[CML 011252] 8/13 (土)2011平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動「3・11後の東アジア──原発とヤスクニが牲強いる国家と犠牲」(転載)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2011年 8月 11日 (木) 01:36:45 JST


紅林進です。
   
  8月13日(土)に開催されます「2011平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動
  3・11後の東アジア──原発とヤスクニが牲強いる国家と犠牲」のご案内を転載
  させていただきます。

   
  (以下、転送・転載歓迎)
   
    □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  2011平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動
  3・11後の東アジア
──原発とヤスクニが牲強いる国家と犠牲
  □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  日 時 8月13日(土) 午後1時〜(開場 午後0時30分)
  場 所 全電通労働会館(御茶ノ水駅から徒歩4分)
東京都千代田区神田駿河台3丁目6 TEL03―3219―2211
  地図:http://www.ntt-union.or.jp/union/user/contents/about/map-access.html
  行き方MAP:ttp://www.jsce.or.jp/committee/pavement/kankyou/map.pdf#search=''
  参加協力券 1,000円
  プログラム
  ■4地域実行委員会あいさつ
  ■シンポジウム 「3・11後の東アジア─原発とヤスクニが強いる国家と犠牲」
パネリスト
高橋哲哉さん(東京大学教授)
韓洪九さん(韓国・聖公会大学教授、平和博物館理事)
石原昌家さん(沖縄国際大学名誉教授)
潘朝成さん(台湾・慈濟大學講師)
  ■コンサート+遺族証言
【遺族証言】韓国、日本、沖縄から
【コンサート】ソン・ビョンフィ(韓国)、ムン・ジンオ(韓国)、林廣財【リン・クァンツァイ】
  (台湾・飛魚雲豹音樂工團)
  ■キャンドルデモ
  ●パネリスト紹介
高橋哲哉(1956年福島生まれ)
東京大学大学院総合文化研究科教授。二十世紀西欧哲学を研究し、哲学者
  として政治・社会・歴史の諸問題を論究。また、靖国問題、歴史修正主義や歴史
  認識論争、戦後責任論における論者。
  韓 洪 九(1959年ソウル生まれ)
ソウル大学大学院国史学科卒業。1999年、米国ワシントン大学史学科で、文学
  博士号取得。現在、聖公会大学大学教授。平和博物館理事などを兼務、韓国
  現代史を見直す新しい韓国の歴史家として注目を集めている。
  石原昌家(1941年台湾生まれ)
沖縄国際大学名誉教授。社会学者。戦後、沖縄県首里に戻る。大阪外国語大学、
  大阪市立大学大学院をへて、現職。また、沖縄返還後は戦跡のガイドも務めている。
   
  潘 朝 成(1956年生まれ)
ケラマン族。現在、慈濟大學講師。
昨年も「平和の灯を! ヤスクニの闇へ キャンドル行動」台湾代表として、詩人・
  莫那能(パイワン族)とともに参加。
  ●主 催:平和の灯を! ヤスクニの闇へ キャンドル行動実行委員会
H P:www.peace-candle.org
連絡先:E-mail:peacecandle2006 at yahoo.co.jp
TEL03−3355−2841
FAX03−3351−9256(四谷総合法律事務所)

 


CML メーリングリストの案内