[CML 011267] 1Bqの摂取が与える預託線量Sv

T. kazu hamasa7491 at hotmail.com
2011年 8月 12日 (金) 10:55:15 JST



ni0615田島です。
 どうやら夏バテのようです。

 

『1Bqの摂取が与える預託線量Sv(預託線量係数Sv/Bq)』 
添付しました。

http://www16.atwiki.jp/pipopipo555jp/pages/3138.html

 

 

 

益岡さんと東京大学の影浦峡さんのご協力で、 
I-131、Cs-134、Cs-137 網羅しました。
 
IRRP Publ 72(これは英語版しかなく猛烈に高価)を持っていない私が 
一面識もない影浦さんに請いすがったのです。
 

「換算プログラム」にCs-134、を急遽加えてくださったのです。 
http://panflute.p.u-tokyo.ac.jp/~kyo/dose/ 

 

私の表や景浦さんの換算プログラムは、 


1)福島県健康調査の先行調査報告(放医研)の読み解き・批判

 

2)飲食物による内部被曝の計算  
(1回の摂取ごとに計算したものを合計するため) 


に役立つと思います。
 

 

ところで皆さんにクイズを差し上げます。 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 

(1)「預託線量とは、一生食べ続けたときの線量」です。 


Q1. 〇か× 

 


(2)水道水がI-131で暫定基準値を超えたとき、ある主婦はとびきりの名案を思い付きました。
 「水道水をありったけのペットボトルに入れて冷凍庫で凍らせばいいわ。 
 8日間で放射能は半分になるのですから。 
 8日目まではペットボトルを買うけど、そのあとは冷凍庫のを子どもに飲ませます。」 


・・・(これは実際にテレビに投書されたもので、コメンテーターたちは一様に) 
「なるほどなるほど」「アッ頭いい!」と感激。 


Q2. 〇か× できればその理由 

 


(3)(仮定の家庭のはなし) 
9月の新学期が始まり、ある母親が、 
ひとり息子の幼稚園生のある日の給食のベクレル数を知りました。 
(どうやって知ったかは不問)

 Cs134が1Kgあたり5Bqでした。 
Cs137は1Kgあたり6Bqでした。 


1年間に200回の給食があるとして、ひとり息子が給食から受け取る預託線量は、 
1年間でどのくらいになるでしょうか? 
(「幼児」として計算してもよいかも) 


Q3. 予測計算してみてね。式も。 

 


(4)預託線量係数とは 


a) 口の中に入れたり肺に吸ったりした放射能物質の量=摂取量(Bq)に掛け算して、 
人体影響指標である線量mSvを求める係数である。

 b)摂取した放射能物質が体の組織に取り込まれた量=沈着量(Bq)に掛け算して、 
人体影響指標である線量mSvを求める係数である。

 
Q4.どっち? 

 


(5)預託線量係数の中には、 
乳児>幼児>大人の順になっているものが多いのですが、

 これは、 
「放射線に対する細胞の感受性、子どもと大人の違いによるのです。」
 

Q5. 〇か× できればその理由

 

 

拝
                                      

  		 	   		  


CML メーリングリストの案内