[CML 013690] [フランス原発は、日本と違って、安全?」

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2011年 12月 15日 (木) 12:46:23 JST


前田 朗です。

12月15日

東郷青児美術館の「アルプスの絵画 セガンティーニ」展は、とても爽快で、
すっきり、心が澄み、なごみます。 客が多いのが眼ざわりですが(苦笑)。

セガンティーニは、ヴィンタトゥー ル、チューリヒ、バーゼルでたくさん見て
きましたが、サンモリッツのセガンティーニ美術館には行っていないので、今
回、たくさん見ること ができて良かったです。

でも、今朝から不愉快なのは、産経新聞の原発特集記事です。なんとフランス原
発を特集して「最高の安全」と大 宣伝。半年前まで日本の原発を安全と宣伝
し、福島原発事故後も原発推進を唱え、脱原発運動を揶揄してきただけあって、
やることが、フラン ス原発は安全だ、テロリスト対策も万全、というバカげた
宣伝です。つい先日のNGO侵入事件も完全無視。

たぶん、「フランス原発は、日本と違って、安全」(笑)。



CML メーリングリストの案内