[CML 013588] 【報告】第233日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2011年 12月 9日 (金) 07:54:57 JST


青柳行信です。12月9日。

【転送・転載大歓迎】

原発とめよう!九電本店前ひろば第233日目報告
呼びかけ人(4月20日座り込みから12月8日現在総数1941名)
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
       
《さよなら原発!福岡一万人集会》 
  ホームページ: http://www.goodbye-nukes.com

  <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>
 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★

* 昨日、8日 福岡県保健医協会と福岡県歯科保険医協会が九電に申し入れを 
行いました。

近藤嘉昭 さんから:
今は亡き恩師、九州大学の具島兼三郎先生が、生前、講演の中でよく「死の灰は 
国境を越える」と言っておられました。核兵器のことでしたが「原発」について 
も同じことが言えると思います。その意味では、先日の福岡の「さよなら原発集 
会」で韓国からも参加されていたのは、大変心強いことでした。死の灰は「県 
境」を越え「国境」を越え、山脈を越え、海峡を越え、地表と海面を突き抜けて 
海底や地球深部へも達します。核兵器も、原発も、地球の生命や自然と、共に天 
を頂くことは、出来ませんね。

T さんから:
青柳さま
今晩からぐっと冷え込むとのこと、屋外座り込みがお身体に障らないことを願っ 
ております。
美的観点ほか難ありかもしれませんが、下に段ボールを敷くとずいぶん違うそう 
ですm(__)m
なかなか再訪かなわない身で恐縮ですが、どうぞご無理なさいませんように。

大分の島田雅美 さんから:
青柳 様
 すっかりご無沙汰致しまして、ごめんなさい。
毎日メールありがとうございます。
私方も元気で、九電大分支社毎日要請・情宣行動を続けています。
12月10日で丁度 150日目になりますので、お知らせいたします。
今まで参加された方々には、ご案内をしています。

   と き : 12月10日(土)16:00 ~ 17:00
   ところ : 九電大分支社前
   内 容 : 150通目の眞鍋社長宛の要請書提出。
          各自がプラカードを持って支社前に立ち、
          通行人や車両に「原発いらない。今すぐ止めて」
          のアピールをする。
  呼びかけ人 : 島田雅美  TEL/FAX 097-534-6116

鍬野保雄 さんから:
青柳様 木村様
こんにちわ、いつもご苦労様です。
釜山の方(パン)牧師さんから。
ーーーーーーーーー
釜山(プサン)で会ったパン・ヨンシク牧師です。
釜山(プサン)で夕方に飲み屋で私が歌を歌いましたよ。
良い便りを送って下さってどうもありがとうございます。
釜山(プサン)で会った皆さんが真に尊い方々というものを分かりました。
これから韓国と日本の誤った歴史を正しく知らせることも重要だと見ます。
適当な機会に日本を訪問して共に良い親交を積むよう願います。 いつも平安です。
釜山(プサン)でパン・ヨンシク牧師差し上げる。2月1日。

吉田典子 さんから:
台湾在住の方から、配信メールに声が寄せられているので、日本に帰化した台湾 
人・金美齢の『凛とした日本人』を、読んでみました。
それで、今回の震災に台湾から官民あげて、どれほど手厚い支援が寄せられてい 
たのか、知りました。
5月上旬の時点で義援金160億円。
地震発生直後から、28名からなる救援隊の派遣。
総量約400トンの支援物資の提供…。
各国・地域中、最多の支援が、あの小さなサツマイモ型の国から、届けられてい 
たのです。
私は、小林よしのりの『台湾論』で、詳細な台湾史を知りました。
この内容を知らずしては、官民あげてのこれほどの好意が、奈辺から出ているの 
か、正確に知る事は難しかろうと、思います。
誠に、歴史には明も暗もあったのだと、今回の台湾からの支援を知って、つくづ 
く思うのです。
過去の歴史の明暗両方を検証してみようとする慎重さを欠いた人間には、互いを 
正確に理解し真の敬意や友情を育む事は、不可能だろうと。
蒋介石が乗り込んで来る前の台湾で、日台両国の先祖が作った関わりは、まだ途 
切れず続いているのです。
それが、今回の支援につながっている事を、双方の先祖に深く感謝したいと、思 
います。

清水満@グルントヴィ協会 さんから:
青柳さん、こんばんは。
仕事の関係で、しばらくテントに寄れなくなりますので、申し訳ありません。
うちの協会(http://www.asahi-net.or.jp/~pv8m-smz/index.html)に載せた原 
発関連情報No.3です。

