[CML 011435] 【報告】第123日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2011年 8月 21日 (日) 13:49:20 JST


青柳行信です。8月21日。

【転送・転載大歓迎】
原発とめよう!九電本店前ひろば: 第123 日目報告
呼びかけ人(4月20日座り込みから8月20日現在総数1418名)
http://www.nanjinggenpatsu.com/hangenpatsu.html    
 ★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】(8月20日1名)        
   亀高照夫(岡山県在住・月刊誌「大道」発刊)

  <ひろぱ・想い・感想・ご意見等をお待ちしています>

 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★

横田つとむ さんから:

青柳様

お疲れ様です。

今日は 以前、サウンドデモに参加してくれた方が、
訪れて、原発廃止の話を熱く語ってくれました。

東京と神戸からの方から 玄海原発を訪ねて、現地の原発反対の
住民運動をやっている方に お話を聞きたいという要望がありました。
地区労の古賀さんのつてで、佐賀の地区労へ連絡を取っていただき、
幸運にも 佐賀県議の武藤さんに連絡がつき、玄海町の町議さんに
会えるようになりました。 ほんとうにありがとうございました。

皆さまの 連携した動きのおかげで 玄海と 東京、神戸との
繋がりが 一層強くなると思います。  
今日のあんくるトム工房   
各地のホットスポット    http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1441

あたらしい 広がりに 感謝!

とみた ちかし(長崎県大村市)さんから:
テント村留守番

骨折から1ヶ月経ち、自然治癒力で9月からのテント村に行けるかと思ってましたが
昨日の検査で骨折の大腿骨が10ミリくらいズレている事がわかりました。
このままでは、歩行も困難になるので手術を決意するしか有りません。
ボルトで止める事です。
百姓日曜大工は慣れたものですが、さすがに生きてる人間の骨を
ボルトで締めるのは難しいと判断しました。

お役に立てずに慚愧の思いです。

亀高照夫(岡山県在住・月刊誌「大道」発刊)さんから:
青柳さま

手嶋さんからご紹介していただきました。
連日、精力的に頑張っておられますことに、深い感銘を覚えています。
メールでの報告は大変に有意義なものと思います。
今後ともよろしくお願いします。

私は、「大道」という雑誌の編集長をしています。
手嶋さんは、その読者です。
可能なら、運動の報告をしていただければ、私たちの雑誌に掲載させていただきたい、
と思っています。
よろしくお願いします。

埼玉の小田博子さんから:
おひさしぶりです。
知り合いに、そちらでいただいた署名用紙を配り、署名をそちらに送るよう、頼んで
います。
「しおはち」さんによれば、北九州にも「がれき」が入っているそうです。
がれき問題については、大阪府を含む関西連合が、大阪湾にがれきを埋め立てる話を
進めていて、住民が反対しています。

今、私は、放射能から子どもを守る全国ネットに登録しています。
http://kodomozenkoku.com/
ここには関西の市民団体も登録していて、やはりがれきの埋め立てに反対しています。

がれきの放射能基準値を、1キロあたり10万ベクレル(それまでの13倍くらい)にゆ
るめる法案(汚染がれき処理法)など、がれき処理法が通りそうです。細野大臣が、
福島以外を放射能ゴミの最終処分場にするという方針を出しています。

九州でも今後、放射能がれきの埋め立てが進むと思います。ほかの地域も反対してい
るので、連携をとる方法もあると思います。
ご存知かもしれませんが、放射能がれきなどの拡散については、次のブログが詳しい
です。
http://techpr.cocolog-nifty.com/nakamura/2011/08/post-725c.html

前田 朗さんから:
グランサコネ通信−110820をブログにアップしました。

http://maeda-akira.blogspot.com/2011/08/blog-post_20.html



…☆…☆…
下記の集会・講演会・集いに皆さまお誘い合わせの上,ご参加ください。…☆…☆…  

  【★放射性廃棄物学習会 ご案内★】  
 
  ●日時8月28日(日) 午後5時30分から20時45分
  ●場所 福岡市役所市議会棟7階第1応接室
  ●報告 自治体での震災廃棄物受け入れについて 荒木龍昇(福岡市議会議員)
      廃棄物問題について 片山純子(ワーカーズゴミ問題研究会)
  ●講座 深刻な放射性廃棄物問題   中地重晴(熊本学園大学教授)
会場の都合で事前申し込みが必要です。(荒木まで)
スケジュール
17時00分   受付
17時30分   開始、挨拶、参加者自己紹介 
18時00分   福岡県における通達文書の紹介(荒木龍昇) 
18時20分   廃棄物問題のミニ解説、用語解説(片山純子) 
18時30分   講座:「深刻な放射性廃棄物問題」(中地重晴) 
20時45分   質疑応答、終了 
〔主催〕荒木龍昇 〔協賛〕ワーカーズ・ごみ問題研究会 
   〔問い合わせ・申し込み〕
・荒木龍昇 携帯090−3602−3842 f-lopas at hf.rim.or.jp 
・片山純子 携帯:090−7453−8486  katayama at tts-net.ne.jp 
※福岡市役所は日曜日、通常の通用口が使用できないため 
本庁舎南側・議会棟の1階にある出入り口を使用ください。 
(大丸デパート側、警察中央署前を目印に)
 
