[CML 011459] ニッポンは今、原発というテロに支配されている

T. kazu hamasa7491 at hotmail.com
2011年 8月 23日 (火) 14:54:25 JST


ni0615です
重複をお許しください
Twitterに投稿したものに手を入れました。
 

4月12日、レベル7発表の時に、「ヨウ素131換算」という言葉があ
りましたね。 セシウム137のベクレル値を40倍したのです。これは、
いまだに「何故40倍なの?」と疑問符ですが、1370倍するならなぜ
か納得します。
 

いまここに、1秒間で1個のγ線を発する、ヨウ素131の微粒子とセシウ
ム137の微粒子があるとします。それぞれの微粒子を比較すると、
 

★ヨウ素131の微粒子は、2.18x10の-16乗グラムで、原子の個数は
1.00x10の6乗個です。★セシウム137の微粒子は、3.11x10の-13乗グラム
で、原子の個数1.37x10の9乗個です。放射能のポテンシャルは、
ヨウ素131の1370倍あります。
 

これは環境論的なセシウム137の怖さ、それが1370倍ということを示し
ています。レベル7発表のとき、「セシウム137はヨウ素131換算する
と40倍」と言われましたが、今から思うと相当な過小評価のような気が
します。
 

ヨウ素131は、子どもの甲状腺に既に確率的ダメージを与え終
わっています。しかし、セシウムの影響はこれから100年続くのです。



種明かせば半減期が1370倍だということ。
 

安全委員会のレベル7発表のデータを思い起こしてみます。
http://t.co/ntY0D1S
 

「3月11日から4月5日までの大気中への一部の核種の放出放射能総量と
して、ヨウ素131 が1.5×10+17Bq、セシウム137 が1.2×10+16Bq とい
う推定的試算値。」
 

★ヨウ素131 が1.5×10の17乗Bq、
★セシウム137 が1.2×10の16乗Bq、
ヨウ素131換算(x40)で、4.8x10の17乗Bq
★合計で、7.3x10の17乗Bq

これはそれぞれ何キログラムでしょうか?


計算してみますと、

★ヨウ素131が1.5×10の17乗Bqは  ⇒⇒ヨウ素131がわずか32.7g
★セシウム137が1.2×10の16乗Bqは ⇒⇒セシウム137がわずか3.73kg
 

言い換えれば日本国は、
ヨウ素131わずか32.7g,
セシウム137わずか3.73kg

そんなものに支配されて、にっちもさっちも行かなくなってしまってる、
ということです。
 

原発の存在自体が、子どもたちにとってテロリズムだということ。これ
をコントロールも出来ずに擁護する学者や政治家は無責任なテロリスト
だということ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
安禅不必須山水

http://ni0615.iza.ne.jp/blog/list/

 

 

  		 	   		  


CML メーリングリストの案内