1,早くから、正確な放射能拡散地図を出して、市民に多大の利益を与えていた 
群馬大の早川由起夫氏が、大学側から学長名で訓告を受けました。すでに前から 
口頭では文句をいわれていたそうですが。その問題にかんする早川氏のまとめの 
Togetterです。
http://togetter.com/li/224486
放射能拡散地図
tp://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-418.html

2,毎日新聞記事によれば、震災以後内容を変えた「放射線教育のための新しい 
副読本」は原子力村の一員「日本原子力文化振興財団」への委託事業で、事故後 
も契約を替えなかったそうです。
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20111208k0000e040185000c.html
文科省「放射線教育のための新しい副読本」
http://www.mext.go.jp/b_menu/shuppan/sonota/attach/1313004.htm
日本原子力文化振興財団は、学校教員などをPR館に招いて飲食の接待をしたり、 
生徒の原子力推進ポスターコンテストなどで知られる原子力ムラの古株で、官 
僚、電力会社幹部の天下り先です。
http://www.jaero.or.jp/
書き換えた「放射線教育のための新しい副読本」の教員研修会を各地で開いてお 
り、この副読本や講演者(編集主幹)への批判を林 衛氏(科学ジャーナリス 
ト、富山大教員)が市民科学研究室のサイトに書いています。
http://archives.shiminkagaku.org/archives/2011/12/post-282.html

3,市民科学研究室の活動はなかなかすばらしいものがあります。とくに原発に 
かんしては、「低線量被曝」研究会の実績は高く評価できます。
http://archives.shiminkagaku.org/archives/105/
出版物『原爆調査の歴史を問い直す』も読んでみる価値がありそうです。
http://blogs.shiminkagaku.org/shiminkagaku/2011/10/post-54.html

4,東京新聞が特報記事を書いていますが、残念ながらWebでは全部読めません。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2011120802000034.html
ちなみにここに出てくる日本原子力研究開発機構は群馬大学と提携しています。 
早川由起夫さんへの圧力はこれも背景にあるのではとささやかれています。
http://www.jaea.go.jp/02/press2009/p10030501/gaiyou.html

5,NEWSポストセブンのサイトに「“純福島製”ガイガーカウンター」の記事が掲 
載されています。「福島産の農産物を買って応援しよう」というバカげた動きよ 
りもよほど地域のためになります。
http://www.news-postseven.com/archives/20111204_73755.html
iPhoneにもつけられるそうなので、孫正義さんもソフトバンクで全国購入可能に 
すれば、もっとよいのでは、と思います。

ゆういち&マリエ さんから:
お疲れ様です。。
九州一周から帰ってきました。
九州は本当に素晴らしい所ですね♪
さて
広島山口の原発要らないチームのメーリスでは
11日の松山での活動への参加が呼び掛けられています。
福岡の一万人集会にも来てくれてましたね。。。
中国、四国、九州で幕末のように政府を倒しましょう♪
13'00堀之内公園集合
13'30出発
一旦解散後
16'00四電本部をヒューマンチェーンで囲いたいそうです。。
シフトエナジー応援します★

12/22冬至は上関の田ノ浦でキャンドルナイトとヲーク、ギャザリングがあるよ 
うです!
美しい上関と祝島を守りましょう★
祝島在住の木霊まこと君の発信です。
数年前にもやって祝島からもキャンドルが見えると電話があったり
ヲーク中にスナメリに出会えたり とても素晴らしい集まりでした。
しかし、、、
現在、本工事は一旦止まっていても、周辺工事がひどいらしいです。
高尾山もそれで押しきられました。。。 美しい海と未来を皆で守って行きたい 
ですね♪

どうもありがとう
愛してます
優しい食事は優しい未来を創る★ミートフリー☆野菜食べよう♪
Love Peace Eco Free

松元 さんから:
みなさまへ 
小出先生の「たね蒔きジャーナル」12月6日、7日分の転送です。あわせて、チェ 
ルノブイリに視察に行かれた福島大学の農政学者、小山良太先生のお話も加えさ 
せていただきました。

明治の粉ミルクのセシウム汚染の問題で、「日本の暫定基準は話にならない」と 
の発言。汚染検査の徹底が必要だが、「100万人以上の人が依然被ばく環境にい 
ることはさらに重大」との趣旨。

また、汚染水漏れの過小な発表にせよ、「海は希釈効果があるから健康被害はな 
い」という言い訳にせよ、事故原因を地震ではなく津波に限定するために配管損 
傷を隠そうとしていることも、「過小評価して隠し通そう」という姿勢の現れ。 
小出先生、失笑しています。

