[CML 011398] 【報告】第121目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2011年 8月 19日 (金) 08:43:52 JST


青柳行信です。8月19日。

【転送・転載大歓迎】
原発とめよう!九電本店前ひろば: 第121 日目報告
呼びかけ人(4月20日座り込みから8月17日現在総数1405名)
http://www.nanjinggenpatsu.com/hangenpatsu.html    
 ★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】(8月18日3名)        
   西村雅代  井上 玲 植西あすみ

<ひろぱ・想い・感想・ご意見等をお待ちしています>

 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★

横田つとむ さんから:
青柳様

お疲れさまです。
午後の雨は すごい どしゃ降りでした。
今日もまた、てんと村は 女性たちの賑わいでした。

泊原発の継続稼動に みんな怒っています。

今日のあんくるトム工房
国民は怒っているぞ       http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1438
グルグルの原発推進同盟   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1437

 若い方の パワーはすごいですね。
 明日のテント村の 飾り付けが 変わるそうです。
 お楽しみに!

歌野杳(よう) さんから:
青柳様

歌野妹より、今日8月18日のひろば報告です。
上條さん、石田さん、結城さん、進さん、歌野ではじまりました。
午前中は人通りも少なくテントを訪れる人もいないまま。
12時前にいのうえしんぢさんが加奈ちゃんと一緒に来てくれたので、
九電関係者へのメッセージ配りは4人体制でできました。
「なかなか受け取ってもらえない」と聞いてその覚悟をしていたせいか、
それなりに配れたなと思いました。
ただ明日まではお盆休みの名残で、社員も半分くらいしか出社していないらしいです。

狭い道に連なっているお弁当屋さんの様子はとても心惹かれるものでした。
買いましたが、食べるとなると進さんの玄米おにぎりのほうについ惹かれてしまいました。
午後にちらほら来訪者あり、市議のあらき龍昇さんが震災の視察調査報告書を持ってきたり
米本さんがビラの補充に来てくれたり。新規の人は少なかったようです。
数少ない新規来訪者の一人の井上さん、口コミで聞いて来られて、
「脱原発」の文字を文字通り芸術的に切り絵にしたうちわを持ってきてくれました。
明日も来てくれるそうなので、なにか一緒にアクティビティをしようと、これから作戦を練ります。
3時ごろにどかっと雨が降りましたが、20分くらいでやみました。
横田さんが現れて井上さんとともに反転地へ案内していただきました。
満足です。

ハンドルネーム「しおはち」さんから:
青柳さま

初めてメールいたします。
九電前で「原発止めよう」のメーリングリストに参加させていただき、
毎日拝読いたしております。本当に、おつかれさまです。

(報告読者の方から、もし、お知恵を拝借できれば・・・と思い、メールいたします。)

私は北九州市に住んでいるのですが、
ここに被災地から放射能に汚染された「がれき」が運び込まれることになってしまいました。
すでに来ていたものもありましたが、もうこれ以上、
放射能の脅威にさらされることにどうしても我慢ができません。

北九州市長あてにはすでにメールを送り、返事待ちです。
メールには、「これ以上放射能が拡散することに加担したくない、受け入れるべきはがれきではなく、
汚染された土地に取り残されている子どもや市民だ」と書きました。
ただ、これだけで状況が変わるとも思えず、今の私に何かできることはないか、
すでに北九州市で行動を起こしている方がいないか、お教えいただけないでしょうか。

私自身にも小さな娘がおりますが、
子どものいる方をはじめ不安に思われている方はたくさんいらっしゃると思うのです。
そうした方と連帯していくにはどのような方法があるのか、
そのためにどう行動すれば良いか、お教えいただければたいへんありがたいです。

ぶしつけにこのようなメールをお送りして、本当にすみません。
お時間のあるときにも、お知恵をお貸しください。

毛利正道(弁護士)さんから:
  1mSvの重みー福島の子どもを放射能から救え     
 http://mouri-m.mo-blog.jp/blog/2011/08/post_ec63.html

