[CML 013447] 福島原発事故後の人権を考える(12.12世界人権デー記念シンポジウム)

Ken Masuoka kmasuoka at jca.apc.org
2011年 12月 1日 (木) 21:59:39 JST


益岡@東京東ティモール協会です。

別のメーリングリストに流れていました。転送します。

------以下、転送・転載歓迎-----

特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ、および東京大学の教員有志で作っ
た東京大学原発震災支援フォーラムは、以下のようなシンポジウムを行います。

世界人権デー記念シンポジウム〜
2011 東日本大震災を受けて
福島原発事故後の人権を考える

【日 時】2011年12月12日(月)19:00〜21:00(開場18:30)
【会 場】青山学院大学 6号館 1階 第4会議室
【主 催】特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ(HRN)
     東京大学原発災害支援フォーラム(TGF)
≪発 題≫
●科学者からみた原発事故とその後  
押川正毅氏(東京大学物性研究所教授。専門は理論物理学)
●放射能「安全」報道とその社会的影響
影浦 峡氏(東京大学大学院教育学研究科教授。
 専門は言語とメディア。著書に『3.11後の放射能「安全」報道を
 読み解く―社会情報リテラシー実践講座』(現代企画室))
≪報 告≫ 福島原発事故後の人権状況 福島事実調査の報告とのHRNの提言
       後藤弘子氏 (千葉大学法科大学院教授 ヒューマンライツ・ナウ副理事長)
≪挨  拶≫  阿部浩己氏(神奈川大学法科大学院教授 ヒューマンライツ・ナウ理事長)
◇パネル・ディスカッション
◇オープン・ディスカッション
【参加について】資料代 500円
 ※人数把握のため、できる限り事前のご予約をお願いいたします。
 ヒューマンライツ・ナウ事務局まで、
 メール < info at hrn.or.jp > または 
 FAX < 03-3834-2406 > にて、
 「12/12人権デーシンポ参加希望」と明記のうえ、
 お名前、ご連絡先等をお送り下さい。
ウェブサイト
http://hrn.or.jp/activity/event/2011-1/

-----以上、転送・転載歓迎です-----


-- 
Ken Masuoka <kmasuoka at jca.apc.org>


CML メーリングリストの案内