[CML 013525] イスラエルのパレスチナ占領を伝えず、問題の当事者の一方のみを語らせるNHK。公正だろうか。

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2011年 12月 6日 (火) 19:23:09 JST


転送・転載歓迎


京都の菊池です。

NHKクローズアップ現代が
昨日の
2011年12月 5日(月)放送
(NO.3129)
激動 中東はどこへ(1) エジプト 岐路に立つ大国

http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail.cgi?content_id=3129

の放送
に続いて

今日は

2011年12月 6日(火)放送
激動 中東はどこへ(2) 孤立深めるイスラエル
(NO.3130)

がまもなく放送予定です。

番組ホームページの
番組内容を見てみると
http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/yotei/index.cgi


シリーズ第2夜は、
近隣諸国で地殻変動が起きる中、
安全保障上の重大な危機に直面しているイスラエルに焦点を当てる。
平和条約を結ぶ隣国エジプトでは、イスラエルに対して敵対してきたムスリム同胞団系の政党が躍進する勢いを見せ、
パレスチナ側も国連で事実上の国家承認を求めるなど、
対イスラエル圧力が急速に高まっている。
一方、イスラエル国民の中には、かつてあった和平への機運・関心がしだいに薄れていっているのが現状だ。
長年、パレスチナとの和平を推進し、ノーベル平和賞も受賞したペレス大統領に国谷キャスターがロングインタビュー。
中東和平の行方を探る。・・・

とのこと。


NHKは国際情勢に疎いのでしょうか思ってしまいました。

少なくとも1967年以来のイスラエルによる
パレスチナのガザ地区、ヨルダン川西岸の
占領
これを
国際社会も違法な占領と認定し、
イスラエルに対し、改めることを求め続けているのに
イスラエルはそれを無視し、いまだに続けているのですから、


孤立深めるイスラエル

安全保障上の重大な危機に直面しているイスラエル

対イスラエル圧力が急速に高まっている。

ということが起こるのは必然ではと思ってしまいます。


イスラエルによるパレスチナ占領について語らず、

イスラエルの孤立、イスラエルへの圧力、安全保障上の危機を
語るNHKは、

イスラエルによるパレスチナ占領という国際状況を知らないのか

知っていても語れないの事情があるのか

どちらなのでしょうか。
NHKには
イスラエルのパレスチナ占領を語れない事情があるのかもしれないですが、語らない自由あるというかもしれないですが
それならば、

イスラエルの孤立、イスラエルへの圧力、安全保障上の危機を

だけ(イスラエルのパレスチナ占領を語らず)を語る、しかも放送するのは
公正ではないのではと思います。


また
イスラエル、パレスチナ問題において
当事者の一方だけに自由に話してもらい、放送するやり方は
問題はないのでしょうか。
後日、パレスチナ側にも存分に話してもらう番組も放送する予定なのでしょうか。

番組内容を読んで、
そんな思いがわきました。

まもなく放送が始まります。

たまたま、番組ホームページの番組内容には書かなかったが、
放送の中では
きちんとイスラエルによるパレスチナ占領を伝えるでしょうか。


菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)



CML メーリングリストの案内