[CML 011457] 【報告】第125日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2011年 8月 23日 (火) 08:33:52 JST


青柳行信です。8月23日。

【転送・転載大歓迎】

原発とめよう!九電本店前ひろば: 第125日目報告
呼びかけ人(4月20日座り込みから8月22日現在総数1428名)
http://www.nanjinggenpatsu.com/hangenpatsu.html (更新準備中)   
 ★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】(8月22日3名)        
    河野礼至 中窪 出 匿名1名

  <ひろぱ・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★

横田つとむ さんから:
青柳様

お疲れさまです。

今日は 他の要件で手一杯で 設営中の写真しか
取れませんでした。
あんくるトム工房
泊 を 止めよう  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1445

 とりあえず 掲載。

ひろば 上條俊介さんから:
テント報告
今日は驚くべきニュースがあります。
あの右翼のFさんがなんと100万人署名に署名をされました。
本当は原発はいると思うけれども、
あなたがた(反原発の人々)の熱意に負けたとおっしゃっていました。

お昼前にインターネットでテントのことを知って、
田川郡川崎町で原発問題に取り組みたいということでやってこられた方がいました。
その方は産廃問題を16年やっておられ、4年間も毎日座り込みをされていたそうです。
川崎町でどうやって組織すればいいかと原発の認識について聞かれていました。

3時ごろになって、原水禁の上関原発の建設中止を求めるキャラバン隊が
テントの前を手を振りながら通っていきました。
テントによっていかれるのかなと思いましたがそのまま通り過ぎてしまいました。
キャラバン隊がテントに来る少し前に、九電の社員が玄関前に出てきて警備していました。
九電はこういった情報をつかんでいるんだなと思いました。

キャラバン隊が通り過ぎていったあとに、
子供の給食について心配していると東京から避難している方がテントにこられました。
小学校の給食に汚染されたものが使われているかもしれないので、
かわりにお弁当を持たせたいとおっしゃられていました。
そのことを学校に言うと変な目で見られるかもしれないと心配されていました。

今日は雨がひどくて、署名される方が少なく、来訪者も少なかったです。
雨のせいでかなり傷んだテントの屋根に水が溜まってしまい、
常に水を落とす作業を強いられました。
4時ぐらいには雨が止みました。
片付けの時に強い雨に降られては大変なので4時ごろにテントを撤収しました。

もと ひろば 布巻皓平さんから: 

お久しぶりです。いわきに戻って約10日。無事、新盆も終えることが出来ました。
今はナルコレプシーかと紛うような状態で、非常に体がだるく、眠たい毎日です。
 
九電前で専従していた頃の杵柄か、あまり「暑い!」と思うこともなく済んでいますが、
この二ヶ月の間に、テレビに間断なく表示されていた逆L字型の「原発情報」は消え、
いつの間にか洗濯物もベランダに干すようになっています(自分の分は部屋干しですが)。
 
いわきの「比較的低い線量」(事故前の数値に比すれば決して低くはないですが)の中に、
数え切れないほどの仮設住宅が居並ぶ光景は、言い表すに難しい感情を喚起させます。
 
私にはこの町の「危機感」が、いまだに掴みきれずにいます。
危機感がないわけではないのです。原発の話題は表に出るし、それぞれに放射線に対する
知識をそれなりには持っている。ですが、その話をしながら笑い声が出る。それが分かりません。
 
数ヶ月のうちに構築されたこの町なりの、覚悟か、諦念かに基づく、原発事故に対する意識が、
私にはよく掴み取れないのです。もう、ただ静かに、普通に暮らせばいいじゃないか、と、
行く人来る人の表情が語っているような気がするのです。そうして、その表情の割合の多くが、
様々な争いや疑心から生まれた疲労によって構築されているような。
 
私自身は、外ではマスクを着けていますが、老若男女、同じくマスクを着用する人はなし。
子どもは無防備に外を駆け回り、ですが、そのすぐ近くには、夏の間に伸び盛った雑草が
青くむせるほどに茂っているのです。こんな中で何をすればいいのか。非常に、参ります。
 
まだスーパーなどを見回っていないので、食糧事情がどうなっているかまでは報告できず、
申し訳ありません。一応、近況とそれに伴う私の思い、写真等は、ブログの方にUPしますので、
そちらが参考になれば、とは思うのですが、まだなかなか、以前のような「書く」耐久力と筆力、
何より気力が戻らず難渋しております。お目汚しレベルではありますが、よろしければ。
 
http://tokinowagamama.blog94.fc2.com/
 
それでは。近々に線量を計って回れるようですので、その時以降にまた。 		 	   		  

村上淑子(脱原発ネットワーク・行橋市)さんから:
青柳様

毎日報告メール、ありがとうございます。
私と同じ若い世代もテント村を訪ねて来ているという報告を見て、嬉しく思います。

でも、この日本の政府・電力会社・政治家のやっている事を見ていると
相変わらず呆れ果てる事ばかりで、暗い気持になります。
毎日の食事でも、自分が汚染された物を食べる事は、
次の世代にも放射能汚染を引き継ぐ事になる…と思うと恐ろしくなります。

