[CML 011215] 今こそ「もんじゅ」廃炉に向け全力闘争を! FW: [Alt-g8 1890] 首相、再処理見直しも議論を もんじゅ廃炉含め検討

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2011年 8月 9日 (火) 00:19:44 JST


今こそ「もんじゅ」廃炉に向け全力闘争を!ここが勝負時です!9・11の全国的・全民衆的な圧倒的な闘いで「もんじゅ」を廃炉に!
 
From: k-yuriko at octn.jp
To: alt-g8 at list.jca.apc.org; husen at pmb.biglobe.ne.jp; tohyou9 at yahoogroups.jp
Date: Mon, 8 Aug 2011 23:09:43 +0900
Subject: [Alt-g8 1890] 首相、再処理見直しも議論を もんじゅ廃炉含め検討

重複ご容赦下さい。

国会答弁ですから、まさか「個人的認識だ」などとは言わないでしょう・・・
きちんと政府の方針となり、廃炉に向けた具体的工程を進むことを願います。

☆ 中日新聞(共同通信)2011年8月8日 19時54分

首相、再処理見直しも議論を もんじゅ廃炉含め検討
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011080801000632.html

 【写真】高速増殖炉原型炉もんじゅ=6月、福井県敦賀市

 菅直人首相は8日の衆院予算委員会で、今後目指すとしている原発に依存しない社会について「原発依存の中には、使用済み燃料の再処理や、もんじゅも含まれている」と述べ、使用済み核燃料再処理工場の見直しや、高速増殖炉原型炉もんじゅの廃炉も含め検討を進めるべきだとの認識を示した。
 社民党の服部良一氏の質問に答えた。
 菅首相は「使用済み燃料の処理、放射性廃棄物の処分やプルサーマルの在り方、高速増殖炉など核燃料サイクル政策についても予断を持たないでしっかり検討することが必要な時期だと考えている」として、政府のエネルギー・環境会議で議論すると説明した。

☆ 毎日新聞 2011年8月8日 20時00分

菅首相:「もんじゅ」廃炉を含め幅広く検討の必要と答弁
http://mainichi.jp/select/seiji/news/m20110809k0000m010062000c.html

衆院予算委で社民党・服部良一氏の質問に答える菅直人首相=国会内で2011年8月8日午後2時25分、藤井太郎撮影 菅直人首相は8日の衆院予算委員会で高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)について「原発に依存しないでもやっていける社会を目指す。この中には使用済み燃料の再処理、もんじゅも含まれる。この方向性を計画的、段階的に目指していくことが必要だ」と述べ、今後の核燃料サイクルなど原子力政策全体を見直す中で、もんじゅの廃炉を含め幅広く検討する必要があるとの認識を示した。社民党の服部良一氏への答弁。
首相は、使用済み核燃料や高レベル放射性廃棄物の処理について「長期に安定的に管理し、後世に悪影響を残さないで済むかが極めて深刻な問題、原子力の持っている本質的な問題点だと認識している」と強調した。
日米両国などがモンゴルに使用済み核燃料の中間貯蔵・最終処分施設を建設する極秘計画については「我が国で発生した使用済み燃料や高レベル放射性廃棄物を外国で貯蔵、処分することは現時点では考えていない」と述べた。【西田進一郎】



☆ NHKニュース 8月8日 20時20分  

首相 核燃料サイクル見直しを
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110808/k10014783461000.html

菅総理大臣は、衆議院予算委員会で、高速増殖炉「もんじゅ」など、国が推進する「核燃料サイクル」について、中長期のエネルギー政策を議論するなかで見直しを含め検討する考えを改めて示しました。
この中で、菅総理大臣は、中長期のエネルギー政策の見直しについて、「先月29日にまとめた中間整理では、原子力政策を徹底検証し、新たな姿を追及することを打ち出した。まさに今、そのことが必要な時期だと考えている」と述べました。そのうえで、菅総理大臣は「原発に依存しないでもやっていける社会の中には、使用済み核燃料の再処理の問題や、『もんじゅ』のことが含まれている。結論を今言うのが適切だと思わないが、いろいろな重要課題があるなか、しっかりと検討を進めていきたい」と述べ、国が推進する「核燃料サイクル」を見直すことも含め検討する考えを改めて示しました。一方、G7=先進7か国の財務相と中央銀行総裁が発表した緊急の共同声明について、野田財務大臣は「金融市場の緊張が高まるなか、連帯して行動していくことを確認した。今の段階で効果をどうこう申し上げるところにはなく、引き続きマーケットの動向を注視していきたい」と述べました。


*************************************
近藤 ゆり子  k-yuriko at octn.jp

〒503-0875 岐阜県大垣市田町1-20-1
TEL/FAX 0584-78-4119
外出時のみ携帯 090-8737-2372

徳山ダム建設中止を求める会
http://tokuyamadam-chushi.net/
事務局長ブログ
http://tokuyamad.exblog.jp/
************************************* 		 	   		  


CML メーリングリストの案内