[CML 013777] バルチック艦隊の真実

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2011年 12月 21日 (水) 00:10:07 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 今、NHK総合テレビで
 
 スペシャルドラマ「坂の上の雲」(司馬遼太郎原作)
 http://www9.nhk.or.jp/sakanoue/
 
 が放送されています。生前の司馬がかたくなに映像化を拒否し、今も批判をあ
びつづけている問題だらけの番組です。

 12月25日の最終回では、日本海軍の連合艦隊と。、帝政ロシア海軍のバル
チック艦隊が激突する日本海海戦(ロシア側は対馬沖海戦)が放送されます。
 
 この海戦は、戦力で圧倒的に優位なバルチック艦隊を、連合艦隊がTの字型戦
法で打ち破ったと言われています。日本では、奇跡の勝利として神話化されて伝
えられてきました。
 
 しかし、ソビエト崩壊による文書公開や、この海戦に参加したバルチック艦隊
の将兵の手記から、違う側面があったことが明らかになりつつあります。
 
 実は海戦の前から勝負はついていたのです。
 
 バルチック艦隊は、艦船の数では連合艦隊を上回っていたものの、バルト海か
ら日本海への7ヶ月間におよぶ長距離航海で将兵は疲れ切っていました。この長
距離航海で船底にはフジツボなどの貝が付着し、スピードは落ちていました。当
時の船のエンジンは石炭ボイラーでした。日本と軍事同盟を結んでいたイギリス
の妨害により、寄港した港で適切な量の石炭を積み込むことができませんでした。
ようやく石炭を確保すると、詰め込むだけ詰め込め、と甲板や乗組員の船室にま
で石炭を押し込みました。ロシア海軍首脳部とバルチック艦隊の間は意思疎通が
うまくいかず、作戦方針が二転三転し、混乱していました。さらに出港直後、北
海を航行中、イギリス漁船を日本海軍の艦船と誤認して発砲し、イギリス人漁民
を殺傷するドッガーバンク事件を起こしました。乗組員の練度はこの程度でした。
この事件でイギリスは、アフリカやアジアの植民地の港にバルチック艦隊が寄港
することを禁止しました。これにより、休養や補給が困難になりました。そのた
め、バルチック艦隊は東郷平八郎や秋山真之が予想した通り、最短距離の対馬海
峡ルートを選ぶしかありませんでした。
 
 そして、帝政ロシアの強固な身分制度が影を落としていました。映画「戦艦ポ
チョムキン」に描かれた通り、士官は貴族、兵は労働者や農民出身というのが、
帝政ロシア軍の構造でした。給与や待遇には天と地ほどの開きがありました。バ
ルチック艦隊も同様でした。「なんで俺たちを苦しめる貴族の士官のもとで、は
るか極東で戦わなければならないんだ」という不満が下級水兵の間で鬱積してい
ました。
 
 後のロシア革命には、この海戦で戦ったバルチック艦隊の水兵が少なからず参
加しました。
 
 「この海戦で勝たなければ日本は滅びる。一歩も引かない!」
 
と戦意をみなぎらせ、準備万端の体制で戦いに望んだ連合艦隊と、やる気がない
バルチック艦隊の勝負はすでにあったのです。 

 ロシア側から見た日本海海戦を検証する番組が12月21日放送されます。
 
 NHK総合
 
 ろーかる直送便 しこく8
 「バルチック艦隊の真実〜日本海海戦への知られざる航海」
 http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2011-12-21&ch=21&eid=12121
 
 放送日:12月21日
 放送時間:午後3:15〜午後4:00
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
 


CML メーリングリストの案内