【★9月5日 死刑シンポ ご案内の★】
李博盛です。暑いですね。下記のシンポと映画上映,ご案内します。参加費無料です。 

第54回日弁連人権擁護大会プレシンポジウム「死刑を考える」
 福岡県弁護士会人権擁護委員会では,死刑について考えるシンポジウムを下記のとおり開催いたします。
 当日は,映画「休暇」も上映しますので,皆さまお誘い合わせの上,ご参加ください。 

            記
開催日時  2011年9月5日(月曜日)
        午後6時〜午後9時30分
会  場  アクロス福岡 円形ホール
       (福岡市中央区天神1−1−1)
内  容  第1部 講演
      「死刑判決と控訴の取下げ〜門司母娘殺傷事件の20年〜」
       (石塚伸一龍谷大学教授,弁護士)
       第2部 映画「休暇」上映
主  催  福岡県弁護士会
共  催  九州弁護士会連合会,日本弁護士連合会
問合せ先  福岡県弁護士会(TEL:092−741−6416)       

  【★脱原発サウンドデモin福岡
      〜9.11世界同時100万人アクション〜ご案内★】

日程◆2011年9月11日(日) 

15:00 警固公園集合、トーク開始
16:00 デモ開始
18:00 デモ終了、解散

コース◆警固公園出発→国体道路→渡辺通り→パルコ左折→
    明治通り→西通り→警固公園到着

場所◆警固公園(福岡市中央区天神2-2)

主催◆Fight for Your Life 
   http://genkaibai.blog.fc2.com/blog-entry-61.html
問合◆genkaibai at gmail.com
   070-5530-9454(反転地)

【★9月11日 佐賀でのデモが企画 ご案内★】 
http://genkai.ptu.jp/chirashi/20110911chirashi.pdf

【★原発から撤退しゅう会  第2回 ご案内★】  

  9月17日(土) 午後3時
 佐賀市民会館ホール

  九電と知事がしくんだ、やらせメールは
  ゆるせません!
  玄海原発の再稼働・プルサーマル・
  老朽化した1号機―。
  問題がいっぱいの玄海原発は、県民の力
  でくいとめよう!!

第1部
国会で九電の「やらせメール」などをとりあげ、再稼働を食い止める
きっかけを作った笠井亮衆院議員が報告します。

第2部
市民、住民団体など運動で頑張っている人たちが報告します。 
あなたもぜひ、ご参加を。

主催 原発を撤退しゅう会(玄海原発対策住民会議、佐賀県原発問題対策協議会、
   くらしを守る共同行動さが県実行委員会、その他個人)
代表 河西龍太郎(弁護士) 事務局・県原発問題対策協議会 090.・9793・0513上村

松元保昭さんから:
みなさまへ
小出先生の発言を掲載している「非公式まとめ」から、18日テレビ朝日モーニングバード「そもそも総研」にVTR出演されたときの発言を転載いたします。

●「小出裕章非公式まとめ」に生の声がアップされています。 

http://hiroakikoide.wordpress.com/

=====以下転載=====

8月18日 健康や命より国が優先したもの 小出裕章(そもそも総研)

2011年8月18日(木)、テレビ朝日モーニングバード「そもそも総研」に小出裕章氏がVTR出演されました。コメント蘭にてしんちゃんさまより頂いた書き起こしの情報をそのまま掲
載させていただきました。ありがとうございました。

テーマは、「そもそも政府は放射能を甘く見てるんじゃないの?」・・政府の対応についてですが、小出氏の他に、京都大学原子炉実験所の今中哲二氏がチェルノブイリについて、
 日本大学生物資源科学部の小澤祥司氏が福島の除染の現状と今後について語られています。

