[CML 011228] 【報告】第111日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2011年 8月 9日 (火) 23:06:38 JST


青柳です。8月9日。

【転送・転載大歓迎】
原発とめよう!九電本店前ひろば: 第111日目報告
 呼びかけ人(4月20日座り込みから8月8日現在総数1367名)
http://www.nanjinggenpatsu.com/hangenpatsu.html
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】(8月8日1名)
     ヤナセ

皆様からの ひろぱ・想い・感想・ご意見等をお待ちしています。

 ★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★

横田つとむ さんから:

青柳様

お疲れ様です。

最近 マス・メディアには 原発の記事はあまりのらなくなりました。

たくさんの記事を探して 大事なものを広げなくてはならないと思います。

朝日に載っていた 福島3号機 再溶融の記事も見落とすことのできないものです。
ブログで 紹介しました。

あんくるトム工房
福島3号機 再溶融    http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1420 
ピース・ウォーク       http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1419

藤本修子(小倉タイムス)さんから:
おはようございます。
今日は立秋。
残暑 御見舞い
申しあげます。

いつもありがとうございます。

メールは知らない人、お目に
かかったこともない人
とも繋がっている気分です。
ありがとうございます。

ご自愛を。

ひろば 7月5日まで専従者 ヤナセ さんから: 
<私の変わりに東京集会に行っていただきました>

お久しぶりです。
東京集会 感想は、…Zenko が脱原発運動始めたのは今回からみたいで、
ドイツ、韓国、インドネシアなどからパネリストが来ていましたが、
皆さん話しが長く(日本人も)自分自身の疲れからか、
はたまた集中力がないからなのか、常に眠かった。
小坂さんの話しは力強く、参加者から沢山の拍手をもらってました。
僕が気になった事は会議場て出た弁当や、初日にご馳走になった中華料理、
31日の最後にあったフェアウェルパーティーで出た食事。
会場には子供も居ましたが、『何処で採れた食材?』あまり、いや気にしていなかった。

全国議題の中に『子供達の学校給食を安全な物に!』と、
盛り込まれていましたが、給食は1日の中の一食。
東京で暮らしてますが、安全性を確認?出来る食料はほんの一握り。
行政は機能していません。
家の周りの土、落葉、雨樋に溜まってたゴミ、掃除して集めましたが、
『家庭ゴミとして普通に出していいの?』
福島に近い土地になればなるほどひどくなっていくんでしょうか?
もし、玄海で事故が起きれば、佐賀はもちろん九州の各県は住民の安全を守れないでしょう。
確実に。 だって東京でこれだもの!          

大分市 島田雅美 さんから:
青柳さんへ
  長い間、本当に御苦労さまでした。引き続き、メールも毎日ありがとうございます。 

 私の方も元気で、九州電力大分支社前行動は、8月4日で1ヶ月過ぎました。
福岡のFさん、村上さん、激励ありがとうございました!
 毎日16:00頃家を出て、大分支社前までは、ほぼ一本道なので、「原発いらない、
命が大事!」と書いたプラカードをかかげて、15分間位支社前に向かって歩きます。 

帰りも同じスタイルです。この道を、私流に「原発いらないストリート」と名付けました。
 毎日、社長宛の要請書を提出して、16:30〜18:00まで支社前にプラカードをかかげて 

立ちます。昨日(8月8日)は2人でした。
 今のところ、年中無休です。近隣の人たちとすっかり顔なじみになって、「毎日、
ゴクロウサン!」と言って、冷茶や果物・かき氷などの差し入れがありました。
雨の日も、カンカン照りの日もありますが、道行く人々の反応がおもしろくて、
やめられません。みなさんも是非、最寄りの電力会社の本社・支社・営業所の前で
1人でも2人でもかまいませんので、始めてみては如何ですか。
 どうぞ、横田さんやテント村のみなさんにも、くれぐれもよろしくお伝え下さい。
        2011年8月9日午前10時00分 

青木幸雄(宮崎の自然と未来を守る会青木)さんから:
昨日(2011.8.8)九電に申し入れを行いました。申し入れ書を手 
渡した後、質疑応答や訴え等約2時間10分。大人は約 
40人、子どもを入れれば約50人が参加。原発事故で宮崎に避難し 
てこられている人たちの訴えが心にささりました。対応した九電広報グ 
ループ長も訴えに拍手。時折見せる人としての顔も、返答する時は組織 
人。「原発は、安全性を大前提だが原発は電力供給に不可欠」との答。 
3.11以降も全く変わりなし。「九電よ、変われ!」
申し入れは次の3点。

1、川内原発1、2号機及び玄海原発1、2、3、4号機はもう動かさ 
ないでください。
2、川内原発3号機増設計画は白紙撤回してください。
3、“やらせメール”などの民意偽装行為、マスコミを使った世論誘導 
的宣伝行為はやめてください。

報道では多分初めてのことですが、MRT宮崎放送が川内原発と宮 
崎県の関係を地図に作成し、川内原発で事故が起これば宮崎県も被害を 
免れないとの視点で、申し入れの様子を報じました。

MRT宮崎放送:川内原発停止を求め市民グループが申し入れ
http://www.mrt-miyazaki.co.jp/localnews/?newsid=00000473
尚、写真を1点添付しておきます。

