[CML 013455] 来年 2/19 (日)「国民投票をどう考えたらよいか」討論会のご案内

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2011年 12月 2日 (金) 05:39:42 JST


                                紅林進です。
   
  私も関わっています「政治の変革をめざす市民連帯」(略称:市民連帯)と
  「小選挙区制廃止をめざす連絡会」では、来年2月19日(日)に共催で、
  下記討論会を開催することになりましたので、ご案内させていただきます。
   
  私自身は「脱原発のための国民投票」については、9条改憲に連動する
  危険や「脱原発」にとって、今やるべき重点課題としてどうなのかという
  懸念も持っていますが、そういう点も含めて、また「脱原発のための国民
  投票」だけでなく、「国民投票」や「住民投票」という直接民主主義的な
  方法と間接民主主義(議会制民主主義)との関係なども議論したいと
  思っています。
   
   
  (以下、政治の変革をめざす市民連帯の会員MLより転載、転送・転載歓迎)
   
  国民投票で討論会

 来年のことですが、以下の企画を決定しましたので、告知します。
  脱原発のための国民投票がにわかに浮上しています。「朝日新聞」
  の社説でも取上げられました。現在は憲法以外にはこの制度は存在
  しませんが、広く「国民投票」の意味について考えることが大切では
  ないでしょうか。
 
討論会「国民投票をどう考えたらよいか」
  
日時:2012年2月19日(日)午後1時30分
会場:文京区民センター(地下鉄春日駅、後楽園駅下車)
  地図http://www.b-academy.jp/faculty/c04_01_j.html?area=mainColumn
テーマ:国民投票をどう考えたらよいか
話:村岡 到 国民投票の有効性と問題点
      河内謙策 脱原発国民投票の意味
共催 小選挙区制廃止をめざす連絡会  
      http://www3.ocn.ne.jp/~syouhai/
    政治の変革をめざす市民連帯(略称:市民連帯)
      http://www.siminrentai.com/
協賛 週刊金曜日
参加費 700円

政治の変革をめざす市民連帯 事務局長 村岡 到













 


CML メーリングリストの案内