[CML 013630] 【報告】第235日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2011年 12月 11日 (日) 08:03:58 JST


青柳行信です。12月11日。

【転送・転載大歓迎】
原発とめよう!九電本店前ひろば第235日目報告
呼びかけ人(4月20日座り込みから12月10日現在総数1941名)
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
       
《さよなら原発!福岡一万人集会》 
  ホームページ: http://www.goodbye-nukes.com

  <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>
 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★

『放射性物質含む水漏れ 玄海3号機 公表は警報だけ』 佐賀のニュース(佐賀新聞)
http://goo.gl/zKtql

玄海3号機で冷却水漏れ 1・8トン、九電発表せず(共同通信)
http://bit.ly/s7pF4C

青柳さん、こんばんは。
清水@グルントヴィ協会です。
うちの協会(http://www.asahi-net.or.jp/~pv8m-smz/index.html)に載せた原 
発関連情報No.4です。
通信社系の記事はすぐに消えるので魚拓にしています。

1,中学生の子どもをもつ母親がやっているOK FOODというサイトは、放射能汚 
染の少ないと思われる食品を紹介しています。一つの参考情報としてご利用下さい。
http://okfood.blog.fc2.com/blog-entry-429.html

2,学長訓告を受け、それでマスコミから言葉狩りを食らった群馬大の早川由起 
夫さんが、批判にもめげずにさっそく東日本とチェルノブイリの比較地図の改訂 
版を掲載しています。
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-450.html

3,上の地図を見てもわかる通り、福島県とその周辺は、移住が必要でありその 
権利をもつ地域になります。なのに福島県は県民の県外移転を許さない政策を取 
りましたが、県民の強い反発で撤回したという記事です。
http://megalodon.jp/2011-1210-0914-42/www.minpo.jp/view.php?pageId=4107&mode=0&classId=&blockId=9913916&newsMode=article
(メールで改行されている場合は、つないでペーストして下さい)

4,総務省の政策評価・独立行政法人評価委員会が、原発検査をする原子力安全 
基盤機構が電力会社出身者が多数であることを指摘して、中立性・公正さが損な 
われると指摘しています。委員長は住友商事会長で、財界の人間であってもさす 
がにひどいと思うのでしょうね。
http://megalodon.jp/2011-1210-0917-27/www.47news.jp/CN/201112/CN2011120901002271.html

5,政府のエネルギー・環境会議の「コスト等検証委員会」が原発の発電コスト 
試算を6割上げて、火力と同じと結論を出しました。しかし、前にもお知らせし 
たように、これでも甘く、大島堅一さん(立命館大)らは抵抗してきました。
http://megalodon.jp/2011-1210-0915-34/www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011120901002402.html

6,その大島堅一さんが毎日新聞の「ひと欄」に出ていました。
http://mainichi.jp/select/opinion/hito/news/20111209ddm008070065000c.html
 やっておられることは室田武さんが80年代にしていたことなので、関係あるか 
なと思ってましたが、室田さんが一橋大にいたときのお弟子さんにあたるようで 
すね。
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%8E%BA%93c%95%90&oldid=36337268
 去年9月の原子力委員会での否定的発言をした委員とは議事録を見るかぎりで 
は、委員長の近藤駿介のようです。
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/iinkai/teirei/siryo2010/siryo48/siryo.pdf
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/about/iin/kondou.htm
 事故後もたいしたことはないという発言を繰り返している良心のかけらもない 
御用学者です。事故のあと試算自体の間違いがわかって、国が訂正する以上、発 
言責任を取るべきでしょう。