谷本 美毅 さんから:
青柳 さま
 お疲れさまです。
 猛暑が続きますが、疲れは取れましたでしょうか。
 
 YouTubeに掲載するための動画を制作します。
 取材を受けていただける方を募集します。
 タイトルは <九州 脱原発?人間の鎖 Men & Women>(仮題)という3分程度の人物紹介とインタビュー、脱原発人物列伝です。素
朴なインタビューです。50人100人くらいになれば、そこそこ壮観になるでしょう。
 内容は1 インタビュー<なぜ脱原発を訴えるのですか?>(45秒)
    2 人物紹介(45秒)
    3 インタビュー<脱原発のため何か実行していますか?>(45秒)
       実行していることも少し紹介。
    4 インタビュー<九州人に訴えたいことは?>(45秒)

 脱原発を願う人々の想いや行動を次々に紹介して、九州の方々に見ていただきたいと思います。
 条件はインタビューに顔を出して答えていただける方。名前はイニシャルでもニックネームでも結構です。
 3の実行していることは、何でも結構です。例えば、脱原発の意識でニュースを観たりや新聞を読む、ネットで情報を集めている、
また事故後「何となく原発は危ないなと考えだした」でもOKです。
 取材の方法について。
 1 打合せ:まず撮影に先立って30分程度打合せをさせていただきます。
   打合せの中でインタビューの内容を絞り、撮影する項目と日時、場
所を決めます。
 2 撮影当日。撮影時間はインタビューが約30分、そのほか撮影する項目(脱原発のために実行していること)によって裂いていた
だく時間も違ってきますが、なるべく手間をかけずに取材したいと思います。
 3 YouTubeでの発表は順不同ですが市民運動をされている方と、3月12日の原発事故後に「何かできることはないか?」と脱原発を
訴えるようになった、いわばフツーの人を交互に出していこうと考えていますが、どちらかというとフツーの人々が主役です。その方
が数が多いのですから。
 こちらから声をかけていきますが、取材を受けてもいいとお考え方、ぜひ谷本までご連絡ください。
 yt.annrakutei at nifty.com

ギャーさんから:
またメールしちゃいます。
8・6の広島では、「在特会」の連中が6人位で、「核武装」をがなりたてて、いきまいていたみたいですね。釜ヶ崎のおっちゃんた
ちがぶち切れて、文句を言いに行っていたみたいですよ。福岡でも私らがカンパ活動をしていたりすると、「愛国党」が、街宣カーで
「コジキ」とか「国賊」とか言って、突っかかってきますよ。大型バスで突っ込んでくるパフォーマンスをやられたこともあります。
私が山谷でいっしょに暮らしていた仲間が二人、右翼に殺されています。原発が国策として核武装と一対のものであるというところに
切り込んでいくと、こうした動きも強まると思います。原発をなくすという一人ひとりの生きざまは、右翼の人たちにとっては、自分
たちの拠って立つ私有財産制を、すなわち一人占めのための競争で成り立っている社会の有り様を脅かすという、正しい恐怖から来て
いるものと思われます。しかも、彼らは資本家のようにマネーで勝負するのではなく、腕力などの暴力で勝負しようという人たちです
よね。むき出しの暴力で、他者を言いなりにしようとする人たちです。(もちろん、お金の世界も、法律を押し付けるにも、資本家に
とっての国家の権力とい
う暴力がバックにひかえているから成り立っているのですけどね。(*^m^*) ムフッ)もう、天皇のもとに、一人ひとりの人たちが言い
なりにさせられて、同じ働く仲間を殺す戦争なぞしたくはありませんものね。なんか脱線しちゃいましたか?核の持つ破壊力がみんな
のつながりを強くしていることに心強く思います。放射線の遺伝子などへの破壊力が、再び広島や長崎で繰り広げられた差別を繰り返
すのを見過ごしにしない新たなつながりを築いていきたいですね。長々とおしゃべりをしてしまいました。それではまた、ごきげんよ
う!

___★☆ 原発とめよう!佐賀県・玄海町・九州電力・国へ要請★☆___

       ★私たちの声と行動で再稼働は止められます★
<佐賀県>
・秘書課 FAX:0952−25−7288
      TEL:0952−25−7007
・原子力安全対策課
      FAX:0952−25−7269
      TEL:0952−25−7081
          メールアドレス:genshiryokuanzentaisaku at pref.saga.lg.jp
・古川康佐賀県知事 ツイッターアカウント:@furukawayasushi
・佐賀県知事あてメールフォーム:https://www.saga-chiji.jp/teian/top.html
・佐賀県議会・原発安全対策等特別委員会委員長 木原奉文議員 kihara at houbun.jp/FAX 0952-32-7560
・佐賀県庁 TEL:0952−24−2111 FAX:0952−25−0753
・自民党佐賀県連 FAX 0952-25-3180

・玄海町長に対する抗議メール soumu at town.genkai.lg.jp
・玄海町役場  TEL:0955-52-2111 FAX:0955−52−3041

・九州電力  TEL:092-761-3031
・九州電力社長室 FAX:092-761-6944

<経済産業省へ>
・原子力発電立地対策広報室
     FAX:03−3580−8493
     TEL:03−3501−1511
<海江田万里経産相へ>
・国会事務所 FAX:03−3508−3316
                    TEL:03−3508−7316
<その他>
・原子力安全・保安院 (広報課) TEL:03-3501-5890

__★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろぱ★☆___

Twitter フェイスブック ミクシー で拡散してくださる方は、
以下をお使いください。【拡散希望】・・・・・・・・・・・・・・・・
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
    午前10時から午後5時 (日曜日は休み)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場 所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
★☆(ひろば現場)の専用携帯番号 090-1324-8588 ★☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


CML メーリングリストの案内