[CML 011584] 【報告】第133日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2011年 8月 31日 (水) 10:34:58 JST


青柳行信です。8月31日。

【転送・転載大歓迎】
原発とめよう!九電本店前ひろば: 第133日目報告
呼びかけ人(4月20日座り込みから8月29日現在総数1453名)
http://www.nanjinggenpatsu.com/hangenpatsu.html (更新準備中)   
 ★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】8月30日3名   
    吉田典子  熊倉春野・真理子


  <ひろぱ・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★

横田つとむ さんから:

青柳様

お疲れさまです。
今日のテント村は 女性の方が多かったです。
お話を聞いていると 話題の豊富なこと。
アイデアの豊富なこと。
軍師が たくさんついているようです。

今日のあんくるトム工房
九電 のらリくらリ      http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1457

 九電は どうやら ほとぼりが冷めるのを待っているようです。

 許さないゾーー。

ひろば 宇田 純子 さんから:
 青柳様
 お疲れ様です。
8月30日の報告です。
今日の担当は午前が中村肇さんと私、宇田でした。午後は鈴木さんと楢崎さん。
午前の担当ながら、私だけではテントが張れないだろうと心配した中村さんがお仕事があるにもかかわらず
テントを張ってくださっていて、
私が到着した時には佐賀のプルサーマル裁判の会の事務局長もいらっしゃり感激。。。

今日は、7月に裁判の会やその他市民団体が提出していた九州電力へ意見書・質問書の回答の日で、
会議が1時から予定され、ひろば多くの会議参加者でにぎやか。
NHKなども九電前で待機していました。
先週は豪雨雷雨で大荒れでしたが、今日は快晴で風も心地好く、多くの方がひろばを訪問して下さいました。
久留米から井上さんが九電の会議に参加するため見えられていて、ひろばにお茶やお菓子を差し入れ。

青柳さんと濱生さんもひろばに見えられました。
午後には柴田さんがおいしいクロワッサンの差し入れ。今日は大漁?
私も1時から3時までの九電交渉に参加しました。しかし、相変わらず回答不十分で大荒れで終了。
かえって市民団体からの厳しい意見と質問が増えてしまいました。
 
テントに戻ると、東京から避難して来られているママ達が真剣に内部被ばく問題などを情報交換されていました。
福岡県にも流通される放射能汚染食材。日本の流通網なら簡単に全国に出荷されていしまいます。
内部被ばくを心配するお母様たちのためにも、福岡県に或いは市に、積極的に放射性物質の自主検査してもらいたいものです。

福島から離れているからと言って、福岡県は危機管理が甘すぎます。
玄海原発に対しても厳しい安全対策を言うべきだと思いますが・・・・。
そう、ひろばは女性たちの真剣トークの場でもあります。
明日もぜひ多くの方がいらしてくださいますように願っています。
 
本日の賛同者の 熊倉春野さんと真理子さんは
東京から福岡に旅行でいらしている素敵なお母様とお嬢様。
バスからひろばのテントを見つけ、わざわざ100万人署名をしに来て下さったのでした。

福岡市のFさん さんから:
青柳さん、たんぽぽとりでのFです。

大分の島田雅美さんは、
毎日 九州電力大分支社へ要望書を持って行ってあるそうではありませんか!
この勇気と行動力に感服します。

福岡の私達もせっかくテントを建てているのだから、毎日持って行きましょうよ。
テントにいる人で、持って行っていいと言う人に、お願いしましょうよ!
その方が、テントを建てているだけよりもインパクトが強いと思います。
皆さんに図ったがいいから、メールで送信して下さい。

青木幸雄(宮崎の自然と未来を守る会)さんから:
みなさまへ

昨日(8.29/宮崎JAアズムホール)の広瀬隆講演会へのご 協力・参加ありがとうございました。
招待した宮崎県議会議員等の方も、会派を問わず少なからず見受けまし た。

福島事故の本当のことを少しでも知りたい
今後はどうなる
子供は大丈夫なのか
たべものは大丈夫か
川内で事故が起こればどうなる
原発を止めればどうなる

みんなが知りたいことを2時間半に凝縮して述べてもらいました。
約500名の参加で会場は埋めつくされましたが、
それぞれの場に戻り、広瀬さんの言葉を再検証・確認しながら
伝えていきたいと思います。

