[CML 011573] 本日の愛媛県内の教科書採択の私的報告

Okumura Etuo gf742bpjye82j6v7vzw2 at mopera.net
2011年 8月 30日 (火) 18:18:38 JST


愛媛の奥村です。

本日の愛媛県内の教科書採択の私的報告

*今治市教育委員会
歴史・公民とも、4対1で育鵬社
いずれも、今治市選定委員会における調査研究においては、
育鵬社は、評価が低いのですが、
教育委員は、これを無視。


*四国中央市教育員会
歴史:東書
公民:育鵬社(全会一致) 今治市教委と同様で、
調査研究においては、
育鵬社は、評価が低い。


*西条市教育委員会
歴史:東書
公民:日文  いずれも答申通りの採択

----------------------
簡単な私的報告

私は、今治市教委の採択会場前で、
12時過ぎから、座り込み。
傍聴には60人余りが集まり、10席の傍聴席の抽選の抽選。
私は、外れ、傍聴できませんでした。

詳細な採択審議の報告は、後日となりますが、

調査研究資料(採択資料)や、選定(採択)委員会の答申を無視し、
委員の独自の評価に基づく判断で、
育鵬社を採択するという、流れが、広がっています。

しかも、育鵬社を支持する理由は、
異口同音に、
教育基本法、学習指導要領に最も沿った教科書であるとし、
その主たる理由も、「日本の伝統と文化」などなどと、
極めて、偏狭なイデオロギー(国家主義)が、
全面に、あからさまに出てきています。

このように、
採択理由にも、とても、恐ろし理由となって、います。
このような状況への危機感を覚えます。

一過性の抗議行動で終わることなく、
採択に関する資料を詳細に分析し、
また、愛媛、日本社会の状況の分析も行い、

採択手続きの変化、
教科書の評価の変化、
採択理由の変化、

この状況を反転するためには、
何が必要であるのかを検討し、学習し、
今後の取り組みを考えてゆきたいと思います。

採択されたら終わりではありません。
また、教科書が子どもたちに届くのは、
来年の4月です。

残念な結果となりましたが、
沖縄では、今なお検定意見の撤回を求め続けている沖縄の運動に習い、
採択の撤回、取り消しを求めて行きたいと思います。

ともに、この流れに抗してゆきませんか!

文責(奥村)


**********************
Okumura Etuo
gf742bpjye82j6v7vzw2 at mopera.net
えひめ教科書裁判 資料
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub2.htm

2011年度の採択問題への取り組み一覧
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub6/2011/2011.htm
****************



CML メーリングリストの案内