そして、農政学者小山良太先生のお話を聴くにつけ、「言い訳と誤魔化しばか 
り」の日本の政治の貧困に、空恐ろしい感じがしてきます。

=====小出先生、12月6日のお話=====

永岡です、毎日放送のたね蒔きジャーナル、今日も水野晶子さんの司会、毎日新 
聞ほっと兵庫編集長の平野幸夫さんの案内で放送されました。

 原発関係のニュース、食品の明治の粉ミルクから最大30.8ベクレル/kgのセシ 
ウムが検出され、40万缶を無償交換です。200ベクレルの暫定規制は下回ってい 
るものの、原発事故によるものと思われます。これを自主検査した購入者がセシ 
ウムを検出したのが最初で、3月21日の製造分の検査で検出されず(最も汚染さ 
れたもの)、大丈夫と明治がしていたものが汚染です。外部の空気での乾燥でセ 
シウムが付いた模様です。

 日本の原発輸出の原子力協定、可決であり、9日の本会議で可決、承認で、ヨ 
ルダン、ロシア、韓国他であり、菅前総理は見直しをしていたものの、野田総理 
は輸出です。

 そして、小出先生のお話、明治の粉ミルクのセシウム検出でリスナーより質問 
で、小出先生の第一印象、仕方がない、明治の説明では事故前に取れた牛乳で、 
混入過程が問題であり、乾燥時に外部の空気でやり、しかし、粉ミルクに細菌だ 
らけの空気で乾燥するのか疑問であり、もっと衛生管理に気を付けているはず 
で、どうしてセシウムが入ったか突き止めないといけないのです。母乳にもセシ 
ウムが出ており、赤ちゃんを持つ母親は大変で、母乳でなく粉ミルクにした人も 
いる、それで被曝する、何がどこまで汚れているか、しっかり測定して伝えない 
といけないのです。

 30.8ベクレル/kgのセシウムで、暫定規制値は200であり、リスナーより、30 
ベクレル、赤ちゃんは大丈夫かとあり、被曝に大丈夫、安全もない、30ベクレル 
も、200ベクレルもそれなりに危険で、子供には汚染のないものを与えないとい 
けない、少なくしてほしい。30ベクレルが途方もない危険でもなく、赤ちゃんの 
飲むミルクの量は少なく、薄めるので、1年間飲んでも30ベクレルの10~20倍、 
1~10マイクロシーベルトで、内部被曝で評価に幅があるものの、大地が汚れ、1 
ミリシーベルトを超える人が多く、これのみに目を奪われるのはいけないのです。

 リスナーより、お湯で薄めるから大丈夫とテレビで言っていたのですが、セシ 
ウムゼロの食べ物はない、事故前のものは低いが、厳密に言うと過去の核実験、 
チェルノブイリの影響はあり、完璧にゼロではないのです。

 平野さんより、文科省、給食で40ベクレルとしており、これで大丈夫かについ 
て、「仕方ない」、大丈夫なことはない、どこまで子供に被曝を押し付けるか、 
限りなくゼロに近づけたいが、汚染の少ないものを与えたい、汚染検査は持って 
いる測定器の数、時間があり、全国の給食を測るには精度の悪いものしか使えな 
い、40ベクレルを検出できるのが精いっぱいで、測定器で測り、検出できないも 
のを給食に回すが、もっと低くしないといけない、給食は測定をちゃんとしてほ 
しいのです。

 子供、赤ちゃんのミルク、チェルノブイリでは、ベラルーシで子供に低い汚染 
のものを与え、2~3ベクレル/kgのものを与えている、「日本の暫定基準は話に 
ならない」、飲料水も200ベクレル、ベラルーシはその1/20、一刻も早く基準値 
を厳しくすべきと水野さんはいい、小出先生もやらないといけない、それより前 
に、日本では1ミリ/年の被曝をさせてはいけないのに、そこに100万人以上生活 
しており、これを何とかしないといけないのです。

 今日は、食品の被曝について、お知らせいたしました。

=====小出先生、12月7日のお話=====

 永岡です、毎日放送の「たね蒔きジャーナル」、今日も水野晶子さんの司会、 
毎日新聞専門編集委員の近藤勝重さんの案内で放送されました。来週はこの番 
組、特集ウィークを予定しているそうで、いろいろな方と交渉中、鈴木宗男さん 
も出られるそうで、楽しみにしています。

 原発のニュース、美浜原発でトラブルで、11月9日に冷却水が漏れて、処理設 
備に流れて運転を続けたものの、漏れが増えて関電は運転停止であり、美浜2号 
機(加圧水型)の弁は圧力を一定にするもので、定期検査より10日早く止められ 
ました。福井の11基あり、間もなく全部停止です。

