[CML 011294] 8/1低線量被曝の国内調査結果を基にしての国会質疑。知られざる原発被曝労働岩波ブックレットなど

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2011年 8月 13日 (土) 17:55:32 JST


転送・転載歓迎


京都の菊池です。

青春リアル 

NHKEテレ:毎週金曜 午前0時〜0時24分(木曜深夜)
毎週土曜 午後11時30分〜11時54分(再)
http://www.nhk.or.jp/ss-real/

08月12日の放送
特別シリーズ 福島をずっと見ているTV vol.3
テーマは、「農業」です。
<心を込めて植えた田んぼの苗。
しかし、すくすくと育ったとしても、放射性物質に汚染されていれば食べてもらえないかもしれない 。
秋にできる私たちの米。
国が「安全だ」と言った場合、みなさんはどうしますか?>
・・・
詳しくは
http://www.nhk.or.jp/ss-real-blog/history/index.html
を参照ください。

が、

今日8/13土曜
午後11時30分〜11時54分
NHKEテレ
再放送予定です。

ご都合つきましたら、ご覧ください。


昨日8/12放送された(後日再放送あるかもしれません。
オンデマンドでも見れるかもしれません)
追跡!A to Z  
スペシャル
NHK総合8月12日(金)午後10時55分〜
【第3夜】福島第一原発 作業員に何が?
http://www.nhk.or.jp/tsuiseki/file/next.html#0812

を見ての紹介を
坂井さんが書かれました。
[CML 011282] 原発は闇社会が支えている
2011年 8月 13日 (土) 00:40:39 JST
http://list.jca.apc.org/public/cml/2011-August/011150.html

よろしければお読みください。
再放送がありましたらぜひご覧ください。




関連して、


扶桑社の週刊誌
SPA!8/16・23号
32〜33ページ
神足裕司のニュースコラム
これは事件だ
736回
は


低線量被曝データはあった。
なぜ誰もそれに言及しない?


の表題で

8月1日、参議院復興特別委員会の古川俊治議員による質疑
を取り上げています


※低線量被曝データが存在?
と題して

福島原発事故以降、放射性物質拡散と低線量被曝の危険性について政府は、国際放射線防護委員会(ICRP)の基準を元に、安全との見解を示してきた。
だが8月1日、参議院復興特別委員会の古川俊治議員が
放射線影響協会の資料を示し、低線量被曝の国内調査結果が存在すると主張。
それまで同件の国内調査結果はないとされていた。

と解説があり、


低線量被曝の国内調査結果はないとされていた。が

8月1日、参議院復興特別委員会において
古川俊治議員は

22万7000人ばかりを調査した、立派な調査があります。

と

文部省の委託を受けた財団法人放射線影響協会が作った
「原子力発電施設等放射線業務従事者等に係る疫学調査(第鹸調査)平成17年度〜平成21年度」
原発で働く人を対象にした追跡調査

をあげ、

国会で発言しています。
このSPA!の神足さんのニュースコラムは
その発言を取り上げ解説しています。


古川議員
「放射線従事者の方々は長期被曝しておられます。
一般の方々と比べた場合、癌のリスクは1.04倍になります。
明らかに偶然では説明できない差をもって、放射線従事者のほうが、癌がたくさん発生してるんですね」

※ 原発などで働く放射線業務従事者の
通常の放射線被曝限度は、
1年で50ミリシーベルト、5年で100ミリシーベルトと定めている。
であれば、少なくとも限度以内では安全、と思う。
ところが、1.04倍。100人に4人は癌の発症が増える。
・・・


古川議員
「この放射線従事者の方々の平均の被曝線量は累計で13.3です。
20ミリシーベルト以下ですね」

※ そして、労災認定の例を挙げる。


古川議員
「過去に癌を発症して労災認定をされた方は10人いますが、
最も少ない人は
5ミリシーベルトの被曝だったんですよ。
政府が被曝との因果関係を認めてるわけですよ」

※ 5ミリシーベルトの労災認定とは、
中部電力浜岡原発で働いていた孫請け会社元社員・嶋橋伸之さん(当時29歳)が
慢性骨髄性白血病で1991年に死亡し、1994年に認定されたものだ。
嶋橋さんの放射線管理手帳によれば、
約8年10か月で
累積被曝線量は50.93ミリシーベルト。
従事年数で累積線量を割れば、
約5.6となる。

※文部省が決めた
校庭利用限度は20ミリシーベルト


・・・
最も大きな問題は原子力安全委員会が持っていた緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム「SPEEDI」を5月2日まで公表しなかった点だ。
 細野首相補佐官(当時)が「(公表すれば)パニックになるから」と言ったことを指摘し、古川議員は
「被害を知らなかったとすれば無能だが、故意に隠したなら刑事責任を問われる」
・・・
※
菅政権が無能かどうかなど問題ではない。原発事故への対応は犯罪だった。これが核心である。


・・・
菅首相は「(SPEEDIを)知らなかった」と応えた。

(古川議員の)
今後の福島県の調査で数十年後癌患者が増える、その補償をどうする、
との問いに
海江田経産相は
訴えてください
と答弁をした。
・・・

とのこと。


・・・
従来ないとされていた低線量被曝の影響データは、実は日本にある。
あるのに国は目を留めず、この日のやり取りは、どの新聞もTVも取り上げていない。

とコラムは文を締めくくっています。


たしかに、この古川議員の質疑を
マスコミは取り上げていないように思います。


検索してみると記事は見当たりませんでしたが


ニコニコ動画
8.1 参議院東日本大震災復興特別委員会 古川俊治議員:自民
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15182302


YouTube
2011年08月01日 15:48 投稿 
8.1 参議院東日本大震災復興特別委員会 古川俊治議員:自民
http://www.youtube.com/watch?v=9S-oHfuZhTg

と発言を動画を見れます。

またネットで、次の紹介記事はありました。

 8月1日放送 13:00 - 17:22 NHK総合 

国会中継 自由民主党 古川俊治

http://datazoo.jp/w/細川律夫/7489596


ちなみに
このSPA!今号には、
26ページ〜
放射性物質を含んだ汚泥、その処理、そしてそれが利用される園芸土、公共工事、セメント、肥料についての記事を
土井里沙さんのコメントもつけて
掲載しています。


古川議員の質疑に関連して


岩波書店の
岩波ブックレットの今の一冊のページより
http://www.iwanami.co.jp/hensyu/booklet/


・・・
No.390『知られざる原発被曝労働 ――ある青年の死を追って』
 藤田 祐幸
好評発売中

 3.11以後,福島の原発については,日々報道されています.
その現場で,きびしい状況のなかで働いている人が,たくさんいらっしゃることも,報道されています.
そして被曝もされていることも,またしばしば報道されています.
 この本は,1996年に刊行されたものですが,ぜひ読みたいという声が寄せられ,今回,復刊いたしました.
 副題にもあるように,ここには,原発労働者として働いていた青年が亡くなったことについての,労災認定をめぐっての軌跡が書かれています.
同時に,ほとんど知られていなかった原発労働の実態も描かれています.
 長いときを経て,いま,この本が必要とされる時代がきたことを,複雑な思いで受け止めながらも,多くの方に読んでいただければと思います.
 なお,この本は,電子書籍にもなります.各電子書店サイトからお買い求めいただくことができます.
(2011.8)
・・・


また、
雑誌
POSSE vol.11
〈3・11〉が揺るがした労働POSSE
/高橋哲哉/木下武男/岡田知弘・・・

も興味深いです。

目次
http://www.npoposse.jp/magazine/no11.html

を参照ください。




菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)



CML メーリングリストの案内