[CML 013513] 【緊急署名】「福島県知事さん:自主避難者をこれ以上苦しめないでください!」の呼びかけ(転載)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2011年 12月 6日 (火) 02:46:41 JST


                                        紅林進です。
   
  一部新聞で報じられているように、福島県は、放射能被曝を避けるため、
  福島県から他の都道府県に避難している人々が利用している「民間賃貸
  住宅借り上げ制度」の新規受け入れを停止するよう、他の都道府県に
  要請したのことです。行政からの支援も受けられず、慣れない土地で、
  住居や職を探さねばならない自主避難者に対して、福島県は本来は、
  率先して支援すべき責任があるにもかかわらず、それをしないばかりか、
  他の都道府県がわずかな支援をすることさえ妨害しようとしています。
  このような非人道的なことは許されないことだと思います。
   
  国際環境NGO FoE Japanや福島老朽原発を考える会(フクロウの会)が
  下記の声明を出すとともに、福島県知事宛の署名を呼びかけています。
   
  -----------------------------------------------------------
> 【緊急声明】
> 福島県知事さん:自主避難者をこれ以上苦しめないでください!
> 借り上げ住宅の新規募集の停止要請に抗議します!
> http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-f50b.html
> -----------------------------------------------------------

   
  署名はこちらから>http://goo.gl/fSOf1
   
  また、賛同団体も募集しています。
賛同団体はこちらから>http://goo.gl/9jk3T



  以下、「脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会」(eシフト)のメーリング
  リストより転載させていただきます。
   
   (以下転載、拡散大歓迎) 
   
  みなさま(拡散希望)
>
> FoE Japanの満田です。下記の報道については、すでに多くの方が目にされ、
  怒りを感じられていることと思います。
> 東日本大震災:借り上げ住宅 福島県が新規募集の停止要請
> http://mainichi.jp/select/wadai/news/20111202k0000e040173000c.html
> 毎日新聞:2011年12月2日 15時00分
>
> 同じ内容の報道が福島県の地元紙でも掲載されたそうです。
>
> 借り上げ住宅は、多くの避難者の方々が利用しています。福島県としては、
  県民の流出を抑えるために、打ち切り要請をしたのでしょう。しかし、福島県が
  本来なすべきは、自主避難者の支援を他の都道府県と協力しあってすすめる
  ことであり、支援の打ち切りを要請することではありません。
>
> 急遽下記のような緊急声明を出そうとしています(今日の夜に知事宛に送付予定)。
  eシフトの参加団体のみなさまもぜひ連名してください。
>
> -----------------------------------------------------------
> 【緊急声明】
> 福島県知事さん:自主避難者をこれ以上苦しめないでください!
> 借り上げ住宅の新規募集の停止要請に抗議します!
> http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-f50b.html
> -----------------------------------------------------------
>
> 「民間賃貸住宅借り上げ制度」を利用して多くの県民が他県に自主避難して
  いる福島県が、全国の都道府県に対し、今月末で同制度の新規受け入れを
  打ち切るよう要請していることが報道されています。
>
> 本来ならば、「自主」避難者の支援を他県に依頼すべき福島県が、このような
  要請を出していることについて、私たちは強く抗議するとともに、撤回を求めます。
>
> 「自主」避難は、やむにやまれぬ避難です。原発事故以降、現在に至るまで、
  避難区域外でも、福島市、二本松市、郡山市などにおいて空間線量が高い
  状況が続いており、土壌汚染の広がりも報告されています。このような状況で、
  子どもや家族を守るために、少しでも被ばく量を減らすために避難を決意した
  人たちがいます。一方で、経済的な理由、仕事上の理由などからなかなか避難
  できなかったものの、年度の変わり目で避難を行おうとしている人たちもいます。
  賃貸住宅の借り上げ制度は、避難者を経済的に助けるものとして、活用されて
  きていますが、今回の福島県の他県に対する要請は、これらの人達の避難に
  門戸をとざすものといえるでしょう。
>
> 私たちは福島県に対して、以下を求めます。
>
> ・「民間賃貸住宅借り上げ制度」に関して、他の都道府県に対して新規受け
  入れを打ち切る要請を撤回すること
> ・他の都道府県と協力して、自主避難者への行政サポート(住宅・仕事の
  あっせん等)を積極的に行っていくこと
>
> 以上
>
> (呼びかけ)
> 国際環境NGO FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)
> 福島老朽原発を考える会(フクロウの会)
>
> ※問い合わせ先
> 国際環境NGO FoE Japan 満田夏花(みつた・かんな)090-6142-1807
> 福島老朽原発を考える会(フクロウの会) 阪上武 携帯:090-8116-7155
> -----------------------------------------------------
>
  
みなさま

昨日、福島県の「借り上げ住宅の新規募集の停止要請」に対する抗議および
  撤回要請を福島県知事宛に送付させていただきました。
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-f50b.html
http://dl.dropbox.com/u/23151586/111204_fukushima_karige.pdf

本件に関しては、署名を集め、あらためて福島県知事に送付したいと考えて
  います。
ぜひ、みなさまの署名をお願いいたします。
また、賛同団体も引き続き募集しますので、よろしくお願いいたします。

署名はこちらから>http://goo.gl/fSOf1
賛同団体はこちらから>http://goo.gl/9jk3T

現在、成り行き上、FoE・フクロウが呼びかけていますが、本件は福島の
  団体が中心になってやったほうが効果があるのではないかと思いますので、
  子ども福島も呼びかけ団体に入っていただけますとありがたいです。

また、みなさまからも個別に抗議の声を福島県に対して伝達してください。
私が抗議文を送ったのは下記です。

知事直轄広報課
〒960-8670 福島県福島市杉妻町2-16
電話:024-521-7012
FAX:024-521-7901
kouho at pref.fukushima.jp

以上、よろしくお願いいたします。

満田夏花/FoE Japan

















 


CML メーリングリストの案内