吉田典子 さんから:
  <11.13福岡一万人集会・デモパレード>
『へっ!?えええええーっ!!』
天神三丁目バス停付近で「パレードは解散です」と告げられた時の私の心の声です。
午後、公園の舞台前から、かなり後ろに座っていた私は、前の席が空いていると 
いう放送を訊いて、座っていた場所を、舞台左前に移動しました。
前だったので、パレードの流れに乗って公園を出たのは、かなり早かったです。
真後ろには、シュプレヒコールの先導をする女性がいて、セッセと音頭をとって 
いました。
けど、コースは商業街ではなかったので、日曜とはいえ道路は殆ど人通りなし。
それでも、そのまま進めば、電気ビルへの途上、天神を通ります。
だから、後ろの女性に「最初から張り切っていては、肝心な所で声が出なくなり 
ますよ」と言ってたくらい。
ところが、賑やかな通りに出る前に、パレードは終わり。
まだ2時前でした。
私がたまたま加わったとこは、他県から参加の人が多かったから、帰りの時間の 
都合があったのでしょう。
ちょうど解散が告げられた時、参加していた知人から「一緒しません?」とメー 
ルが来たので、折り返し返事を送りました。
けど、二度メールを跳ばしても、電話してもつながらず、他のコースがどうなっ 
たかも分からなくて、気分は狐につままれたよう。
解散場所で大分、返事待ちした後で、ともかく、電気ビルまで行ってみようと、 
一人歩き始めました。
そしたら、途中、玉屋の前で何やら喚いている声が。
後で知りましたが、在特会さんだったそうです。
マイクを通した声は割れてて、何を言ってるのかサッパリわからなかったのが、 
御愛嬌。
まあ、内容を伝えるのが目的ではなく、騒音を出すのが目的なら、あれで十分で 
しょうが…。
聴く側にしてみれば、いっそ歌でも歌ってくれた方が、耳の傾け甲斐があります。
…選曲が良くて音痴でなければ…ついでにダンスも付いていると、嬉しい。
一応観客(?)がいるんですから、妨害もスマートにエンターテイメントして欲し 
いです。
そしたら、相乗効果(…)が期待できそうで。
【正義の味方は正義であるが故にダサくても許されるが、敵役は敵役であるが故 
にダサさは許されない】byそこらへんのオバハン
気が遠くなるくらい昔『宇宙戦艦ヤマト』で「ヤマトの諸君」といい声でおっ 
しゃっていた敵役の方…名前、忘れましたが…カッコ良かったですなぁ…。
ああいうカッコいい敵役は現実の世界にはいないらしいのが哀しい…。
いかん…話を戻せば、肝心の他のパレードの参加者は影も形もないし、体調が悪 
い上に疲れた私は、取り敢えずレストランに入って、ティ・タイムとも夕食とも 
つかない半端な時間に、御食事。
終わって出てみたら、他のパレードのトラックが道路の向かいをパレードしてく 
るのが見えて『他は解散になった訳じゃなかったんだ』と分かりました。
この事は書いたものかどうか迷いました。
でも、もし次があるなら、公園でパレードのコース分けの説明をする時、先に 
言って欲しかったんです。
個人参加の私にとっては生煮えな終わり方になったんで。
あらかじめ分かっていたら、次は加わる集団を選びます。
追伸  もしも、在特会の次の妨害が洗練されたものになってたら、それは私のこ 
の御意見のおかげかも…。
ああ…ブーイングと一緒に、おでんが雨霰と飛んできそう…。
どなたか大きいザル下さい。

国際環境NGO FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)から;
------------------------------------------------------------
2011年12月9日
【声明】原発事故に苦しむ人々の思いをふみにじる原子力協定批准に抗議
~原発事故の実像や被害の実態を海外に伝えて下さい~
http://dl.dropbox.com/u/23151586/111209_statement.pdf
------------------------------------------------------------

本日、参議院でベトナム、ヨルダン、ロシア、韓国の4か国との原子力協定が一
括採決されました。これにより4か国との原子力協定が国会で批准され、危険で
無責任な原発輸出に道を開くこととなりました。

私たちは、この拙速な原子力協定の批准に対して、国民の意思や福島原発事故に
今なお苦しむ多くの方々の思いを踏みにじるものとして強く抗議します。

日本政府は、下記のような問題に対して、何一つ責任のある説明を行っていませ
せん。

ヨルダンに関しては、前期の国会においても協定に関して審議されましたが、参
考人招致により、冷却水の供給体制、事故時における100万人以上の周辺住民の
避難などが極めて非現実的であり、テロのリスクも高いことが明らかになりまし
た。これらの問題は何一つ解決されていません。

ベトナムに関しては、事業地がヌイチュア国立公園と隣接・重複していること、
絶滅危惧種のアオウミガメの生息地となっていること、同国の施工リスクは高く
施工面・運用面での事故の恐れがつきまとうこと、住民が事故のリスクについて
知らされておらず、国家事業ありきで計画が進行していることなどの問題点があ
げられます。また、ベトナムにおいて原発導入のメリット・デメリットが十分議
論されている状況ではありません。

