[CML 011148] 「被ばく受容」御仕着せのために駆り出される「皇室」

T. kazu hamasa7491 at hotmail.com
2011年 8月 4日 (木) 21:15:07 JST


秋篠宮親娘は、「放射能空襲被災県、被災都市福島慰問」に出かけたのか。

 

ni0615です

福島民報記事です

http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4107&mode=0&classId=&blockId=9874404&newsMode=article

 
ふくしま総文開幕 若き才能「文化力」発信

 「文化部のインターハイ」とされる第35回全国高校総合文化

祭(ふくしま総文)は3日、開幕した。初日は4市町で7部門が

始まり、全国の高校生が日頃の活動の成果を発表し、交流を深め

た。


 このうち、福島市の県立美術館では美術・工芸部門の作品展示

が始まった。全国の高校生が計410点を出展。大勢の来場者が

訪れ、若い感性が光る彫刻や絵画など作品を鑑賞した。


 会津若松市では新聞、写真の両部門が開幕し、作品展示の他、

生徒同士の交流会を催した。自然科学、日本音楽、特別支援学校、

産業・交流の各部門も始まり、全国に東日本大震災被害から立ち

直る力強いふくしまの姿をアピールした。

 

 4日は総合開会式を會津風雅堂で行うほか、新たに開幕する囲

碁、小倉百人一首かるた、文芸、将棋を加えた計11部門を実施

する。


 ふくしま総文は文化・芸術活動に取り組む全国の延べ2500

校の高校生約1万2千人が参加する。震災と東京電力福島第一原

発事故の影響で一時は実施が危ぶまれたが、部門の一部を他県に

移すなど規模を縮小し、開催にこぎ着けた。


 大会は7日まで県内4市2町を会場に15部門が繰り広げられ

る。本県の生徒約3400人がスタッフとして参加し、大会の運

営を支える。 


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
■秋篠宮ご夫妻、佳子さま きょうご来県 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 秋篠宮ご夫妻と次女の佳子さまは4、5の両日、ふくしま総文

の総合開会式出席などのため来県される。


 ご夫妻と佳子さまは4日、会津若松市の會津風雅堂で行われる

ふくしま総文の総合開会式に臨席。5日は同市の県立博物館で写

真部門の作品を鑑賞した後、福島市に入る。福島市音楽堂で合唱

部門の発表、コラッセふくしまで特別支援学校部門と産業・交流

部門会場の作品を鑑賞される。
 
【写真】美術・工芸部門の生徒の力作が展示され、初日からにぎ

わう福島市の県立美術館 



(2011/08/04 09:05)  		 	   		  


CML メーリングリストの案内