[CML 013503] 12月8日、変革のアソシエ「育鵬社教科書は韓国併合・大逆事件をどう描くか?」のご案内

masuda miyako masuda_miyako1 at hotmail.com
2011年 12月 5日 (月) 14:56:25 JST


皆様
 こんにちは。犯罪都教委&1.5悪都議と断固、闘う増田です。これはBCCでお知らせしています。重複、長文、ご容赦を。
 
 12月8日は、太平洋戦争開戦日です。奇しくも(笑)その日に、『変革のアソシエ』第7回講座で「韓国併合と大逆事件」を考えます。
扶桑社の歴史偽造教科書の後継である育鵬社歴史偽造教科書は、来春から「約4万4500人の中学生に押し付けられるという事態になっています。この育鵬社の歴史教科書には、この二つの日本史上のエポックが、どのように描かれているか、あるいは、描かれていないか、その歴史の偽造と真実の近現代史を考えていきます。

 

○日時 12月8日(木)19:00〜21:00
○場所   東京中野・協働センター・アソシエ  
   中野区中野2−23−1 ニューグリ−ンビル309号  中野駅南改札口1分     
               電話    03−5342−1395 
 
○テーマ 「韓国併合と大逆事件」
○内容
 育鵬社歴史教科書は『韓国併合』の前に、扶桑社教科書と同じく・・・ウヨクさんたちの決まり文句ですが・・・「同じ有色民族が、世界最大の陸軍国・ロシアを打ち破ったという事実は、列強の圧迫や、植民地支配の苦しみにあえでいたアジア・アフリカの民族に独立への希望をあたえました。インド独立運動の父ネルーや、中国革命の指導者孫文は、日本の勝利がアジア諸国に与えた感動を語っています。」と書いています。

 

 しかし、ネルーは「日本の勝利がアジア諸国に与えた感動を語っ」た1932年12月29日の翌日の12月30日には「日本のロシアにたいする勝利がどれほどアジアの諸国民をよろこばせ、こおどりさせたかということをわれわれは見た。ところが、その直後の成果は、少数の侵略的帝国主義諸国のグループに、もう一国をつけ加えたというにすぎなかった。その苦い結果を、まず最初になめたのは、朝鮮であった。日本の勃興は、朝鮮の没落を意味した」と「語っています」ことは全く紹介しません。

 

 もちろん、孫文についてもまたしかり、です。孫文の「今後日本が世界文化の前途に対し、西洋覇道の鷹犬となるか、或は東洋王道の干城となるか、それは日本国民の詳密な考慮と慎重な採択にかかるものであります。」という言葉は全く紹介せず、孫文の期待、アジアの人々の期待に反して「西洋覇道の鷹犬となる」「採択」をしてしまったことも記述しません。
つまり、育鵬社教科書は扶桑社教科書同様、大日本帝国による侵略の「苦い結果」を中学生に教え、考えさせないために、都合の良い一面だけを「採択」して、教科書に載せているのです。

 

 ところで、文部科学省「中学校学習指導要領」の「第2節 社会 第1 目標」は以下のようになっています。
「広い視野に立って,社会に対する関心を高め,諸資料に基づいて多面的・多角的に考察し,我が国の国土と歴史に対する理解と愛情を深め,公民としての基礎的教養を培い,国際社会に生きる民主的,平和的な国家・社会の形成者として必要な公民的資質の基礎を養う。」

 

 上記のように、「我が国」に都合の良いところだけを取り上げる教科書は、社会科学習の目標の第一に出てくる「多面的・多角的に考察」に反し、まさしく「一面的・単角的」にしか「考察」できないものであるにもかかわらず、どうして「学習指導要領に適合した教科書」と言えるのでしょうか? 文部科学省の検定は「学習指導要領」が「基準」のはずなんですけど・・・
 
 「韓国併合」についても、この教科書は「1909(明治42)年伊藤博文が満州で韓国人の安重根に暗殺される事件が起こりました。1910(明治43)年、政府は韓国併合に踏み切り」と、まるで、安重根が伊藤を暗殺したので「韓国併合」という結果ができたかのように記述します。本当にそうでしょうか?

 

 また、大逆事件にいたっては、『財閥の成長と労働者』という項目の「社会主義思想も広がりました」という記述の脚注に「1910(明治43)年には、天皇暗殺を計画したとして幸徳秋水らが逮捕され、翌年、裁判で12人が死刑になった」とあるだけです。これでは中学生は「社会主義思想」というのは「天皇暗殺計画」をして死刑になるような「思想」なのだ、と思ってしまうでしょう。なにしろ、「日露戦争」学習において、幸徳たちの反戦の主張は全く記述しない、実に学習指導要領に不忠実な「一面的・単角的」な教科書なんですから・・・

 

 増田センセは、文部科学省学習指導要領に忠実に(笑)、「多面的・多角的に考察」できる「諸資料」(※)を用意しております! 御都合のつく方は、どうぞ、ご参加を!
※文部科学省学習指導要領「社会」の「内容の取扱い」においては、しつっこく「深入りすることは避ける」と書いてあります(笑)。

  		 	   		  


CML メーリングリストの案内