両国とも、放射性廃棄物の処理についての見込みはたっておらず、福島原発事故
クラスの事故が生じたときの損害賠償体制も不明です。

日本の公的資金を利用して、当該国の原発建設を支援するのであれば、日本政府
は当然のこととしてその説明責任を負うはずです。

私たちは東京電力福島第一原子力発電所の事故を経験し、現在も福島をはじめと
して、多くの人々が放射能汚染に苦しんでいます。除染や賠償にかかる被害金額
は計り知れません。同発電所が完全に廃炉となるまで最低30年かかると言われて
います。

原発に依存することの危険性を私たちは身をもって経験しています。「原子力協
力」と称して海外に危険な原発依存体制を輸出するのではなく、原発事故の実像
や被害の実態を伝え、エネルギー多消費体質から抜け出るための哲学や技術を共
有することとこそ、真の原子力協力と言えるのではないでしょうか。

一部のプラント・メーカーの利益のために、税金や国際協力銀行による融資など
公的な資金を使って、これ以上原発輸出が進められることに、私たちは強く反対
します。

なお、採決に当たり、一部の民主党議員が反対・棄権を行い、処分が検討されて
いると報じられています。私たちは、民主党執行部に対して、今回の強引な協定
採択の責任を問うと同時に、反対・棄権を行った議員に対する処分を行わないよ
う求めます。
--------------------------------------------------------
★渡利署名第2弾!>子どもたちを放射能から守るために
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-87fb.html
--------------------------------------------------------

田島 さんから:
T. kazu さんのコメントを転送します。
以前、「横浜のストロンチウムについて」のスレットで、
大畑豊さんから
「環境放射能データベース」についてご教示をいただきました。
http://list.jca.apc.org/public/cml/2011-November/013218.html

改めて御礼をもうしあげます。
そのご、ご教示のサイトを検討するにあたって、
朝日新聞連載「プロメテウスの罠、第3部 観測中止令」(11/7-23の15回連載)
これを読みましたところ、放射能・放射線測定に関しては、
国土交通省管轄の気象庁といえども、文部科学省が予算配分管轄権をにぎっていて、

大畑さんご教示の、
> 気象研究所が過去、50年以上測定しています。
この国際的にも評価された測定が、
3月31日をもって打ち切られた事実が詳しく報じられています。

この文部科学省による情報隠ぺい(情報の元を断つ)というよりか、
研究弾圧をある国会議員がひそやかに問題にしたところ、
文科省の役人は、それが世間に知れるのをおそれて、予算は7月になって一部復 
活しました。
しかし、いったん測定が打ち切られた結果、微量元素の測定という職人技をもっ 
て従事していた、
契約技師は離散し、測定は、ままならないようです。
しかも、「測定値を評価して予測モデルをつくる研究」は、文部省の認可条件か 
らは、除外統制されてしまったようです。

気象庁の研究者は、測定を再開しても発表の機会は与えられていないようです。
「環境放射能データベース」には、
3.11以降のデータは見つかりません。(見つかったら教えてください)
http://search.kankyo-hoshano.go.jp/servlet/search.top?pageSID=165038819

また、気象庁気象研究所のサイトをたずねても、
http://www.mri-jma.go.jp/
当該の、1957年からずっと続けてきたという大気中のSr降下量についての報告は 
見つかりません。
4月から7月までは、予算がないのでサンプル収集のみ。7月から一部予算復活し 
たものの、
データの発表は5カ月たってもありません。

これは、原発のために学問研究が枉げられたことを世界に示した「国辱」です。
また、文部科学省所管「環境放射能データベース」は、
データ公表のサイトと言うよりも、
データの「独占」と「遮断」に寄与するサイトだといってよいかもしれません。
この問題は、渦中の気象研究所研究員の立場がありますから、
その去就、情報を求めなくてはなりません。

松元 さんから:
みなさまへ    
小出先生の「たね蒔きジャーナル」12月8日分の転送です。また、つづいて放送 
された大阪空襲訴訟原告の安野輝子さんのお話、原発のことではありませんが、 
将来起こりうる「原発訴訟」と二重写しになりましたので紹介させていただきます。

