[CML 011535] 【大緊急】本日27日17時締切!食品放射能汚染の意見募集

杉原浩司(Koji Sugihara) kojis at agate.plala.or.jp
2011年 8月 27日 (土) 15:49:13 JST


東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/みどりの未来)です。以下
の意見募集(パブリックコメント)ですが、本日27日(土)午後5時(まも
なく!)が締め切りです。[転送歓迎/重複失礼]

驚くべきことに、26日に出された文科省通知には、「校庭などの線量を
毎時1マイクロシーベルト(注:高すぎる!)とした場合、【給食などの内
部被ばくを含めても】年間0.534ミリシーベルトとの推計」(8/26、毎日)
が示されているそうです。

「給食などの内部被ばくを含めても」というこのくだりを、私は最初にラ
ジオニュースで聞いて、戦慄を覚えました。給食からの内部被ばくは当
然ゼロにすべきにも関わらず、内部被ばくを前提としているのは絶対
に許されないと思います。

「食品による内部被曝は容認できない。特に乳児や幼児の被曝はゼロ
でなければいけない」との声だけでも構わないと思います。まだ300通く
らいしか届いていないそうです。一通でも多くの声を大至急届けましょう!  

【参考】「世界も驚く日本の基準値2000ベクレル」
     http://t.co/BNI05Pp

………………………………………………………………………………

(広島の西塔文子さんからのメールです)

◆内閣府の食品安全委員会が意見募集を行っています。

「放射性物質の食品健康影響評価に関する審議結果(案)についての
ご意見・情報の募集」 (〜8月27日)

これが、「今後の食品汚染規制のベース」になってしまうという、重要な問題です。

食品安全委員会HP
 ↓
http://www.fsc.go.jp/sonota/emerg/radio_hyoka.html

本文を全部読むのは大変ですが、「概要」「Q&A」を読むと大体の内容が
わかるかと思います。

食品中に含まれる放射能の量(単位:ベクレル=Bq)とそれを摂取したとき
の全身の健康への影響(被曝線量 単位:シーベルト=Sv)との関係を表す
係数(実効線量係数)に、大きな嘘とごまかしがあるように思います。
(→「Q&A」の問18)

「Q&A」の問1にある、厚生労働省が3月17日に設定した「食品の暫定規
制値」のとんでもない値は必見です。この値をそのまま認めるような評価を
「安全委員会」が出してしまったら大変です。
チェルノブイリ原発事故の後、日本は1kgあたり370ベクレルを超える食
品を積み戻していました。それでも高すぎる値だとして、市民による食品の
放射能測定の運動がもりあがりました。
天然にある放射性カリウムと人工の放射性セシウムとでは、体の中での振
る舞いが違う(カリウムは排出されやすいが、セシウムは排出されにくい)と
言います。

食品による内部被曝は容認できない、特に乳児や幼児の被曝は「0」でなけ
ればいけない、ということだけでもいいと思うのです。たくさん意見を寄せま
しょう。この問題に詳しい方は、ぜひ鋭い批判を!

意見提出の方法は
 ↓ 
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=095110460&Mode=0

を開いて、「関連情報」の欄の「意見公募要領」の「内容情報」をクリックする
と出てきます。

(1)表題を「放射性物質の食品健康影響評価に関する審議結果(案)につ
いてのご意見・情報の募集について」とする。
(2)氏名、(3)職業、(3)住所、(4)電話番号、(5)意見/情報 を書く。 


あて先:内閣府食品安全委員会事務局評価課内「放射性物質の食品健康
     影響評価」意見募集担当

メール:https://form.cao.go.jp/shokuhin/opinion-0316.html  から送信可能
          (添付はテキスト形式のファイルに限る)
FAX:03−3584−7391
郵送:〒107−6122 東京都港区赤坂5−2−20 赤坂パークビル22階
       (封筒表面に表題を朱書する)

★8月27日(土) 17:00必着




CML メーリングリストの案内