小林栄子さんから:
他団体MLのやすもとさんから転送します。
若いママの苦悩が胸に迫ってきます。
***** *****
みなさま
フクシマのやすもとです。
家の前の保育園園庭の除染作業が終わりました。土は上下置換方式で作業されて
いたようで、1週間近くかかっていました。
福島県庁前の小学校は、校庭に取り除いた高線量の土を山盛りにして、ブルーシ
ートで覆ったまま、ほったらかしにされています。

校庭での部活動は親の承認書が必要です。親に子どものヒバクの責任を押しつけています。
震災後、はじめて車の洗車をし、ベランダの植木鉢を処分しました。線量計が壊
れてしまったので、洗車した水、植木鉢の土などがどのくらいの線量だったかは不明です。
現在まで、ゴミだしの特別ルールは決められていません。これまで通りです・・
いろいろな場面で、今まで通りの生活でいいのか!叫びたくなります。

放射能まみれのゴミ、がれき、汚水、汚泥どうしたらいいのか??
最低でも、これ以上、ゴミを増やさないためにも、原発は即時廃止しかないと思います。
以下、転送です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
みなさん、お疲れさまです。
最近はなかなかイベントにも参加できず、MLも追いかけるのが精一杯だった、福島市の・・・です。

さて、お盆前に娘の通う保育園の除染作業が終了しました。
それから数日後に園から外遊びに関する意向調査(アンケート)がきました。

その内容を抜粋しますと、除染作業が終わり園庭の線量が室内と同じぐらいに下がったため、
今後の外遊びについて保護者の意向を聞きたいと言うものです。

選択項目は
1.屋外遊び(園庭遊びや散歩)はさせないで欲しい。
2.時間を気にせず屋外遊びをさせて欲しい。
3.時間を決めて実施して欲しい(30分以内、30分以上1時間以内、その他)

という内容のアンケートです。

ちなみに線量は、除染前が屋内で0.41〜0.63μS/h、園庭が1.65〜1.88μS/h。
除染後が屋内で0.19〜0.35μS/h、園庭が0.25〜0.30μS/hです。
(こちらの数値は園で計測しているものです)

このお知らせをもらった時、やっぱりな…と言う感じでした。
除染をしたらしたで絶対外遊びをという話になるだろうと思っていました。
恐れていたものがきてしまったな、と…。

市が除染作業の計画を打ち出す前に園長先生に子ども福島の除染班や保護者で除染を!
という話を持ちかけた時に、除染→線量低下→外遊び可能ではないことはお話したんですが…。
時間が経つと忘れられてしまうものなのでしょうか。

もちろん我が家は屋外遊びはさせないで欲しいとしました。
線量が下がったからって外遊び、ましてや土の園庭で子ども達を遊ばせるなんてできません。

きっと園では線量だけに着目して下がったから外遊びになってしまったのでしょうね。
呼吸からも内部被ばくはしますよ〜と園が主催した松本市長さんもおっしゃってたのに(嫌味…)

今すぐ避難できない状況の中、どうやって子どもを守るか…。
仕事をしてるので保育園にいる時間が長いです。
なのでいくら家でできる限り内部被ばくを防護する生活をしていても、
園で外遊びをされたんじゃ意味がありません。

避難できるなら私も今すぐ避難したいです。
でも…避難できる日がくるまで、今はここで園の先生方も巻き込んで子ども達を守ろうと思っています。

園で唯一私と同じ価値観で子どもを守ってきたママさんが、
今月いっぱいで県外の実家へ戻ることになってしまい仲間が1人減ってしまいました…。

彼女の気持ちも私と同じなので快く送り出してあげたいなぁ〜と。
ただ娘の1番の仲良しの子だったので娘には何て話そうか、未だ話せていませんが。
でも他に数人いるママさんにも声をかけてみようかとは思っています。
1人の力ではどうにもならないので…。

結果が出るのは来週以降になると思うのでどうなるか不安ではありますが、
何とか子ども達を守れるように頑張りたいと思います。
結果がでましたらまたお知らせしたいと思います。