小出先生、伊方訴訟では「科学的には原告が完全に勝利していたのに国に軍配を 
あげた」、「日本の裁判には絶望した」と語っています。

●「小出裕章非公式まとめ」に生の声がアップされています。

http://hiroakikoide.wordpress.com/

=====小出先生、12月8日のお話======

 永岡です、毎日放送のたね蒔きジャーナル、今日は千葉猛さんの司会、毎日新 
聞大阪本社論説委員の近藤伸二さんの案内で放送されました。

 原発のニュース、事故処理と賠償で、政府が東電に公的資金の投入です。廃炉 
の費用は東電になく、政府の資本注入で1兆円規模になり、株式発行を拡大して 
政府が引き受けることになり、東電は国有化されます。近藤さん、金融機関の公 
的支援は一時的な危機を乗り切るためのものだが、今回は廃炉だけでいくらかか 
るか分からない、経営が成り立たない、それを国が引き受ける、実質的に解体に 
近い(発送電分離)、国が深く関わる、東電の抵抗は強いが、国の強い意志を感 
じると言われました。廃炉+除染で数兆円、東電は値上げで対応したいものの国 
民の理解は得られず、選択肢はないのです。

国民、被災者へのメリットは、東電が破綻したら賠償が出来なくなり、これを避 
けるために東電を存続させ、国有化するものとのことです。

福島の汚染水、法律の規制値以下にして海に放出する動きがあり、漁業関係者が 
抗議です。あと2~3万トンしか置けず、農水省、漁業関係者は反発し、東電は 
放出するかは決めていないとし、鹿野大臣は、それはまかりならぬと言っていま 
す。近藤さん、4月に高濃度汚染水を放出し、国際問題になり、今回は処理した 
後でも、国際問題になる可能性もあるとのことです。保管で工夫せよとのことです。

政府は二本松市の米の出荷停止で、基準を超えるセシウム検出のためで、停止は 
4例目、3つの市の5つの地域になります。基準を超えた米は流通していません。

美浜原発2号機、関電は手動で停止し、排水処理設備を超えるので停止、定期検 
査より10日早くの停止で、電力需給に大きな変わりはありません。

全国の住民が伊方の差し止めを求める訴訟を起こし、300人の原告で、巨大地震 
の恐れがあり、国の耐震指針に誤りありとのことで、地震の前に原発を止めたい 
と言っています。

 そして、小出先生のお話、リスナーから、東電の放射能汚染水を浄化して海に 
流しても大丈夫かについて、規制値以下にして流すと言うものの、「放射能に大 
丈夫と使ってはいけない」、どんなレベルでも危険で、漁業者が敏感になるのも 
当然である。小出先生も法令を守り仕事をしてきた、それが許容されると思って 
いたが、東電が法令を守るなら認めるしかない、しかし、今まで政府、東電の 
やってきたことがひど過ぎた、監視しないといけないが、重要性に目を配り、地 
下に汚染水が流れているのをマスコミが報じず、国もトレンチ、ピットに水が漏 
れている、これがはるかに大事なのです。

 これ、汚染水保管が行き詰ったためで、「対策は考えられない」、水は増え 
る、いつかは行き詰る、いつかは流さないといけない、勝手に漏らすか、法令に 
より流すか、なのです。
 そして、伊方原発、地震による事故の恐れで差し止め訴訟、小出先生は訴訟で 
証人になったのですが、伊方原発のこと、原発そのものが途方な危険を抱えてい 
る、伊方は中央構造線と言う日本最大の活断層の上にあり、浜岡だけでなく伊方 
も問題なのです。千葉さん、日本最大の活断層の上になぜあるのかと問われて、 
日本沈没と言う小説があり、中央構造線で日本が割れることを描いており、それ 
ほど重要な活断層であり、これを評価しないといけないと裁判にしたのに、科学 
的な主張は住民が圧倒的に勝ったのに、それでも裁判所は国を勝たせた、このこ 
とに千葉さん絶句で、小出先生納得できない、裁判に絶望されたのです。

 リスナーから、福島の1~4号機から放射能が出ているのか、冷やすための注水 
はいつまでやらないといけないかについて、冷やす作業は何年もかかり、何年か 
かるか分からない、放射能は出続けている、どうやって止めるかを考えつつ仕事 
をしないといけない。年内の冷温停止はあり得ない話なのです。

