[CML 011548] 小出先生、「福島県全域を放射線管理区域にしないといけない…」

Yasuaki Matsumoto y_matsu29 at ybb.ne.jp
2011年 8月 29日 (月) 00:24:36 JST


みなさまへ   (BCCにて)松元
永岡さんが小出先生の東京講演(27日)を紹介していますので、転送します。

●「小出裕章非公式まとめ」に生の声がアップされています。 

http://hiroakikoide.wordpress.com/

=====以下転送=====

小出先生 8月27日 東京講演から

 永岡です、小出先生の非公式まとめに、小出先生が昨日、東京・台東区で、田中三彦さん、中手聖一さんとともに核・原子力のない未来をつくる市民集会に出られて講演され、その模様が動画で載っていました。

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/08/27/simin-aug27/

 長大なので、出だしの一部のみ書き起こしします。すでに、たね蒔きジャーナルなどで講演された内容と重複もありますが、ご覧ください。

http://www.ustream.tv/recorded/16899529

 原子力の基本を語られています。原発は単なる湯沸し装置で、家庭の湯沸しと同じ、原子炉圧力容器の中にウランを並べて核分裂させてお湯を沸かすのです。ここで燃やすのがウランで、これが危険の根源であり、核分裂生成物が出ます。広島原爆のウランは800g、これで広島の町はなくなった、出、原発では100万kw1年で1トンのウランを燃やすのです。広島原爆の1000倍を越える放射能を毎年生み出すのです。こんなものが事故を起こしたら大変と、反対してきたが、原発に賛成してきた人は、原発を都会に建てず、地方に建ててきたのです。名古屋の伊勢湾、大阪湾にない、六ヶ所村にはさらに危険な再処理工場があり、原発は都会に建てず、過疎地に建てて長い送電線を引いていたのです。これを、忌野清四郎さんが歌っていたのです。

 小出先生、40年間原発に反対して、抵抗してきたのですが、止められなかった、忌野さんも危険性に気づいていたのです。

http://www.ustream.tv/recorded/16899696

 ヨウ素131、セシウム137などの放射能が呼吸で吸い込み、被曝したのです。1時間2マイクロシーベルトの被曝(通常の40倍)、内部被曝で、ヨウ素、テルル、セシウムを検出し、1時間呼吸したら、ヨウ素が圧倒的に重要で、17.1マイクロシーベルト、外部2マイクロで、これだけのものです。つまり、内部は外部のほぼ10倍あり、こういうことは知らされていないのです。こういうことはたくさん起こりました。

 事故でヨウ素が放出され、日本では事故時に風向きを調べて被曝を計算するSPEEDIを100億円、20数年かけて開発しました。これを使って計算した模様ですが、政府は、結果を一切秘密にして、半月後に出してきました。敷地に近いところから被曝が大きく、甲状腺で100ミリシーベルト被曝する、子供にヨード剤を与えないといけないのに、被曝させてしまったのです。

 汚染地図があり、チェルノブイリに当てはめると、無人地帯にしないといけない汚染があり、福島、宮城、栃木に、放射線管理区域に指定しないといけないところがあります。放射線管理区域は実験で入るもの、飲食、寝ることは許されない、子供を連れてはいることは許されない、放射線管理区域は注意が要るのに、上限の汚染をしているところがあり、そこで子供たちが生きているのです。とてつもない広大な汚染です。外部被爆線量、福島、宮城に汚染が広がり、チェルノブイリの範囲なら、びわ湖の2倍を避難させないといけないのです。

 1年で1ミリシーベルトの被爆が禁止されるなら、福島全体を無人地帯にしないといけない。日本は法治国家で、破ったら法律に抵触する、法律を守るのは国家の義務なのに、年間1ミリシーベルト以上の被爆を禁止しているのに、小出先生守っているのに、福島事故で、福島県全域を放射線管理区域にしないといけない、猛烈な被爆であり、最大の犯罪者である政府はそれを反故にして、人々を被爆させているのです。被爆はあらゆる意味で危険であり、被爆で必ず健康被害が出る、福島の人が避難できるか、大変に難しい、小出先生逃げて欲しいが、逃げたところで生活できるか、子供だけでも避難させると家庭が崩壊する、避難したら生活が崩壊する、チェルノブイリもそうであり、40万人避難させられ、生活が崩壊したのです。子供たちだけでも逃がしたい、しかし、生活の崩壊を思うと、避難せよと言えないのです。

 福島の事故の全貌はまだ分からない、広大な土地が失われる、一次産業が崩壊する、避難したら崩壊する、どれだけの悲惨さか分からない、東電が倒産しても賠償できないのです。小出先生、東電は倒産させるべきと言われます。大株主は大銀行であり、東電が何回倒産しても足りないのです。福島を無人地帯にするというのは、戦争でも起きないことなのです。

 放射能で汚れた町は復興できない、土地が失われる、戦争でも起きないことなのです。

http://www.ustream.tv/recorded/16899897

 原発の危険は事故だけでなく、事故がなくても、原発は悲惨なのです。

http://www.ustream.tv/recorded/16900356

 以下、後1時間半ほどあり、これの書き起こしは無理です、すいません。


 以上、お知らせいたしました。





------------------------------------
パレスチナ連帯・札幌 代表 松元保昭
〒004-0841  札幌市清田区清田1-3-3-19
TEL/FAX : 011−882−0705
E-Mail : y_matsu29 at ybb.ne.jp
振込み口座:郵便振替 02700-8-75538 
------------------------------------ 



CML メーリングリストの案内