[CML 011508] コメについてのシーベルト計算(試算)

T. kazu hamasa7491 at hotmail.com
2011年 8月 26日 (金) 08:08:56 JST





ni0615です試算してみましたが間違いがある可能性大です。
皆様の御吟味をお願いします。 ***********************************
コメについてのシーベルト計算(試算)
***********************************
(ICRPの考えに基づく原子力安全委員会のパラメーターによる)
暫定基準値、つまり1キログラムあたり500ベクレルの放射性セシウ
ムを含むコメを、毎日1kgずつ1年間摂取したとすると、預託実効線量
(=一生の体内被ばく量)のシーベルトはどのくらいになるか?====預託実効線量係数は、
単位経口摂取量当たりの線量(mSv/Bq) 核種****成人****幼児(5歳)**乳児 
-----------------------------------------------
Cs-134**1.9×10-5**1.3×10-5**2.6×10-5 
Cs-137**1.4×10-5**9.7×10-6**2.1×10-5 
-----------------------------------------------すべてが半減期30年のセシウム137だとすると、
放射能の強さは1年では殆ど変わらないから、概算、(成人)
シーベルト値=500Bq/kg×1kg/day×365day×1.4×10-5mSv/Bq
=2.56mSv(幼児(5歳))
シーベルト値=500Bq/kg×1kg/day×365day×9.7×10-6mSv/Bq
=1.77mSv(乳児)
シーベルト値=500Bq/kg×1kg/day×365day×2.1×10-5mSv/Bq
=3.83mSv
すべてが半減期2年のセシウム134だとすると、
1年間食べると放射能の強さは、1年平均では初日の約83%の415Bq/kgだ
から、概算すると、(成人)
シーベルト値=415Bq/kg×1kg/day×365day×1.9×10-5mSv/Bq
=2.89mSv(幼児(5歳))
シーベルト値=415Bq/kg×1kg/day×365day×1.3×10-5mSv/Bq
=1.97mSv(乳児)
シーベルト値=415Bq/kg×1kg/day×365day×2.6×10-5Sv/Bq
=3.94mSv
セシウム134とセシウム137は、現在環境中におおむね半々の割合
で存在するから、両方の平均を計算すればよいから、 (成人)
シーベルト値=(2.56+2.89)/2
=2.73mSv(幼児(5歳))
シーベルト値=(1.77+1.97)/2
=1.87mSv(乳児)
シーベルト値=(3.83+3.94)/2
=3.89mSv
なお日本人の穀物摂取量(平均)は1日当たりkg
-------------
成人 0.3
幼児 0.11
乳児 0.055
-------------
http://www16.atwiki.jp/pipopipo555jp/pages/3012.html#id_664e947c
とされています。
これを適用すると、
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 (成人)
シーベルト値=2.73×0.3
=0.82mSv
≒1mSv
(幼児(5歳))
シーベルト値=1.87×0.11
=0.21mSv(乳児)
シーベルト値=3.89×0.055
=0.21mSv
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜つまり穀物を平均的な量食べて、しかも暫定基準値のコメばかりで穀物
をまかなったとき、他の食物のことや外部被ばくを全く考慮に入れない
でも、1年間の総被ばく量の法律的限界の1mSvに、ほぼ達してしまうの
です。実際には、他の銘柄のコメと混ぜて食べたり、パンや蕎麦・うどんで外
国産小麦を食べたりしますから、これよりは少ない量となるでしょう。
これから先は、それぞれご自分の生活を見直しながら、あんばい計算し
てください。 《結論》
簡易計算方法★★★★★★★★★★★★★★★★★★★1kg当たりのベクレルを、500で割ると1年間食べた時の
預託線量シーベルトになる★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★(「100で割る」を勧めている人がいるようですが、
それはちょっとオーバーかも)
拝
安禅不必須山水
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/list/ 		 	   		  


CML メーリングリストの案内