 また、放射線管理区域と同じになり、チェルノブイリと比べて、日本はどれく 
らい深刻かについて、チェルノブイリでは管理区域は14.5平方キロ、日本全体38 
平方キロで、日本の本州の6割を管理区域にしないといけない、日本では福島が 
海岸にあり、放射能の大半が海に落ちて、しかしそれでも2万平方キロは管理区 
域にしないといけないのです。放射能は、来年の今頃もあるのかについて、セシ 
ウム134と137、134は2年で半減、137は30年かかり、137はなくならない、少しず 
つは減るものの、セシウム137は何十年単位ではきれいにはならない、1年経って 
134は7割になり、137は減らないのです。
 今日は、リスナーの質問特集をお届けしました。

Sato さんから:
* ピース・フィロソフィー・センター「NYタイムズ記事、除染計画に疑問を呈す」
http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/12/new-york-times-article-posing-questions.html

*ダイヤモンドオンライン: ポール・ガンター氏、「原発事故の確率がどれほど 
低かろうが、その“万が一”の事態は決して 受け入れられるものではない」
http://diamond.jp/articles/-/15236

*日テレNews 24  12/9  「郡山市の子ども月450マイクロシーベルト」
http://news24.jp/nnn/news8652863.html  ( 抜粋)
郡山市が、積算型の線量計を使って小中学生の外部被ばく量を調べたところ、最 
も高い子どもで月に450マイクロシーベルトだったことがわかった。郡山市 
は、およそ2万5千人の小中学生に積算型の線量計を配り、先月5日からの1か 
月間、外部被ばく量を調べた。その結果、平均では月に120マイクロシーベル 
トで、最も高い子どもで450マイクロシーベルトだった。およそ7割の子ども 
が、国が目標とする年間1ミリシーベルトを超えて被ばくする計算になるが、市 
が依頼する4人のアドバイザーは、「子どもの健康に影響はない」と話している 
という。..........

← これについて、’フクシマ・デアリー ’(東京在住ブロガー、望月さんの英語 
ブログ)より関連コメントの抜粋訳:
http://fukushima-diary.com/2011/12/4-of-fukushima-babies-may-be-severely-intellectually-disabled/
「平均値は120だが、最高値は450μSv/月。線量計を提出しなかった人たちでも、 
何かの理由で、調査結果を受け取った(*)のだから、数値が操作されている見 
込みは高い。
450μSv/月(5.4mSv/年)は、胎児には深刻な被害を引き起こすことが知られている。
放射線影響研究所の調査によれば、積算量0,005Gyの放射線が重度の知能障害を 
4.4%増大させたという。
(450マイクロSv/月=約0.005グレイ/年)
ただし、この発表は外部被ばくについてだけなので、実際には内部被ばくも合わ 
せると、(フクシマでの胎児の重度知能障害の発生割合は)
4.4%よりもずっと多いだろう。
(*)http://fukushima-diary.com/2011/12/bullshit/”福島市積算放射能測 
定・子ども用ガラスバッジ、1カ月ごとに回収して結果が通知されるが、提出し 
ていない子どもに「0.2mSv」という結果が送られてきた”
  この深刻な調査結果の記事はこちらにも 
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/12/20111209t65014.htm
...............................
『「脱原発」訴え市民ら集会 大江さんら呼び掛け』 47NEWS(よんななニュース)
http://goo.gl/sLF49

『もんじゅ、来年度の試験運転見送りへ』 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://goo.gl/67RhI

東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/みどりの未来)さんから:
   いよいよ!ぜひご参加ください!
原発輸出に道を開く原子力協定の国会承認が強行されるなど、脱「脱原発」
の動きが強まっています。一方で現在、国内で稼働中の原発は8基(54基
中)と1ケタ台に突入しました。経産省・保安院、電力会社による再稼働
に向けた悪あがきを封じ込めて、遅くとも来春5月には原発ゼロ稼働を実
現しましょう。電力会社と経産省を包囲するデモと交流会&経産省・保安
院交渉にぜひご参加ください。
イスブックなど可能な方法で大至急拡散してください!
後の広報にぜひご協力をお願いします。転送、ブログ、ツイッター、フェ

