[CML 013693] ●混入を突き止めたのは二本松市の副住職。NPO法人「TEAM二本松」の理事長

中田妙佳 gukoh_nt at yahoo.co.jp
2011年 12月 15日 (木) 15:41:31 JST


nakataです。重複おゆるしください 
メールをいつもありがとうございます。

少し、送信が遅くなりましたが、 
●いくつかのtwitterと、河野太郎議員のブログからの下記ご紹介です。

(以下拡散転送歓迎)
========================
▼玄海原発3号機4時間半もたってから通報とは、やはり3.11以後何も変わっていない 。
ひどい原子力産業の実態は、居直っています。。
▼それぞれのtwitterつぶやきには、ブログ・新聞記事の短縮アドレスがはりつけてあります。
マスメデイアにはない、情報をどうぞご利用ください。

▼河野太郎議員の公式ブログ ごまめの歯ぎしり
■「やっぱり日本の原子力の土台は腐っていた」

*************************************************************************

yoshitaka_w 渡瀬義孝 
▼隠蔽するつもりだったのか・・ RT @rengepapa 玄海原発3号機で1.8トンもの一次冷却水漏れ http://bit.ly/uLfJjW 実際は配管が高温高圧のため噴出と言った方が良い。▼4時間半もたってから通報とは、やはり3.11以後何も変わっていない #genpatsu


kamitori kamitori  
▼素晴らしい。全国でもすすめよう。「粉ミルクのセシウム」福島の住職500万円の放射能測定装置で発見 http://bit.ly/v8E0vk 混入を突き止めたのは二本松市の副住職。NPO法人「TEAM二本松」の理事長。募ったカンパで500万円の微量放射能測定装置を購入


nanohana_me ナノハナ 
▼「除染」より「避難」を求める住民も多い。ただ、自治体から国に対して要望されるのは、「除染」のみ http://nanohana.me/?p=8654 ▼避難すると、税収の激減により自治体が立ちゆかなくなる、という危機感 自治体の長が「避難した住民は住民と見なさない」などと公言するケースも


 magosaki_ukeru 孫崎 享 
▼放射線:この分じゃ日本で原発放射線被害者一人も出て来ない。従って原発の危険はないことに。9日朝日「福島第一原発・吉田前所長の病状は食道がん」「東電は改めて、病気と事故の復旧作業で浴びた放射線との因果関係はないとの見解を示した」 


 magosaki_ukeru 孫崎 享 
放射線:吉田前所長の病状は食道がんについて、▼10日ジャパンタイムズは東電は事故とその後の勤務との関連否定していると報じた後、▼「2010年定期検診の際食道がんの兆候は何もなかった」と報道


hyodo_masatoshi 兵頭正俊 
▼なんだ、そういうことだったのか。▼群馬大学の早川由紀夫教授に訓告処分した学長には、もともとこんな背景が。▼学長主文 の「本学の名誉若しくは信用を失墜する行為」をしていたのは学長だった。この写真、わかりやすいなぁ。http://www.jaea.go.jp/02/press2009/p10030501/index.html


 hyodo_masatoshi 兵頭正俊 
国会議員は代表(党首)の奴隷ではない。▼議員が大切にしなければならないのは、おのれの政治的信念である。また、日本国憲法は主権在民を謳っている。投票してくれた国民の民意を尊重するべきだ。民主党に投票し、政権交代を実現した国民は、▼消費税増税にもTPPにも原発輸出にも賛成していない。


nak4680 きょうこ 
▼原発検査の抜本見直しを 独法評価委、経産相に要請 #nishinippon http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/277202 「検査の中立性、公平性に疑念が生じている」と指摘。 「不透明な関係が国民の信頼を失わせている」とし、抜き打ち検査強化などが必要とした。


morimasakosangi 森まさこ 
郡山市若葉台の公園。表土を剥ぎ取り公園内に埋めたが、▼どこに埋めたが表示がなく問題になっている。 #jnsc #fukushima http://photozou.jp/photo/show/701808/112769674
 

 
tautautau1976 tautautau1976(隠居猫) 
デマについて書かれた @HYamaguchi さんのブログの▼「暴論:デマの「根絶」をめざしてはいけない7つの理由」考えさせられる内容。過剰な糾弾や自分の考えと異なる考えのデマ認定は最近良く見かける http://goo.gl/dZAa5 #genpatsu #nuclearJP


****************************************************************************
河野太郎公式サイト
河野太郎公式ブログ ごまめの歯ぎしり
■やっぱり日本の原子力の土台は腐っていたhttp://www.taro.org/2011/12/post-1135.php


2011年12月14日 23:15|核燃料サイクル|自民党役職停止中

▼山本一太特命委員会で、自民党本部に九大、東工大のエネルギー、原子力関係の教授を招いて、原子力関連の人材育成についてのヒアリング。

▼驚いたのは、学界が果たしてきた原子力ムラのなかでの役割について、二人とも、なんら反省もなく、これからこんな開発をやる、こんな研究をやる、だからそのための人材を育てないと云々と、まるで福島の事故など無かったような能天気なプレゼンテーションだったこと。

▼事故後に原子力の専門家がテレビで、メルトダウンではない、大きな問題ではない云々とまるで真実と違うことを発言していたのはなんだったのかという質問が立て続けに出されたのに対して、全く答えもしない。

▼原子力ムラの中でも、特に腐敗がひどい分野かもしれない。

プレゼンテーションの中で、将来の原子力関連の人材の需要に関する予測として、
1.プラントの建設は各電力の供給計画による。プラント寿命は60年として即刻リプレースすると仮定する。
2.2030年までの新増設を4年に一基ずつに平準化する。
という、二つのケースでの試算が堂々と提示されていた。

あきれるというよりも、その象牙の塔ぶりに笑いが出た。

▼さらに、海外需要の5%から20%を受注したら技術者数の予測はこうなるという予測までついてくる。

▼最後のページは「将来の人材育成に関する課題(福島事故後)」という表題で、「世界の原子力利用推進の状況に対応した人材の育成と供給(産業振興と密接に関連する)」そして「電気事業者、メーカー、研究機関への優秀な人材の供給」。

▼シビアアクシデント対策とか、放射性物質の除去とか、核のゴミの処分や廃炉のために必要な人材を供給しよう等ということは一言もない。

▼もちろん、使命感や倫理感に欠けた人材を供給してきたことに対する反省など全くなし。

▼こういう人間達に、原子力を任せたくないし、こういう人間達に、原子力に関わる人材育成を任せたくない。

▼日本の原子力、根底の根底からおかしい。

****************************************************************************


CML メーリングリストの案内