==以下、小出氏インタビュー部分の書き起こしです=====

  *「3.11 放射能汚染 政府の対応は?」

玉川「この原発事故、それから放射能汚染に関して、政府の対応はどうだったとみられていますか?」

小出「彼らはこんな事故が起きるとは露ほどにも思っていなかった。だから、どのような対応がとれるか本気で考えたこともないし、(事故が)起きてしまった状態ですばやく動く
こともできないし、なんとか事故が小さくあって欲しいと強くたぶん願ったということで、一つ一つの作業が後手後手になったということだと思います。」

玉川「先生はメルトダウンの可能性として考えた時に、その先にまぁ原子炉の爆発ということも考えられたと以前伺いましたけれども・・」

小出「そうです。 3月12日の段階でそれを疑いました。」 

玉川「ということはですね、炉心溶融の可能性を政府の中の専門家もわかっていたのだとすれば、最悪の場合として、原子炉の爆発もたぶん頭の中にはあったはずですよね?」

小出「ええ、専門家の頭の中にはあったと思います。」

玉川「ということは、爆発すればですね、その 3kmとか20kmとかで済まない被害になりますねよね?」

小出「そうです。」

玉川「頭の中にあるんだとすれば、なぜ 極端な話を言えば、福島県全員の避難とかそういうふうなところまでいかなかったのか ということが私には理解できないんですけれど
も?」

小出「私にも理解できません。防災ということの原則というのは、悪いシナリオ悪いシナリオを描いて住民を守る、そして事態がそれほど悪くなかったのであれば、良かったなと思
う・・そういうのが防災の原則だと私は思うのですけれども。少なくとも今回の事故の場合はそうではなかったのですね。楽観的な見通し楽観的な見通しを取って、対策をなるべく
少なくしたいというもとでやってきてしまったのです。」

 *激白 「国の対応のせいで被ばくは拡大した」

玉川「避難させないことによって、しなくてもいい被ばくをした人が福島の中にいっぱいいるということになるんじゃないですか?」

小出「もちろんです。ですから日本の国というのは、チェルノブイリの事故が起きた以降にひょっとして事故が起きるかもしれないし、起きた場合にはどういう放射能がどのように
広がっていくのか、時々刻々と計算して、住民の被ばく量を評価して、事故の対策をとるとということを原則にしていました。そのためにSPEEDIと呼ばれている計算コードを作ろう
として、たぶん100億円を超えるお金をそれに費やしたと思いますし、20年を超える時間を費やしてやってきていたのですね。

ですから、今回の事故が起きてからも、SPEEDIを開発してきた人たちは、多分もう徹夜に近い状態でその計算を繰り返して、どちら側に放射能が流れていっているということをやっ
ていたのだと私は思います。

ところがそのことを日本の政府はすべて秘密にしてしまったのですね。

半月ほど経ってその計算結果を出してきましたけれども、その計算結果を見る限りでは、南西方向と北西方向に放射能の雲が流れて、流れた時にヨウ素という放射能をですね、吸い
こんでしまって、子どもを含めて大変な被ばくを実はしていたと後でわかったわけです。

本当はそれが初めにわかれば、ヨード剤というものをせめて子どもに飲ませて子どもの甲状腺の被ばくというのを少なくするということをできたはずなのですが、残念ながら日本の
政府というのはむしろ隠してしまって、子どもたちの被ばくを放置してしまったということになりました。」

 *疑問 「国が健康や命より優先したものとは?」

玉川「少なくとも健康が目的であって、そのために基準を作ったのですね?」

小出「そうです。そうです。」

玉川「ところが、今、基準を上げたっていうところは、健康よりも別のものを優先しているとしか感じられないんですけれども。」

小出「もちろん そうです。」

玉川「これは何ですか?」

小出「それを認める以外に国家の崩壊を止められないからです。 

これまで日本の国が作ってきた法律を本当に厳密に守ろうとするなら、福島県全域に匹敵するぐらいの土地を放射線管理区域にして、人々をそこから追い出さなければいけない、無
人にしなければいけない。

目で見たら何でもありません。平和な自然のように見えるかもしれないけれども、放射線が目で見えないために、そこで暮らす危険を抱え込んでしまう。そのために放棄しなければ
いけない・・それはもう信じることができないほどの広大な面積だということなんですね。

それは・・日本の国家から見れば、たぶん受け入れられない。だからもうこうなってしまえば、住民を被ばくさせるしかないという、そういう選択を国家がしたんだと私は思いま
す。」

  ◆◇◆◇◆◇◆◇♪♪♪♪♪♪♪  ◆◇◆◇◆◇◆◇

  __★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろぱ★☆___
Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
     午前10時から午後5時 (日曜日は休み)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場 所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば現場)の専用携帯番号 090-1324-8588 ★☆

***********************************
〒812−0041
福岡市博多区吉塚5−7−23
電話   080-6420-6211

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内