[CML 011334] 福島原発マーク?型は20年前に廃止すべきであった(元米技術者証言)

石垣敏夫 motoei at jcom.home.ne.jp
2011年 8月 16日 (火) 08:15:56 JST


福島原発マーク儀燭錬横闇前に廃止すべきであった(元米技術者証言)

  もうご存じだと思いますが、8月14日NHKETV特集アメリカ発・福島原発事故の深層は画期的な報道でした。
米国の元設計技術者デール・ブライディンボウさんが福島第一事故は起こるべきして起こった
マーク儀燭錬横闇前に廃止すべきであった、と証言しました。
日本は米国の原発を受注、途中で設計変更しても米国ではやらない、
設計変更料も支払い、米国の良いお客さんであった。
米国でも安全問題を討議すると企業側からの圧力がかかり、真相が解明されないままに、
安全という方向に流され、それが日本に伝わっていた、とのこと。
小出五郎、後藤政志さんが解説。後藤さんは今回の事故の反省の上安全な再生エネギー開発に力を注ぐべきで
、日本はその技術力がある、とのことです。近く再放送されると思います。国民・市民は必見の番組です。
                              (2011.8.16石垣)


CML メーリングリストの案内