[CML 011288] 「国際戦略コラム」F氏、DQNはこんなことにも。

T. kazu hamasa7491 at hotmail.com
2011年 8月 13日 (土) 12:57:46 JST


ni0615田島です
 

驚きました。
福島民報がバクテリアで「元素変換」ができると、
呪い師まがいの記事を出して、翌日WEBから削除しましたが、

◆県民を小馬鹿にする福島民報のインチキ記事
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/2386038/

WEB上には、その記事を推奨する書き込みが消えていません。
 

驚いたのは、その熱心な推奨者の中に、
河内謙作氏が去年の秋の尖閣問題において、
「信頼できる分析師」として盛んに推奨していた『国際戦略コラム』の
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/in1-m.htm
F氏がいたではありませんか?    
 

◆4066.微生物を活用した除染実験2011.08.04F
微生物を活用した除染は、元素を変換した可能性がある
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/230804.htm

この表題を聞いただけで、多くの人が引いてしまうと思うんですけど、

今の世の中はそうではないのでしょうか?
殆どオカルト。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
バクテリアリーチングで、品質が低い鉱物を濃縮する方法として、バクテリアを

利用する技術はあったが、田崎和江金沢大名誉教授の微生物を活用した除染は、

元素を変換した可能性があるという。

この前に、タンザニアの首都ドドマ近郊の町バヒで放射線が高い土壌から細長い

糸状菌を発見し、この糸状菌が、セシウムを吸収していることを発見した。この

糸状菌を今回も持ち込んだとすると、単に、濃縮したことになるが、福島民報記

事では、セシウムをバリウムに変換したという。 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

福島民報記事をきちんと評価して批判しない態度に、

読者は卒倒するのが普通だが、F氏は次のように続ける。 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
もし本当なら、植物で元素変換が出来ることになり、これは大発見になる。これ

は、間違いとは思うが、セシウムの濃縮で線量が下がることだけで、今後の土壌

改良の方法が発見できたことになり、意味がある。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

おいおい、本当なのか間違いなのか?
Fの旦那、どっちでやんす??

本当だと思いたいんだろうな、Fさん、

サブタイトルに期待が込められている。

「微生物を活用した除染は、元素を変換した可能性がある」


読者(客)にインチキの飴玉をしゃぶらせるためにも。

(苦い笑)

 

拝 

 

  		 	   		  


CML メーリングリストの案内