国や東電は情報を隠して誤魔化してばかりいないで、どれだけの汚染かが分かり、
選択して食べられるシステムや検査体制・情報公開をしっかりと構築する責任があると思います。

この先、今までの事を反省して、本気でエネルギーや国のあり方を転換していかないと、
今の子供たち、そしてまだ産まれてない命の未来はないと思います。
キャラバンに参加しようと思います。

北海道の高橋はるみ知事に抗議の電話やメールをしています。
原発がある限り、安心して暮らせる日はないと思うので、
微力ですが、自分にできる事をして、動かないと!と日々思っています。

松本真美(由布市湯布院町)さんから:
青柳さま

自分にできること、やってみましたーご報告

いつもお知らせメールをありがとうございます。松本真美(大分 湯布院)です。
広場も、13日は駆けつけようと思っていたのに、結局行かずに、すみませんでした。

毎日膨大なメールが届いて、目を通すだけでも大変だと思いますが、
さらにそれを整理して送ってくださって、ほんとうに感謝しています。

今日は、大分の国会議員さん三名に電話をしてみましたので、そのご報告をさせていただきます。

これまで、メールや葉書を書いたことはありましたが、
電話、というのは初めてで、大変緊張しました。が、
友人が、「電話のほうが効果があると思うよ」と言いますし、河野太郎さんも、
みなさんの住むところに議員に意見を言うことが流れを変えることになる、と
おっしゃるので、挑戦してみました。

電話したのは、足立信也さん(民主)、吉良州司さん(民主)、磯崎陽輔さん(自民)。
いずれもご本人は不在で、受付の女性が対応してくださいました。
こちらも「大分在住の松本と申します」と名乗ってからはじめましたので、
警戒心は感じたものの、丁寧に対応していただけました。

質問は、原発推進か反対か、原発の海外輸出について賛成か反対か、
この二点に絞って尋ねる心づもりでした。

足立さん、吉良さんのところは、
「すぐに止めるのは不可能なので、だんだんに減らしていければよいと思う」との回答。
そこで、「不可能ではないと思います。政府の発表する電力の供給、需給のグラフを見ても、
可能となっています」と突っ込みましたところ、足立さんのほうは、
「私ではわかりかねるので、折り返しご連絡します」とのこと。

吉良さんのほうは、話す中で、
私が、「今聞きましたことを、ブログなどに書いてもよいですか?」と言いましたら、
「文字は力を持つので、それは控えてもらいたい。が、原発に関して、
テレビで発言したものがあるので、そのDVDをお送りします。それを見てください」とのこと。

DVDをお送りくださるときに、海外輸出に関する意見も一筆添えていただけるよう、お願いしました。
「自国での建設は控えるが、海外には輸出する、というのは言語道断だと思います。
うんぬんかんぬん・・・」と少し熱くなって訴えましたら、
「おっしゃるとおりだと思います」と言ってくださいました。

磯崎さんの事務所は、開口一番、「私ではわかりません」。
事務所:「なにか、組織のかたですか?」
私:「いいえ、個人です。ですが、地域の人、友人、趣味のグループなどで、
原発の問題は高まっていて、今度の選挙の参考にもしたいから、大分の議員さんの考えを知りたいね、
という話がでます。なので、私が代表して電話しています。(←多少誇張あり)
他の事務所では、お答えしていただけたのですが、
こちらではなぜお答えしていただけないのでしょうか?」

事務所:「他のところでは、答えたのですか・・・。」少しやりとりをした後、
「ファックスで質問を送ってくださったら、それにご返事を返します」、ということに落ち着きました。

いずれも、今現在、原発反対でないことだけは強く感じました。
しかし、個人の電話に、それなりに丁寧に対応してくれるわけですから、大勢の人、
ひとりひとりが電話や訪問などで意見を言う、質問する、というのは、大事なことだと思いました。

青柳さんからのメールが配信されている皆様は、
こんなこと、すでにおやりになっているかたがばかりだと思いますが、
私みたいに、なかなか勇気がでない、というかたが、もし、おられたら、
「大丈夫!ぜひ、トライしてください」と言いたくて、メールしました。

長くなって、すみません。

札幌の泉 さんから:
青柳さん、

連日お疲れ様です。
札幌の泉です。
昨日泊3号再開に道民怒りのデモをやり、アイリーン・スミスさんが京都から応援に駆けつけました。
泊りに行きたいという彼女の要望に、急遽、今日泊りに出かけて、戸別訪問をして、お話を聞いてくることになりました。
後日、大勢で戸別訪問とアンケート調査を、泊3か町村で行いたいと思います。

下記、玄海町個別訪問に関して、もっと詳しく報告をうかがいたいのですが、連絡は可能でしょうか?