27日薩摩川内が400数十名
28日南大隅が300名
29日宮崎が500名
少なくとも南九州の1200名が
講演を聴きました。

九州の原発は、川内が9月に 玄海原発も年内には
定期点検などで全機止まります。

絶対再稼動させないように
みんなが手を取り合うことが大事でしょう。
きっと止められます。

「太陽光・風力発電トラスト」運営委員・中川さんから:
(8・29)宮崎市、広瀬 隆 講演会 USTREAM URL
      http://www.ustream.tv/recorded/16951973

河内謙策 さんから:
      野田首相、福島の子どもたちの訴え、北海道など

 皆様ご存知のように、野田佳彦氏が内閣総理大臣に選出されました。原発についての野田氏の持論は「原発を完全にゼロにするのは
個人の夢だ。電力不足が経済の足を引っ張ってはいけない」「[原発は]短兵急に止めるべきでない。今後も相手国に出向き、首脳間で原発について正確な情報と対策を伝えたうえ
で、導入の可否を選択してもらうことが日本の信頼回復につながる」(以上『サンデー毎日』9月4日号21頁)というのですから、言葉の表面を見る限り「脱原発依存」派ですらあり
ません。完全な原発推進派です。
 この後で見るように、全国的には、原発運転再開へ向けて動きが強まっています。私たちは、脱原発の日本を実現する私たちの運動の強化・発展をもって野田首相に対する回答に
したいと思います。

……………………………………………………………………………
 これも多くの方が既にご存知と思いますが、現在発売中の『アエラ』第40号に、福島の子どもからの手紙が掲載されています。私などは涙腺がゆるいほうなので、読み通すのに苦
労しました。まだ読んでいない方は、一読をお勧めします。日本国中に広める価値があると思います。
 中学2年生のH.K.さんの手紙です。

 震災と原発事故から5カ月がたちました。今、福島県を離れて暮らす人は何人いるでしょうか。そして、福島県に残って窓を閉めて生活している人はどれほどいるでしょうか。
 全国に避難している福島の人たちがどんな思いで故郷を離れてきたのか、みなさんにわかってもらえるでしょうか。福島の子どもたちがプールに入れず、マスクをして登下校して
いるこの状況を安全だと言い張る政府に、私はとても疑問を感じます。
 今まで法律で決まっていた数値を何十倍にも引き上げて、それが安全だと言われても、私には信じられません。そんなやり方は、私たち中学生の間でも通用しないでしょう。
 福島県民よりもお金のほうが大切なのですか。
 大人が勝手に作った原発でなぜ、福島の子どもたちが被曝しなくてはならないのか。なぜこんなつらい目にあわなくてはいけないのか。これほどの事故が起きても、どうしてまた
原発再開を目指すのか。私には全くわかりません。
 このような状況で総理大臣が変わっても、よい国が作れるとは思いません。

…………………………………………………………………………
 全国各地の動きを簡潔に紹介します。

 北海道では、泊原発3号機の運転を再開した北海道電力に対する批判が強まり、その中で、3号機のプルサーマル問題のシンポジウムに北海道電力のやらせがあったことが大きな問
題になっています。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/314547.html
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/314955.html
  中部電力は、浜岡原発運転停止期限後の運転再開へ向けて動きを強めています。
http://www.47news.jp/news/2011/08/post_20110827135702.html
  四国電力の強硬さが目立ちます。外部からの思いつきですが、伊方原発の運転再開については、オール四国で対決する必要があるのではないでしょうか。
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2011/08/2011_131423643114.html
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/economy/20110828000077
 佐賀県知事はやらせメール誘発発言問題で辞任を拒否しました。九州電力は、玄海原発、川内原発のストレステスト開始を宣言しました。これだけ批判を浴びているのに信じられな
い神経です。鹿児島の脱原発勢力が県内キャラバンを開始しました。
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2033143.article.html
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.2035153.article.html
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=34556

  ◆◇◆◇◆◇◆◇♪♪♪♪♪♪♪  ◆◇◆◇◆◇◆◇

  __★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろぱ★☆___
Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
     午前10時から午後5時 (日曜日は休み)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場 所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば現場)の専用携帯番号 090-1324-8588 ★☆

***********************************
〒812−0041
福岡市博多区吉塚5−7−23
電話   080-6420-6211

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内