★12月11日(日) 
◇午後1時:日比谷公園中幸門(日比谷図書館裏)に集合、集会開始
       ※千代田線・日比谷線「霞ヶ関駅」C1出口より200m
          丸の内線「霞ヶ関駅」B2出口より300m
          都営三田線「内幸町駅」A7出口より150m
<原発現地から>
地脇美和さん(子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク)
小笠原厚子さん(青森・大間原発訴訟の会/「あさこハウス」管理人)
鈴木卓馬さん(浜岡原発を考える静岡ネットワーク)

<脱原発運動の現場から>
青木一政さん(福島老朽原発を考える会)
なすびさん(福島原発事故緊急会議・被曝労働問題プロジェクト)
柳田真さん(たんぽぽ舎) ほか

<寸劇>
東電前アクション
◇午後2時:デモ出発 ※プラカード、鳴り物などの持ち寄り歓迎
[デモコース]
http://maps.google.co.jp/maps/ms?msid=200403007798813527707.0004b2c70295fe93dc1bf&msa=0
東電→九州電→四国電→北海道電→中国電→東北電→東電→
中部電→関西電→経産省をぐるっと一周してゴール!
・8つの電力会社と経産省に再稼働反対をアピールします。
※全長7.5キロのロングコースデモです。JR有楽町駅、東京駅、地下鉄
大手町駅などから途中合流や離脱もできますので、自由にご判断下さい。
◇こちらに短いコース例もあります → http://2011shinsai.info/node/1118

★翌日12日(月)
・午前9時~11時:全国交流会(再稼働阻止へ何ができるか)
  弁護士会館5階508号(霞ヶ関駅B1b、B1a出口)
  発言:原発現地から
     小川正治さん(プラント技術者の会) ほか

・午後1時30分~3時:経産省保安院との交渉&要請・院内集会
  衆議院第2議員会館 第2会議室(国会議事堂前、永田町駅)
  <保安院への質問書  http://2011shinsai.info/node/1335 >
  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
11月11日、冷たい雨がそぼ降る中、経産省・保安院は「9・11」に続いて
「再稼働反対」を掲げる「人間の鎖」によって完全に包囲されました。
( http://www.asahi.com/national/update/1111/TKY201111110538.html )

玄海原発4号機の強引な再稼働、ベトナムなどへの原発輸出の加速、「避
難させずに除染」キャンペーンなど、「原子力ムラ」による逆襲が続いて
います。また、大飯3号、伊方3号、大飯4号とストレステスト結果の報
告も相次ぎ、保安院による「審査」も始まっています。しかし、福島第一
原発事故の実態を反映しないアリバイテストは茶番に過ぎません。

来春の原発ゼロ稼働へのカウントダウンが始まっています。「人間の鎖」
の成功をはずみに、経産省・電力会社に、再稼働の断念と全原発停止、原
発輸出の中止と「自主」避難者への賠償など「避難の権利」の確立を強く
迫りましょう! 今度は、全国から電力会社と経産省を包囲する大きなデモ
を実現したいと思います。ぜひご参加ください。
【呼びかけ】 11・11-12・11再稼働反対!全国アクション実行委員会
[連絡先]ピープルズ・プラン研究所
 (TEL) 03-6424-5748    (FAX) 03-6424-5749
   (E-mail) contact at 2011shinsai.info
 【ウェブサイト】 http://nonukes.jp/
 【ツイッター】 @1111nonukes
  ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆11・11~12・11は「再稼働反対アクション月間@経産省前テント」
http://2011shinsai.info/node/1088
様々な企画が実行中!→ http://tentohiroba.tumblr.com/ (予定表あり)
皆さんのアクション企画も募集中です。
※連絡先:070-6473-1947  tentohiroba at gmail.com
    
◆ぜひ各地でも、再稼働反対の「11・11-12・11」アクションを!
【アクション登録はこちら】
→ http://nonukes.jp/admin/regist_action_form.html
年内の再稼働反対・脱原発の各地でのアクションを登録して下さい。
ウェブサイトの地図上に反映されます。

○●○●○●○○○●○●○●○
  ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
    Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
     午前10時から午後5時(土・日曜・休日は閉設)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
      場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば現場)の専用携帯番号 090-1324-8588 ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
    青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************









CML メーリングリストの案内