[CML 011320] この5ヶ月をふり返って

長船 青治 pencil at jca.apc.org
2011年 8月 15日 (月) 00:33:34 JST


9条改憲阻止の会MLと、市民のMLと、民衆のメデイア連絡会 
MLと、福島共同デスクMLにマルチポストします。

重複して受け取るかたにはお詫びします。

皆様へ

「東日本大震災緊急支援市民会議の記録」というブログを現在鋭意作成 
中の長船です。

http://seijiosafune-shushu.blogspot.com/

ついでに宣伝するとこの5ヶ月間、まったく更新できなかった個 
人的HP「暗黒幻想録」を再開しました。

http://www.jca.apc.org/~pencil/

同会議は3月中に第1回東北支援トラックを出してから 
7月末に第11回まで平均2泊3日の支援行動を継続で 
きた理由は

全国のメンバーから200万円に上るカンパと物心両面において支 
援してくれた生協Pシステムさまの他無償提供を申し出て

くれた地域友人らの農園のかたがたが居られたからこそ継続したとまた 
被災地のかたがたに喜ばれかつ歓迎されたのだと

思います。

さて5月1日に<福島老朽原発について考へる会・ふくろう 
の会>他主催の福島集会の分科会でお会いした南相馬市在住の

弁護士の西山さんのブログから「南相馬市の実情」全6回をご紹 
介いたします。

西山さんの文中「子ども達はスクールバスで30キロ離れた鹿島区 
の学校へ、」というのは今日現在の情報ですが、

それは全部で何名くらいなのでしょうか?つまり南相馬市全体で帰還し 
てきた市民が4万5千人くらいと

発表されていますが、このうち未就学児童の数および義務教育の対象者 
数および高校生の数を発表すべきでは

ないでしょうか?

それは鹿島区給食センターで小・中学校の給食の内容まで言及されてい 
ないのですが、少なくともわれわれがいつもの小さな

1.5トンの支援トラックで野菜と果物を何カ所かのボラセン物資セン 
ターに降ろしていて得るかすかな情報からだといまだに

大手スーパーなど業者からの物流は回復しているとは言えないようです。

「ひばり法律事務所HP」

http://hibari-law.com/2011/08/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<東日本大震災緊急支援市民会議>
長船 青治
〒160-0004  東京都新宿区四谷4-23
第1富士川ビル302イメージユニオン気付け
Tel: 03-3356-9932 Fax: 03-5368-8194
Cel: 080-3445-2451
shiminkaigi311 at gmail.com
pencil at jca.apc.org
http://twitter.com/sosafune
<東日本大震災緊急支援市民会議の記録>
http://seijiosafune-shushu.blogspot.com/
暗黒幻想録
http://www.jca.apc.org/~pencil/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



CML メーリングリストの案内