<深江守さんから:泉さんのメールはNO−MOXのMLに流れましたので、すでに返事を送っています。>

泉さんから:NO−MOXのMLの皆さんへ、

以前行われた浜岡の電話インタビューの情報も参考にしています。統計で数字で、インタビューで生の声を集約できたらいいと思います。
全国で、コーディネートして、全国の調査結果も比較できるような調査ができたらいいと思います。全国一斉原発立地自治体調査の様なものです。
それから、以下の様なことを、並行してやっていきたいと思います。

・地域の議員達に抗議、要請を呼びかけること
・脱原発意見書可決マップを完成すること、(北海道は現在179のうち33の自治体が可決しました。9月の議会開催に向けて、今から準備します。)
・地元の議員への原発に関するアンケート調査。 選挙時にはその直前に公開。北海道仁木町では、アンケートに答えなかった議員は票が減ったと報告されています。
・メディアへの抗議をまねにやり、回答させる。 北電は記者クラブのみを読んで、定期学習会をやっています。泊3号に関しては、冬場の電力不足をアピーしました。
・電力不足 神話を打ち破るデータと論議構築
・ストレステスト の実態を明確に伝えていく

などなど。先日岩上安身さんに、記者クラブがあるのは、世界でも、日本とジンバブエだけだと聞きました。日本はムガベのジンバブエ並みの国なんです。

中田妙佳 さんから:
メールをいつもありがとうございます。 

■ 欧州放射能リスク委員会 科学部長クリス・バズビー博士(イギリス)
▼8月17日 放送された、★ロシア・トゥデイの映像インタビューがすぐ流されました。
  日本語字幕付きのが、下記dancingparticles3さんのチャンルで掲載下さっています。
  下記に貼り付けご紹介いたします。

  そして、もう一つご紹介です。
▼バズビー博士は、7月末日本に来られ、会津若松で講演。
ご自分で、放射線測定計器をイギリスから持参されて、会津若松をフイルターで計器を覆い計測され、その様子が中継されていました。
▼帰国されるとき、羽田空港でのインタビューも、ビデオニュースや、OurPlanet-TV取材され、録画されています。
  
★内部被ばくに警鐘〜クリス・バズビー博士インタビュー(OurPlanet-TV)
 http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1190

▼博士は、日本滞在中は、毎日服装など同じ物を身につけられていて、飛行機に搭乗される前に、すべて着替えられました。身に付けられていた物は、すべて放射能に汚染されてい
るので、廃棄物として処分されました。
  (ビデオニュース、福島スペッシャルリポートター・藍原 寛子「医療ジャーナリスト))

*************************************************************
★dancingparticles3さんのチャンル
  (*左場面の下をクリックして、画像を時々止めながら見ると、字幕の字が読みやすいです)

 ■http://www.youtube.com/user/dancingparticles3?feature=mhee
  http://p.tl/SNLz

  バズビー教授 8月17日 ロシア・トゥデイ 毎時10兆ベクレル 
  投稿者: dancingparticles3  | 2011/08/21  | 再生回数 273 回 

<書き込み>
★「10兆 」(首相へ報告する東電担当者の話) と  「 2億 」 (政府発表) この違い!

▼バズビー教授 「 毎時 10の13乗=10兆ベクレル/毎時 という膨大な量の放射性物質放出が続いている、
と(日本の首相に報告する立場の)東電の担当者から聞いたと、という人が教えてく-れました。」 

▼これに対して日本政府は17日 現在の放出量を「最大で毎時 2億ベクレル」と発表。 
 → http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2011/08/post-9a94.html

▼とにかく 子供たちだけでも、一刻も早く 疎開させて下さい !
 お願いします 政府関係者の方がた! 教育界、医学界の方がた !
 m(_ _)m 

  ◆◇◆◇◆◇◆◇♪♪♪♪♪♪♪  ◆◇◆◇◆◇◆◇

  __★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろぱ★☆___
Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
     午前10時から午後5時 (日曜日は休み)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場 所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば現場)の専用携帯番号 090-1324-8588 ★☆

***********************************
〒812−0041
福岡市博多区吉塚5−7−23
電話   080-6420-6211

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内