[CML 011225] 【大緊急!】全国パワーで泊原発3号機を止めよう!

杉原浩司(Koji Sugihara) kojis at agate.plala.or.jp
2011年 8月 9日 (火) 15:25:36 JST


東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/みどりの未来)です。
政府、経産省は、泊原発3号機について「再稼働には当たらない」と解釈
したうえで、安全委員会の評価を加えた「二重チェック」の体裁を整える
ことで、営業運転の再開を強行しようとしています。事態は早いスピード
で動いています。一つでも多くの声を形に![転送・転載歓迎/重複失礼]

泊3号機、安全委も審査 政府方針「再稼働に当たらず」(8/9、北海道新聞)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/310708.html

調整運転中の泊原発、営業運転再開へ詰め(8/9、読売新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110809-00000096-yom-bus_all

[関連資料]
泊3号機「営業運転再開は違法」道内の主婦らが提訴(8/2、北海道新聞)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/309256.html

北海道泊原発3号機の営業運転再開は許可できない(脱原発の日のブログ)
http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-10972681972.html

【営業運転再開を認めないよう緊急に要請を!】

◆菅直人首相
[国会事務所](FAX) 03-3595-0090   (TEL) 03-3508-7323
[首相官邸]   (TEL) 03-3581-0101 (意見を伝えることができます)
[ご意見募集] https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
[官邸災害ツイッター] @Kantei_Saigai

◆海江田万里経産相
・国会事務所 
(FAX) 03-3508-3316  (TEL) 03-3508-7316
(E-mail) office at kaiedabanri.jp

◆枝野幸男官房長官
・国会事務所
(FAX) 03-3591-2249   (TEL) 03-3508-7448

◆細野豪志原発担当相
・国会事務所
(FAX) 03-3508-3416  (TEL) 03-3508-7116

◆経済産業省
・原子力発電立地対策広報室
(FAX) 03-3580-8493  (TEL) 03-3501-1511

◇高橋はるみ北海道知事
(FAX) 011-232-0162

◇北海道庁・原子力安全対策課
(FAX) 011-232-1101   (TEL) 011-204-5011
(E-mail) somu.genshi1 at pref.hokkaido.lg.jp

…………………………………………………………………………………………

<以下は北海道からの呼びかけです。可能な方は訴訟へのカンパを!> 

泉です。拡散希望です。

8月1日, 泊3号機本格運転再開差し止め訴訟を提訴しました。
http://www.youtube.com/watch?v=6Ijv2nEQPIo

今後も、脱原発と原発震災被災者支援の2本立てで、活動を続けて行きたい
と思います。

つきましては、訴訟の支援を呼びかけます。添付をご覧ください。
このメール対する返答は tachibana at dominiren.gr.jp
あるいは kaori-izumi at ta3.so-net.ne.jp までお願いします。

下記、呼びかけ文です。
___________

「泊原発3号本格運転再開差し止め訴訟」へご協力を!

「福島」の検証もないままの再稼働なんて、おかしいですよね

福島事故の収束も検証もされぬまま、泊原発3号が再稼働されようとしています。これは黙認することはでき
ません。玄海原発は、福島以後最初に稼働する原発になるかもしれないということで、佐賀の市民団体の方たち
が頑張って、再稼働を止めました。その後、大飯1号(福井県)がトラブルで止まり、泊3号が「福島」以来最初
に再稼働する原発になるのを何とか止めようと、今全国で活動がされています。「泊3号再開」問題は、もはや北
海道だけの問題ではなく、全国の脱原発への分かれ目となる大問題となっています。
そこで、急遽8月1日「泊3号の再開差し止めを求める」訴訟・仮処分を申立てました。 

訴訟の目的は、「海江田大臣は、泊原発3号機の営業運転再開を認めるハンコを押すな」ということ
です。先日発表された、「泊原発の廃炉をめざす訴訟」と連携するものです。
道内に住む38人の市民が原告となり、弁護団と力を合わせてがんばっていきます。皆さんの大きなご支援をよろしくお願いします。
(仮処分の申立についての審尋は、今月中にも始まる見通しです(訴訟の第1回弁論は秋ぐらい)。

みなさんへ  活動資金への募金にご協力下さい
裁判費用その他で、150万円ほどかかる予定です。裁判に勝ち抜くためにも、ぜひ募金にご協力を

◆郵便振替 02750−1−84997 「泊3号再開差し止め訴訟の会」

原告代表:斉藤武一・泉かおり 連絡先:泉(090-2695-1937) 橘(090-2072-3913)

道民パワーで泊原発3号機を止めよう!

★★★★

お知らせ: 
8月13日 土 村田三郎さん講演会  かでる2.7 13:30−15:30  主催:福島の子どもたちを守る会・北海道 (チラシ添付)
8月28日 日 「泊3号機を止めよう!」 札幌デモ 13:00 大通公園集合 13:30 デモ開始

連絡先: 泉(090-2695-1937) 橘(090-2072-3913)

★ 広瀬隆さん北海道連続講演会

10月16日、函館「福島から広がる放射能の恐怖──瓦解した東京電力が狙う大間原発をつぶせ!」
10月17日、室蘭、「福島から広がる放射能の恐怖──泊原発は即刻廃炉にせよ!」
10月18日、岩内、「福島から広がる放射能の恐怖──泊原発は即刻廃炉にせよ!」

(連絡先:泉 09026951937)




CML メーリングリストの案内