今後除染が進むにつれ、このような保育園や幼稚園が増えてくるのでしょうか?
また同じような境遇の方いらっしゃいますか?
久々なのに長々と失礼しました。

金信明さんから:
高橋知事はGOサインを出し、泊は営業運転になってしまいました。
しかし、今は試験運転している原発はありませんから、
それぞれの地元で再稼働反対の声・運動を大きくしていけば、
日本中の原発は止められると確信しています。

 高橋北海道知事が泊原発3号機の運転再開容認する旨の記者会見。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/312306.html

 北海道では、1号機・2号機の運転再開反対や
 1号機・2号機・3号機の廃炉をめざす闘争が今後展開される予定です。
http://mainichi.jp/hokkaido/shakai/news/20110817ddlk01040199000c.html

 東海第2の地元で新たな運動がスタートしました。。
http://tokaijuku.jimdo.com/

松元保昭さんから:
小出先生の「たね蒔きジャーナル」8月17日分の転送です。

経産省、文科省が事故の1ヵ月後、レベル7になった翌日に交付金規則を変えたこと、小出先生「汚いやり方だ」と呆れています。
在日の朴一さんも、「韓国は原発の輸出ばかり考えている」と危機感。

●「小出裕章非公式まとめ」に生の声がアップされています。 
http://hiroakikoide.wordpress.com/

=====以下転送=====
 小出先生のお話、泊原発のことで、営業運転再開であり、定期検査再開のストレステストをせずに再開なのですが、調整運転中のためストレステスト要らないと言うことであり、ス
トレステストの意味も問題なものの、それもせずに営業運転であり、電力が足りないのではない、運転再開の実績を作りたかったと言うことです。来年3月に日本の原発全てが止まる
可能性もあり、泊の定期検査は13ヵ月後であり、調整運転中で、本当は少しだけ動かすものなのに、実際はフル稼働であり、調整運転は検査の最後、フルパワーの運転であり、最終
的な許可が下りて営業運転になるのに、福島事故で調整のまま続いていたのです。今までのルールで運転再開していいのか、問わないといけないのに、運転再開をしてしまったので
す。
 交付金、経産省、文科省が事故の1ヵ月後に、交付金規則を変えて、原発を新しく設置する場合に交付金を増やすのですが、「汚いやり方だ」というコメントであり、苦しい団体だ
とそれに頼る、それをさらに強めるのです。交付金の額を決めるやり方も変えて、原発の大きさに応じて支払われていたものが、発電の実績に応じて交付金が決まること、「これも
汚いやり方だ」、止めている期間を減らしたら金をやると言っているのです。地元は、原発を停止しにくいのです。地元はお金目当てに誘致し、金がなくなると新しいのを作ってく
れと言っていた、それを加速する方向になるのです。原発依存体質から抜けにくくなるのです。

 この交付金のルール変更、小出先生もご存じなかった「だまし討ち」なのです。朴さんも知らず、原発は地域活性化のもの、安全の元でやっていた、朴さん、福井に公立大学設置
の際に、原発反対派の教員が大量採用され、反対運動をやめたら採用してやるということだったのです。保身のため、反対派から沈黙派に変わったのを見てこられたのです。が、小
出先生にはおいしい話はひとつもなかったのです。

 資源エネルギー庁は記者発表せず、官報に公示したのみであり、決めた日がレベル7になった翌日だったのです、そんな時に役所はこういうことをするのです、小出先生も唖然で
す。
 朴さん、韓国の原発事情、韓国も相当の予算で原発開発してきた、国外に輸出(一番儲かるビジネス)、イ・ミョンバク大統領が売り込んでいたのに、福島事故で売れなくなり、
韓国で住民反対運動が激しく、国内で作れないが輸出したい、そのため、日本の状況を調べて、反対派をどうやったら抑えられるか、調べている(実際、小出先生にも朝鮮、韓国の
打診があるのです)のです。
 そこで、日本は偶然が重なり事故になった(地震+津波)ので、韓国ではそうはならないと言いたいのです。小出先生もそれに同意です。また、韓国の推進派、地震+津波で原発
事故で死者はなしという理屈で、急性死者が出なかったのはいいことなものの、所在の知れない作業員もいて(永岡注:NHKの報道で143名、毎日テレビの報道で184名行方不
明)、ひょっとして(急性死者の出ている可能性もある)、という疑念もあるのです。

