[CML 013498] 【報告】第229日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2011年 12月 5日 (月) 07:35:09 JST


青柳行信です。12月5日。

【転送・転載大歓迎】
原発とめよう!九電本店前ひろば第229日目報告
呼びかけ人(4月20日座り込みから124日現在総数1936名)
http://www.nanjinggenpatsu.com/hangenpatsu.html 
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

《さよなら原発!福岡一万人集会》 
  ホームページ: http://www.goodbye-nukes.com

  <ひろぱ・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>
 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★

横田つとむ さんから:
青柳様
昨日は 漫画展を見に行ってきました。

あんくるトム工房
漫画展 「中国からの引き揚げ」    
http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1612
汚染水 海に流出か?         
http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1613

   原発事故の収束も 多難なようです。

鍬野保雄 さんから:
青柳様
ご苦労様です。
昨日Tシャツ届きました。ありがとうございました。
また昨日は宇野さえこさんの講演を聴き、福島の叫びを聞くことができました。
福島から避難できない状態に囲い込まれた人々のヒバク問題を知ることが出来ま 
した。
それは福島県の人々だけでなく、再び原発事故が起きればどこにでも起きる悲劇 
です。

九電の原発が全部止まっても電気は足りるという状況で冬を越せば、
人類と共存できない原発と本当にオサラバしようと来年3月に韓国と連動して2 
万人集会をしますか?
1万5千人集まったのは次への大きな前進でしたから。
ではまた。

台湾在住 ひろばM さんから:
<前回からつづき>
  またか、と思いました。お金は必要でなくとも、古くからある聖典の教えです 
べての問題を説明しようとするところ、危機感を煽りながらいろいろと偏った考 
え方を注入するところ、なかでもとくに障がい者の障がいの原因を過去の何らか 
の罪に帰するところなど、以前見たカルトの手口とよく似ています。
大陸への不信感はありながらも社会主義を敵視していない点を考えると、これは 
新しいかたちの中華思想なのかもしれません。
儀式も受けなければならないといわれているのであまり気は進みませんが、あ 
さってはその「明師」と呼ばれる人に会いにいくことにしました。

こちら基隆(キールンまたは、ゲーラン)での生活にはだいぶ慣れてきました 
が、来年ワーキングホリデーで改めて来ても一年間この部屋に住めるほどの自信 
はなくなってきました。住まいは換気扇のないトイレとシャワーが一体になって 
おり、だんだんと浄化槽からトイレ独特のにおいが漂うようになってきていま 
す。あいにくシャワーのお湯もガスでわかすため台所とも隣り合わせになってい 
るため、トイレのにおいは台所まで来ます。今はいいとして、夏は心配です。
そして、こちらもまだ本格的な冬にはなっていませんが、一番寒いときでは七・ 
八度Cくらいにまで下がるそうです。今のところストーブはなく、もともとこの 
部屋自体が倉庫を改造したようなものであるため壁の一部は開かずのシャッター 
で、このシャッターの上には火災のときに備えてか穴が開いています。そして朝 
夕にとくに多いバイクの排気ガスが入ってくるため、どうしても悪臭から逃れよ 
うがないという環境です。(おわり)

樋口充喜 さん:
青柳様
本日はありがとうございました。
九電前での座り込みに原発いらないのエネルギーが集中し、今回の福岡での状況 
を作り上げ、
歴史に一筆をいれた事が大きな次の力を生み出す事を確信しています。
私自身、佐賀でのプルサーマル導入時には現地の行動で、元々暮らしていた周辺 
の農業従事者との立ち話の中で、なんの恩恵も感じないと、当時しみじみ言われ 
ていた言葉が忘れられません。
原発ができた。関係者と自治が期待した。しかし、福島で事故が起きた。(福島 
だけではありませんが!)今、目に見えない恐怖と差別に苦しむ住民の苦悩、経済 
的にも困窮をもたらした。事実。
文字を追えば追うほど、怒りがこみ上げます。放射性部質を垂れ流しているのは 
原発、デタラメな情報を垂れ流しているマスコミ、犠牲となった何も知らない 
人々でした。
普天間とて同じ事でした。
これ以上、未来を背負う国民に汚点だけは貯金したくないものです。そういう意 
味で今後もご教授いただき、私たち後輩に正しい道を照らしながらご指導よろし 
くお願いいたします。
筑後地区労連副議長 樋口充喜 Mitsuyoshi-Higuchi
出身単組:国土交通労組九州建設支部 (元全建労)副委員長を仰せつかっており 
ます。
今後もよろしくお願いいたします。以上

