[CML 009209] 大阪、ノーモア尼崎事故、生命と安全を守る4.24集会 と尼崎、4・25追悼と安全のつどい2011

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2011年 4月 24日 (日) 09:12:56 JST


転送・転載歓迎


京都の菊池です。

関西は、4月25日を迎えます。

JR西日本福知山線尼崎事故についての取り組みが今日、明日行われます。ご都合つきましたら、ぜひご参加ください。
また、ぜひ多くの人にお伝えください。


4・25ネットワーク (JR西日本福知山線脱線転覆事故 遺族・負傷者のネットワーク)
のホームページ
http://www.4-25.net/index.shtml
をぜひご覧ください。


また、
がんばれ闘争団ともにGO!(国鉄闘争共闘会議)のホームページ
http://www7b.biglobe.ne.jp/~tomonigo/

の
新着ニュース欄に

JR尼崎事故の刑事訴訟が継続して、報告されています。
ぜひお読みください。


注目されるJR尼崎事故の刑事訴訟(11/01/31)

注目されるJR尼崎事故の刑事訴訟 その2(11/03/03)  

注目されるJR尼崎事故の刑事訴訟 その3(11/03/14)  

注目されるJR尼崎事故の刑事訴訟報告 4
 供述内容否定の真相―曲線でのATS設置をめぐって―(11/04/18)

注目されるJR尼崎事故の刑事訴訟報告 5
「恥知らず!」な証人達 ―安全対策という名の労務管理―(11/04/18)

注目されるJR尼崎事故の刑事訴訟報告 6
 ―他人事と会社保身の「安全対策」―(11/04/20)

注目されるJR尼崎事故の刑事訴訟報告 7
 省令基準を無視し、金もうけに走ったJR西日本(11/04/22)


取り組みの案内を転載します。




福知山線尼崎脱線事故6周年を考える!
繰り返されるJRの事故隠し体質と責任転嫁,
  日航の違法解雇など・・・

ノーモア尼崎事故、生命と安全を守る4.24集会

4/24(日曜)午後2時〜

場所 国労大阪会館3階
 (大阪市北区錦町2‐2。JR天満駅下車、徒歩5分)
会場・資料代500円


主催
ノーモア尼崎事故、いのちと安全を守る集会実行委員会
呼びかけ人 有田 修(国労兵庫地区本部)
 平田 尚(国労近畿地方本部)079-834-3409


※午前11時〜
事故現地にて、献花します。
(10時半JR尼崎駅集合)


主な内容
〇講演
山崎前社長の「業務上過失致死傷」裁判とJR西日本の体質
 桐生隆文さん(JRの安全と人権を!株主・市民の会)
〇JR職場の実態、「追悼という労務管理」の実態、いのちと安全を掲げて(国労新幹線保線)他、
〇日本航空被解雇者の訴え
〇相互討論、等


 107名のいのちを奪ったJR福知山線の脱線事故から6年目を迎えます。
ご遺族にとっては、7回忌にあたる今、事故の過失責任を求めて争われている裁判(神戸地裁101号法廷、業務上過失致死傷事件)では、
関係者証人の検察調書の否定と目をおおう責任逃れの証言が続いています。
 「無謀な想定外の130K運転が事故を生んだ」としてひとり、担当運転士(27歳)の責任として、
事業者経営者としての一切の責任を回避するJR西日本の姿勢は、
信楽線衝突事故で裁かれたはずの「責任逃れと事故隠しの体質」を一層鮮明に示しています。

 安全の確証もなく

人員削減やスピード化をはかり、

急カーブの線路を付替え、

必要なATS等の設備も整備せずに放置した責任は、

事業者として、経営者として厳しく断罪されるべきでしょう。

 ワーキングプアや非正規雇用を拡大させ、労働者を使い捨てる社会、それに手をかし、推進する政府行政や自治体 日本の企業社会全体が病んできています。
人権や尊厳をもった労働者の闘いと市民のいのちと安全をまもる運動はどうあるべきでしょうか?
 事故を学び、その教訓をいかすとはどういうことか?一緒に考えてみましょう。


喉元過ぎれば・・・事故前に戻るJR西日本







4・25“JR福知山線脱線事故 追悼と安全のつどい  2011 ”のご案内です。



JR福知山線脱線事故 追悼と安全のつどい 2011 ・・なぜ事故が発生したのか・・
〜遺族とJR西日本による共同検証の到達点〜


あの事故で亡くなった家族の7回忌を迎える今、
遺族とJR西日本は共同して、今回の事故を惹き起した企業としての組織的・構造的な問題点について検証してきました。
その結果のまとめを公表することになりました。
これを土台にしてJR西日本が“安全”な公共輸送として立ち直っていくよう、その取り組みを今後も確認していくことが必要です。

・・・亡くなった家族の悔しさへの報いとともに、社会の安全基盤の再構築を願いつつ・・・


●日 時:2011年4月25日(月)13時30分〜17時00分
●会 場:尼崎アルカイックホール・オクト
 13:30    開会
 13:40〜14:20  「事故に関わるJR西日本の組織的・構造的問題点」  4・25ネットワーク

   世話人 淺野 弥三一氏
 14:20〜15:00  「事故の反省を踏まえた安全な鉄道の構築」       西日本旅客鉄道株式会社
                                             代表取締役副社長 西川 直輝氏    
     〜 休 憩 〜
 15:20〜16:30  「事故の加害者と被害者による共同検証の意義」    作家 柳田 邦男氏
 16:30〜17:00  「情報漏えい問題の検証メンバーとして」           弁護士(TASK) 佐藤 健宗氏
 17:00   閉会  
●主 催:追悼と安全のつどい2011実行委員会
●後 援:尼崎市・思いをつなぐ連絡会(4月25日を忘れない)
      鉄道安全推進会議(TASK)・4?25 支援弁護士グループ
      西日本旅客鉄道株式会社
●事務局:4・25ネットーク 筺06-6375-0425




菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)





CML メーリングリストの案内