[CML 011287] 【8月19日、京都に足立力也さんがやってくる】 「オーストラリア・コネクション ~ウラン輸出国から​見たフクシマ」

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2011年 8月 13日 (土) 12:37:23 JST


「オーストラリア・コネクション ~ウラン輸出国から​見たフクシマ」
http://www.facebook.com/event.php?eid=131239073635634
 
 原発に使われる核燃料のもととなるウラン。日本で使わ​れている
ウランのうちオーストラリア産は実に3分の1を占めます​。
臭いニオイを元から断つ方法はないものか――
そう思いついた私は、オーストラリア5都市を回り、
ウランの鉱山開発と輸出をやめられないか、話して回りま​した。
実は、オーストラリアでも、福島由来の微量の放射能が検​出されています。
この「放射能の里帰り」を期に、ウラン輸出への受け止め​方も変わりました。
オーストラリア緑の党の助力を得て、各地で大勢の方に話​を聞いていただき、
メディアにも多数取材を受けました。
その報告を皆さんにお伝えしたいと思います。
この手の話には日本・豪州ともに先駆者が何人もおり、
最近その末席を汚しております。
先達のご意見もいただきつつ、原発を止める数多の方法論​のひとつとして
「供給側から原発問題を考える」というアプローチを皆様​に
少しでもご紹介できればと思います。
皆様のお越しをお待ち致していります。
(みどりの未来・足立力也)
 
日時:8月19日(金)18:30~20:30
 
場所:かぜのね(京都市左京区田中下柳町7-2/075​-721-4522)
http://www.kazenone.org/
 
問い合わせ:足立力也(info at adachiriki​ya.com)
 
参加費:500円
 
※終了後、かぜのねカフェスペースにて懇談会を行います​。
よろしければそちらにもご参加ください!
  		 	   		  


CML メーリングリストの案内