清水@グルントヴィ協会 さんから:
青柳さん、こんにちは。
ネット情報があれば流してくれとの依頼に応え、当協会のHPに挙げたものをいく 
つかお知らせします。

1,佐賀の武雄市長(樋渡啓祐)は、古川知事と同じ官僚からの転身です。
プロフィール(http://www.city.takeo.lg.jp/000271.html)
だから、同じ仲間の古川知事を擁護しています。
http://hiwa1118.exblog.jp/14780710/
ここで、「僕は脱原発」とはっきり書いていますので、武雄市民、あるいは佐賀 
県民は、「脱原発ならいっしょにやりましょう」という方面で働きかけるといい 
かも。一号機の脆性問題など、振ってみましょう。
彼は日本フェイスブック学会会長とかで、ネットが大好きのようです。
http://www.facebook.com/pages/樋渡啓祐武雄市長/134745773251120
また、武雄市の市政アドバイザーが、あの悪名高い中川恵一氏(東大病院)です 
ので、がれきについては彼に相談したのかもしれません。
http://merx.me/archives/14468

2,すでに出回っているとは思いますが、児玉龍彦氏の南相馬市での講演会の動 
画(IWJ)です。
http://www.ustream.tv/recorded/18899927
政府の委員会の中の委員が妨害をすることに怒っています。除染批判を考慮した 
発言もしています。
現地の市民派市議大山こういち氏などがすでに批判をしていました。
http://mak55.exblog.jp/14808297/

3,その大山こういち氏はアメリカ政府が公表した事故当初のモニタリングデー 
タで、日本政府が公表していないアルファ線検出を問題視しています。拡散希望 
していますので、このURLはあちこちに出回っていると思います。
http://mak55.exblog.jp/15044926/
http://mak55.exblog.jp/15051462/
http://mak55.exblog.jp/15050734/(ストロンチウム)

4,これも出回っているドイツ放射線防護協会の会長メッセージです。
http://d.hatena.ne.jp/eisberg/20111130/1322642242

5,おしどりのマコさんの連載記事32回目「第116回放射線審議会、ほっといて 
も2年後に40%下がるのに除染するの?の件」です。文科省・伊藤審議官の反 
応が興味深いです。
http://www.magazine9.jp/oshidori/111201/index3.php

井上玲 さんから:
九州のみなさま
30年前に計画された福岡・佐賀県境の巨大ダム五カ山ダム。
1Wも発電せず、広大で豊かな土地が
放射能で土地を奪われた福島県民に与えられず、
利権集団の金儲けのため、ダムの底に沈もうとしている。

土地買収と道路再建築などで使われた500億円。
あとの500億円を復興支援、放射能防御に使えないのか?
  神は人を許すのでしょうか?700歳の杉の十字架を見てください。まだ間に 
合う。
 
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.2468237017820.2119102.1009157262&type=3#!/media/set/?set=a.2468237017820.2119102.1009157262&type=3
  井上玲 http://inouerei.exblog.jp/

松元 さんから:
みなさまへ  
さいたまの石垣敏夫さんから「市民が求め創るマニフェストの会」の抗議声明が 
送られてきましたので、紹介いたします。
====以下転送=====
2011.12.4
「放射能落下物は土地所有者の物」とは

■東電と国は加害責任を果たせ   市民が求め創るマニフェストの会

●過ちを認めていないから繰り返す
「東京電力福島第一原発から飛散し、落下した放射性物質(セシウム137など) 
は東京電力の物ではなく、土地所有者の物である」(東京地裁:サンフィールド 
二本松ゴルフ倶楽部、8月仮処分申請に対する東電見解)。
どうしてこのような重大な事実が遅れて報道されるのでしょうか。(10月31日判 
決:11.24朝日)

東電は自ら造りだした「安全神話」の下に操業を続け大事故を起こし、現在から 
次世代への健康被害、住民150万人を超える生活破壊を産みだし、それでもなお 
かつ、社会的・経済的責任とその謝罪の意思を示そうとせず、小学生にも劣る弁 
明を行い、賠償責任から逃れようとしています。

●責任を取らない東電は解散させ、国有化を検討すること
このような反社会的弁明を裁判所という公的機関において表明して恥じない東電 
の経営陣であればこそ、福島第一原発の人災、その後の水素爆発による放射性物 
質の拡散を防ぎ得なかった、といえます。

それゆえ「東京電力株式会社」を政府は破たん処理とし過去の長銀のように一時 
的な国有化により、被害回復・賠償処理の後、適正な経営母体に譲渡できるよ 
う、スキーム(枠組みと計画)の発動をすべきです。

●東京地裁は加害者を擁護してはならない
「東電に対する除染請求の権利は認めるも、除染作業の実施は国、または自治 
体」として請求を退けた。

(10.31福島政幸裁判長)東京地裁のこの決定は「東電に一義的責任」とした先 
の政府見解に反するものであり、政府・民主党はこれを放置すべきではありませ 
ん。直ちに原告と協働し、控訴に参加できるよう検討すべきです。
除染は移染とも除染幻想ともいわれ、除染費用を東電が負担せず、私たちの税金 
のみで行うのは不当です。
また各地にある放射能汚泥は原発所有者である東電が自分の土地に加害者責務と 
して引き取るべきです。