 朴さん、広島、長崎のひどい目をして、なぜ原発をやったかという意見もあり、小出先生も、被爆国だから平和的に使うべきと思われていて、韓国は、日本は3回目の原爆被害であ
り、汚染水放出で韓国は激怒しており、また中国でも原発をやっており、新幹線事故もあり、中国の原発が事故になれば日本も韓国もただでは済まない、原発を減らすなら、日本、
韓国、中国が協力しないといけないと朴さん言われて、小出先生、原子力をする国だけがやるのは泥棒が自分を取り締まるようなものと言われました。

 核の平和利用すら危ない、北朝鮮のことも、日本がどうするか言わないと説得力なしと朴さん言われて、小出先生、日本でも核武装をもくろんでいたので、他人事ではないので
す。

山口千春さんから:
「原発いらない!9・11千葉に集まろう」へのさまざまな取り組みのお願い

私たちは、3月11日の東日本大震災ー福島第1原発事故から6ヶ月後の9月11日、
「原発いらない」の気持ちをひとつにして、大きな行動をしていきたいと考え、実行委員会を作りました。
既成の考えや枠組みを取り払い、趣旨に賛同する個人・団体が集まって、会合を重ねています。
 
3月11日に発生した東京電力福島第1原発での大事故により、今なお海も空も大地も汚染され続け、
人や動物や自然を傷つけています。特に子どもたちや原発労働者の被曝は深刻です。

千葉県内でも、ホットスポットと呼ばれる放射線量が高い地域が広範にあり、
子どもの健康を案ずる親たちが、声をあげ始めています。

佐賀県の玄海原発2、3号機の再稼動をめぐっては、九州電力の「やらせメール」が明らかになりました。
この問題を発端にして、次々とヤラセが発覚しています。

一方、九州電力本社前では、100日を超える座り込み行動が続けられ、地域の交流の場となっています。
そのような中おこなう9月11日の行動へ、みなさまの取り組みのお願いです。

★千葉県・近県にお住まいの方へのお願い
 ●9月11日、ご参加ください
 場 所:千葉市中央公園(千葉パルコ隣)
 内 容:13時〜 ライブ&アート・・・ネイティブアメリカンの太鼓やJAZZetc.
14時〜 集会(フリートークタイムあります)
15時30分〜 デモ
デモはにぎやかにアピールしたいので、いろんなものを持って、いらしてください!なんでもあり!!

【音でアピール♪】 楽器、手作り楽器:お菓子の缶とビールの栓抜きで太鼓、空のペットボトル2つでカスタネットetc.
【言葉でアピール!】 ウチワや傘にマジックで書いたり、メッセージボードetc. 旗、横断幕etc.
【ファッションでアピール#】 メッセージTシャツ、着ぐるみ、コスプレetc.

 ●実行委員会にご参加ください
8月22日(月)19時〜
千葉市民会館 4階
(宣伝方法と当日のイベント内容について話しあいます)
★遠方の方も、お近くの方も、お願いします
●おひろめください
*メールの転送をお願いします。
*HPを、ブログやHPにリンクしていただけると嬉しいです。
http://911chiba.web.fc2.com

もろもろの連絡先:このメールへの返信
090−2553−2587 i_nagano at dreamcar.co.jp 

   ◆◇◆◇◆◇◆◇♪♪♪♪♪♪♪  ◆◇◆◇◆◇◆◇

  __★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろぱ★☆___
Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
     午前10時から午後5時 (日曜日は休み)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場 所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
   ★☆(ひろば現場)の専用携帯番号 090-1324-8588 ★☆

***********************************
〒812−0041
福岡市博多区吉塚5−7−23
電話   080-6420-6211

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内