 そして、小出先生のお話、美浜のトラブルについて、小出先生も今聞いたばか 
りで、パッキンの破損があり、1か月前になぜ報道しなかったのか、通常はバル 
ブは漏れないものであり、それが増えて廃液処理できなくなった、もっと早く言 
わなかったか(近藤さん、時期が悪かったと突っ込み)のです。事故の初期で情 
報を出すのが原則なのに、福井県は何と言っているのか、なのです。しかし、福 
井県は聞いていた模様であり、福井県が発表すべきなのです。

 汚染水(福島)の漏れ、処理施設から漏れて、150リットル海に流出し、今ま 
で何トンと言う単位であり、リットルで、ドラム缶1本弱なのですが、放射能の 
総量は260億ベクレルであり、かなりの量であり、「高濃度に汚染された水が漏 
れたわけで」、1リットルで4.5億ベクレル、通常の300万!倍であり、事故がな 
くても排水に放射能が出る、その300万倍で、東電は海水で薄められて、健康被 
害はないと言っており、小出先生失笑されて、ものを言いたくなくなる、放射能 
は海に流してはいけない、地下からもっと漏れていると言っており、今回は見え 
たところから漏れたから騒いでいるので、漏れても分からないところから漏れ 
て、150リットルのみの話ではない、海は希釈効果はあるものの、それでも底に 
いる生物には影響があるのです。

 海の魚、食べて食べられて、コウナゴという小さいものが汚れ、だんだん大き 
な魚の汚染になるのです。

 福島事故の原因、東電は津波と言い、小出先生は地震の影響もあったと言われ 
て、地震で損傷していたら、原発政策の意味が変わる、地震で配管が壊れた可能 
性、保安院が東電社員の聞き取りで、初期対応時に、ベント時に、蒸気を逃がす 
配管が地震で壊れて操作が難しくなったという事項があり、「もちろん大き 
い」、全所停電(ブラックアウト)で事故になったものの、津波の前に地震で壊 
れて、津波が決定的と思うものの、地震による損傷もあり、原発の地震による損 
傷を考えたくない国、電力会社が隠している模様なのです。この証言は、どう検 
証されるか、ベントで、ボンベとつなぐ配管が壊れて、しかし、それでも水素爆 
発は防げなかった、ベントが水素爆発の引き金の可能性もあり、ベントなしでも 
水素は漏れて、防げなかったのです。ベントが事故をどうしたかは判断が難し 
い、しかし、やりたい操作ができなかったことは検証しないといけないのです。 
東電はこの配管の耐震性を低くしていた模様で、配管の耐震性は場所により違 
い、重要でないものは耐震を低くする=金のため、ベントバルブは使う気もな 
く、ポーズで付けたもので、耐震性はないのです。

 今日は耐震性で重要なお話がありました、これを、お伝えいたしました。


=====福島大学小山良太先生、12月7日のお話=====

 永岡です、たね蒔きジャーナル、続いて、チェルノブイリのベラルーシとウク 
ライナを視察された福島大学の小山さん(農業経営が専門)の電話出演がありま 
した。小山さん、10/31~11/7にロシアへ行かれました。

 農政学者の見たチェルノブイリの現実で、福島で農業経営を研究され、地元の 
農家の声は、3月12日より原子力災害で、農地の汚染マップ、検査も穴だらけ、 
何とか復興に向けて頑張っているものの、厳しいデータが出て、しっかりとした 
汚染マップを作り、作付出来るところと、ダメなところをはっきりさせないとい 
けないのです。今後の目途が立てば選択もあるが、除染以外の方向性がないのです。

 小山さん、30人でチェルノブイリに行かれて、事故から25年、具体的に25年で 
どこまで復興できるか、食品は、文献だけでなく調べられました。除染をウクラ 
イナもベラルーシもしておらず、農地、森林はしていない、放射能汚染が高く、 
プルトニウム、ストロンチウム汚染は78万ヘクタール(日本の農地の17%)が立 
ち入り禁止で、汚染は日本と違うものの、難しいところは確定して除染せず、農 
産物に吸収しない農業をしています。農地は国有地で、私有財産がなく、賠償の 
問題がロシアではないのです。除染はコストがかかる、面積も広く、汚染の高い 
のは国立公園で、低いところは工夫して農産物を作っているのです。