●原発の継続は犯罪の継続
 周知の通り、原発を稼働するたびに放射能が含まれている危険な毒糞=使用済 
み燃料が産み出されます。
この毒糞の保管と安全が保障されない限り、世界のどこの国でも原発を稼働して 
はなりません。
この毒糞は生物の排泄物が腐食して土に還る、というようなわけにはいきませ 
ん。人々に害を与える行為、これは犯罪であります。この大犯罪を放置している 
ことは犯罪者を見逃しているのと同じです。
「原発が日本以外の国で仮に『絶対安全』と主張されても、稼働のたびに出る毒 
糞保管の安全が保障されない限り、世界のどこの国に対しても原発の稼働中止を 
日本政府は訴えるべきです。原発輸出など言語道断であります。
原発と核開発は不可分であり、福島第1原発事故は事実上、第3の原爆投下と言え 
ます。
核と原発の廃絶は国際的にも緊急課題であります。ノーモアヒロシマ・ナガサ 
キ・ノーモアフクシマを私たちは訴え続けます。以上。 

酒井 さんから:
12月3日に行われたCOP17(南ア・ダーバン)での
グローバル・マーチの様子です。
1万人が参加して先進国に「気候正義」の責任を果たすように訴えました。

★「COP17交渉進まず 大規模デモ」
  http://nhk.jp/N3yx62I7

★「Global Day of Action」(写真集)https://picasaweb.google.com 
/ggjalliance/123GlobalDayOfActionMarchThroughDurban?authuser=0

日本からの参加者もいます。(脱原発から自然エネルギーの転換を!)
ビア・カンペシーナや様々な団体のスローガンが多彩です。

「グローバルな資本主義の略奪者と汚染者に抵抗せよ!
社会的、経済的、気候的正義を前進させろ!」といったバーナーもあります。

★こちらは「Global Day of Action」の動画集(最初の3本が行進の様子)
https://twitter.com/#!/search/justice%20climate/slideshow/videos?url=http%3A%2F%2Fyoutube.com%2Fwatch%3Fv%3Dkr-n0hW8Img

★英国ロンドンでもアクションが行われました。
反原発の写真もあります。
http://www.demotix.com/news/953710/stand-climate-justice-london

いのうえしんぢ さんから:
    <告知:12/17(土)セミナー原発輸出>
講師の今回、ゲストとして迎える渡辺さんは、これまで東南アジアなどでおこさ 
れてきた環境
破壊や人権侵害の問題に取り組んできたNGO「FOE-JAPAN」のメンバーであり、今 
まさに承認
されてしまいそうな国会で議員向けの勉強会での講師もされています。
同日の肥田さん@佐賀講演会に行った後にハシゴでも間に合います!
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
      原 発 輸 出
     福島原発以後も進む、
    官民連携ビジネスを考える
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
  【日時】12月17日(土)18時半~21時
【会費】会員500円/一般1,000円/学生300円
【場所】福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)          
         http://jinken.city.fukuoka.lg.jp
【内容】
2011年10月31日、ベトナム政府は日本からの2基の原発導入を 決定しました。ま 
た、日本政府はトル
コ、インド等との交渉も進めていて、 日本の原発輸出政策は国家的プロジェク 
トとして、福島第一原
発事故を経験しても、以前と変わりなく進められています。
3月11日後の福島第一原発の混乱も収束出来ていない中で、日本政府は 何故、強 
行に原発輸出を進めてい
るのか。
原発導入危機にさらされている発展途上国において活動実績のある、国際環境 
NGOである「FOE 
JAPAN」の渡辺氏を迎えて、皆さんと一緒に、原発輸出の相手国側の視点も持ち 
ながら、今回の原発輸出
問題と、私たちに何が出来るのかを一緒に考えてみたいと思います。

【講師】渡辺瑛莉氏 FoE Japan 開発金融と環境プログラム
京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科東南アジア地域専攻(修士)を 
経て、 2008年からFoEJapan
開発金融と環境プログラム所属。日本のODA事業であるマレーシアのダム建設事 
業での環境社会配慮の向上を
求める活動などを行っている。

【補足】国際環境FOE JAPAN http://www.foejapan.org/
FoE Japanは、持続可能な社会を目指し、気候変動、森林保全、開発事業におけ 
る環境社会問題など、地球規模
から地域に根ざした環境問題に取り組む国際環境NGO。世界77ヵ国に200万人のサ 
ポーターを持つFriends of the
Earth International のメンバー団体として日本では1980年から活動を行っている。

【主催】 債務と貧困を考えるジュビリー九州  
http://jubileekyushu.blogspot.com/
【お問合わせ先メール】jubilee.kyushu at gmail.com 【電話】090-8397-5497(藤井)
                 MLホームページ: http://www.freeml.com/chance-fukuoka

○●○●○●○○○●○●○●○
  ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろぱ★☆
    Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
     午前10時から午後5時(土・日曜・休日は閉設)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
      場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば現場)の専用携帯番号 090-1324-8588 ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
    青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************




CML メーリングリストの案内