[CML 011410] Fwd: シンポジウム<自衛隊は災害救助隊になれるか?>

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2011年 8月 19日 (金) 18:47:11 JST


前田 朗です。

転送です。

*******************************


シンポジウム
▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
  
  自衛隊は災害救助隊になれるか?
  東日本大震災ー自衛隊の活動を検証する
 
 ▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
 
 [日時]8月27日(土)17時30分〜 (17時15分開場)
 [場所]かながわ県民センター 305号室
       (横浜駅西口下車徒歩5分)
 
 3月11日の東日本大震災、自衛隊は空前の10万人出動体制で被災地へ。
 人命救助、原発事故への対応、生活支援等、さまざまな活動を行いました。
 7月1日に災統合任務部隊は編成解除。しかし、被災地はあまりに広く、
 いまなお4千人を超える人々が行方不明のままです。
 復興への道のりはまだ始まったばかり。課題は山積しています。
 自衛隊はこの4ケ月あまりの間に何をやり、何ができなかったでしょうか。
 自衛官個々人が受けた衝撃も深刻です。トモダチ作戦の実態も含め、自衛隊
 の活動を徹底的に検証し、そして、今後の災害救助のあり方について、
 討論をしたいと思います。ぜひ、ご参加を。
 
 ★発言者(発言順) 
  木元茂夫(ファイト神奈川)
  加藤克子(立川自衛隊監視テント村)
  新倉裕史(非核市民宣言運動・ヨコスカ)
  池田五律(戦争に協力しない!させない!練馬アクション)
 
 [主催] すべての基地に「No!」を・ファイト神奈川






CML メーリングリストの案内