[CML 009204] FW: 小出さんDVD「福島原発で何が起こっているのか」−その2−

佐川 ようこ kabokabochatomatomato at hotmail.co.jp
2011年 4月 24日 (日) 04:45:37 JST


みなさま
 
森の映画社の影山さんより以下のメールが届きました。
なるだけ早く、必要な人に届けたいと思い、
24日(本日)行われる芝公園のデモに1と2を数枚持参します。
購入希望の方でデモに参加される方は
09083448966に連絡ください。
よろしくお願いいたします。
 
佐川

 
> Date: Fri, 22 Apr 2011 11:58:50 +0900
> Subject: 小出さんDVD「福島原発で何が起こっているのか」−その2−
> From: marinesgohome at gmail.com
> To: morinoeigasha at gmail.com
> 
> みなさま
> (DVDをご注文いただいたみなさん、上映等でお世話になった皆さんにお送りしています)
> 
> <原発震災・ニューズリール>のNo.2が出来ましたのでお知らせします。
> No.1に続き、小出裕章さん(京都大学原子炉実験所)に4月14日にお話をうかがいました。
> 
> また、4月15日に阪南中央病院の村田三郎医師にお話をうかがった
> 「No.3”「被曝とは 彗瞭眸鑁と体外被曝”、No4"「被曝とは◆彁匐,糧鑁・労働者の被曝”も現在編集中です(4月27日にDVD完成予定)」
です。

> 
> 札幌では、No.2〜No.4の緊急無料上映会を4月28日(午前午後)・29日(終日)にエルプラザ・環境研修室で行います。
> (タイムテーブルなど詳細は、後ほど)
> 
> ★「福島原発で何が起こっているのか」 −その2−★
> 
> (主な内容〜東京の古荘さん記)
> 3月25日のインタビューの後の事故の推移を、小出裕章さんは、東電の出したデータに基づいて、科学者としての冷徹な目で分析しています。破局に至らないための苦闘が続いているが、破局が避けられると、誰にも断言できないことが、小出さんの分析から、よく分かります。
> 
> 後半で、私たちはこの事故と、どう向き合わなければならないか、かなり厳しい見解を話されました。
> 
> 農魚業を守るために、汚染の事実は公表した上で、出荷制限はすべきではないこと、子どもに汚染したものを食べさせないこと、子どもをヒバクから守る覚悟は、すべての大人に課せられていること。
> 
> 反対し続けてきたけれど停められなかった責任、推進してきた人々の責任、そして今まで考えずに電気を使ってきた人々の責任に言及しています。
> 
> (その1)とあわせて、ぜひご覧ください。
> 
> ご購入頂くDVDで、自由に上映会、勉強会など開いてください。
> お一人で、数人で、勉強会のために、ぜひ活用してください。
> 
> ★ご注文方法★
> http://america-banzai.blogspot.com/2011/04/dvd420.html
> 
> 上記サイトに取り扱い場所の一覧があります。
> 最寄の取り扱い場所でご購入ください。
> 
> 影山事務所のご注文は、メールでお願いします。
> (撮影・上映などで事務所が不在の事もありますので)
> 
> 枚数、送り先ご住所・ご氏名をご連絡いただければ、請求書と払い込み用紙を添えてDVDをお送りいたします。
> 小さな事務所で撮影・編集と並行しての作業ですので、なるべく周りの方々の分など、取りまとめてご注文いただければ大変、助かります。
> 
> ご協力ください。
> 
> 
> 小出 裕章(京都大学原子炉実験所)
> 「福島原発で何が起こっているのか」
> −その2−
> DVD・60分 頒価 1000円 (送料込み)
> 製作・著作 森の映画社・影山事務所
> 監督 藤本幸久/インタビュアー 影山あさ子/撮影 栗原良介
> http://america-banzai.blogspot.com/
> 
> -- 
> 影山あさ子
> tel & fax 011-206-4570
> キャラバン&作品の上映案内は以下からご覧いただけます
> http://america-banzai.blogspot.com/
 		 	   		  


CML メーリングリストの案内