 作物もなにをやるか、国が農家に情報を出しています。除染の有効性は、農地 
は除染したら、表土が薄く使えない、除染したらただの大地で、除染して金を 
使っても食べられる農作物が作れず、あきらめている、汚染マップを国が作り、 
ゾーンニングを国を作り、居住できないところ、農業の出来ないところ、パス 
ポートで、4年ごとに何を作っていいか、調べているのです。

 福島で、導入したいシステムは、何を作付していいか、同じ水田でも500ベク 
レルの隣で10ベクレルもある、出来たものの検査だけでなく、作る前の検査が必 
要なのです。今は同心円でやっていますが、この畑、となりと、小さい単位で考 
えないといけない(地質、水の入り方、山の状況で米に入り方が違う)のです。 
5000ベクレルの土地で20しか入らないところ、その逆もあり、細かく作ると、金 
が要るが、そうしないと農地は生き返らないのです。代表的なゾーンニングも必 
要で、田んぼ1つずつ空間線量を測り、山に囲まれると線量が高い、砂地も入り 
やすい、そういう重点的な検査が必要なのです。

 ベラルーシでは農地1枚ずつの汚染マップを作り、汚染が激しいとウォッカ専 
門(加工でセシウムが減る)、バイオディーゼル(口に入らない)にする、測っ 
て、何を作付するかで、今は自由に作らせて、出来てから測ると漏れるものがあ 
るのです。

 今の日本は農産物で出来てから測ると、全部汚染されていると思われる、山に 
近い、棚田の田んぼは汚染され、農地1枚ずつ測らないといけないのです。それ 
を福島県、東電も方針を変える動きはなく、国が分析センターを作らないといけ 
ない(ベラルーシはそれをやっている)のです。住民もウクライナ、ベラルーシ 
で被曝を測っているのです。放射能教育もあるのです。

 近藤さん、除染せずでも、やっていることは細かいと言われ、これでロシアで 
は基準値を超える農産物は出なくなり、何重もの体制で、日本は出荷の時のみだ 
が、今後も続くので、農地の汚染マップは必要なのです。

 小山さんのお話、農水省は視察には来ているものの、理解しているのに、実施 
していない、米が作れないなら他の品目もある、土壌の汚染を農家は知りたいの 
です。

 一般の住宅の除染は、一部やっているものの、住宅は壊してそこに埋めるのが 
ロシアで、日本では高圧洗浄で、これで流されると放射能がどこかへ行く、その 
ため穴に埋めて、その上に建てる、ウクライナ、ベラルーシは社会主義国で、国 
が建てなおしている、あるいは別のアパートに引っ越ししているのです。日本と 
違うのです。

 農産物、風評被害があり、消費するのはいやと言うと福島の人に悪いが、怖い 
ものは怖い、生産者と消費者にいい関係がないと水野さんが言い、消費者が加害 
者と言うのがおかしいと小山さん言われて、風評被害と言うと、消費者と農家の 
対立に矮小化され、両方被害者で、安全検査に不備があり、それを変えないとい 
けないのです。作物が出来てからでは遅いのです。

 今年は3月の事故、4月の作付けで時間がなかった、来年は国が汚染マップを作 
らないといけない、ウクライナとベラルーシは25年たってもやっている、今やっ 
た方が、後のためなのです。

 福島の農業専門家の方の、貴重なお話を聞けました、これを、お伝えいたしま 
した。

原発関連記事Web版:
『原発:海外展開に弾み…4カ国と原子力協定、1月にも発効』 毎日jp(毎日新聞)
http://goo.gl/IUuM5

『英高速増殖炉:解体完了に半世紀 費用は3500億円にも』 毎日jp(毎日新聞)
http://goo.gl/wBlDZ

『累積放射線量:郡山市 小中学生の第1回測定結果を公表』 毎日jp(毎日新聞)
http://goo.gl/P881e

『放射線教育:文科省、電力系財団に副読本委託』 毎日jp(毎日新聞)
http://goo.gl/hlOjA

『汚染処理水の放出、当面見合わせ 東電、漁業団体に配慮』 asahi.com(朝日新聞)
http://goo.gl/T1hJq

『外部被曝、最高37ミリシーベルト 福島住民調査で推計』 asahi.com(朝日新聞)
http://goo.gl/Xe4AX

『東電、料金10%値上げ検討 13年春から原発再稼働も』 47NEWS(よんなな 
ニュース)
http://goo.gl/K2SeD

○●○●○●○○○●○●○●○
  ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
    Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
     午前10時から午後5時(土・日曜・休日は閉設)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
      場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば現場)の専用携帯番号 090-1324-8588 ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
    青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************







CML メーリングリストの案内