[CML 013598] Fw: 群馬大早川教授への訓告は学問の自由、言論の自由の重大な侵害である Peace Philosophy Centre

ohata ohata-yu at r5.dion.ne.jp
2011年 12月 9日 (金) 14:54:40 JST


大畑豊です。

昨日標記メールを転送しましたが、以下のような記事が今日載りました。
信頼している情報源の1つのPeace Philosophy Centreの記事であり、本文のに
は汚染地図も掲載されていたので、汚染地図等を公表してきた行為に対するもの
と誤認してしまいました。また他の信用しているサイトも当たりましたが同様の
内容でしたので特に疑問もはさまず認識が甘かったと反省してます。


【東京新聞】
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011120902000027.html
> 「福島の農家はオウム信者と同じ」 群馬大 発言の教授を処分

> 2011年12月9日 朝刊
>  
> 
>  短文投稿サイト「ツイッター」で不適切な発言をしたとして、群馬大学は「
> 放射能汚染地図」作製で知られる教育学部の早川由紀夫教授(火山学)を七日
> 付で訓告処分とした。早川教授は八日、前橋市内の同大で会見し「訓告は学問
> や言論の自由の根幹に関わる。大学の自殺だ」と訴えた。
> 
>  早川教授は、福島第一原発事故後に放射性物質で汚染された土壌の危険性を
> 伝える趣旨で、周辺の農家について「セシウムまみれの干し草を牛に与えて毒
> 牛をつくる行為も、セシウムまみれの水田で稲を育てて毒米をつくる行為も、
> サリンをつくったオウム信者がしたことと同じだ」などと投稿していた。
> 
>  会見では、放射性物質の拡散状況をまとめた汚染地図を四月に発表して以降
> 「ツイッターの読者を増やすために意識的に刺激的な発言をした」と認め、「
> 地図を広め、理解を浸透させたかった」と説明した。大学によると、投稿につ
> いて批判と賛同の両方の意見が学外から寄せられている。 
> 





CML メーリングリストの案内