽原発を考える会(フクロウの会)
     満田夏花/国際環境NGO FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)
    西山祐子/避難者と支援者を結ぶ京都ネットワーク みんなの手
       わたり土湯ほかほかプロジェクト:京都、関西地区活動支援担当

◆主 催:国際環境NGO FoE Japan
     福島老朽原発を考える会(フクロウの会)
◆共催(予定・打診中):
   グリーン・アクション、NGO e-みらい構想、環境市民、気候ネットワーク
     使い捨て時代を考える会、アジア太平洋資料センター(PARC)
   美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)
◆協力:地域環境デザイン研究所ecotone
◆問い合わせ先 国際環境NGO FoE Japan
                         Tel: 03-6907-7217(平日・9:00〜21:00)
                         Fax: 03-6907-7219 E-mail: finance at foejapan.org

※関連情報
>【朝日ニュースター番組】なぜ避難勧奨地点にならないのか!? 苦悩する福
島市渡利地区
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1281
>【報告】10月28日 政府交渉:渡利の子どもたちを守れ!
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-756e.html
>【動画ダイジェスト】10月8日、渡利・小倉寺地区住民説明会で何が生じたの
か
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/108-83e0.html
>避難区域外の「福島」で今生じていること 〜大波・渡利・小倉寺における情
勢〜
http://www.foejapan.org/energy/news/pdf/111012_s3.pdf




菊池
ekmizu8791あっとezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合はあっとを@に直してください)


CML メーリングリストの案内