[CML 009107] ◆4/30〜劇場公開『 君はなぜ戦争に行った?-イラク戦争帰還兵の沖縄- 』

m-kawa71 at taupe.plala.or.jp m-kawa71 at taupe.plala.or.jp
2011年 4月 19日 (火) 14:03:22 JST


こんにちは、イラク平和テレビ局inJapan 川島です。

映画「君はなぜ戦争に行った?−イラク戦争帰還兵の沖縄−」は
沖縄から北海道の全国で自主上映会が行われています。
いよいよ4/30〜5/20シネヌーヴォにて劇場ロードショウが始まります。
ぜひお誘い合わせの上お越しください。
★5/1はスペシャルイベント開催します。

************転送歓迎*******************

★4/30〜5/20劇場公開!『 君はなぜ戦争に行った?-イラク戦争帰還兵の沖縄- 』

【場所】シネヌーヴォX(アクセス)
「梅田」・「なんば」から地下鉄御堂筋線に乗車。「本町」で地下鉄中央線
に乗り換え、「九条」下車、6番出口から徒歩3分(アーケード商店街を進み
パチンコ・オメガを右折、次を左折、「やまと薬局」を右折すぐ/阪神なん
ば線「九条」駅2番出口徒歩2分(駅の案内地図をご参照下さい)


【日程・時間】詳しくは、シネヌーヴォXのHPをご覧下さい。
http://www.cinenouveau.com/sakuhin/iraku.htm

【チケット】
 当日一般 1000円、前売り券 800円 (Pコード:462−759)
 5/1スペシャルイベント 当日券1200円 前売り券 1000円 (Pコー
ド:557−735)
 劇場窓口、メディアスタジオSANA、セブンイレブン、サークルKサン
クス他にて好評発売中!!


★5月1日(日)19:40〜 公開記念スペシャルイベント
           
『君はなぜ戦争に行った?』、特別作品「ポスターガール」

      イラクからゲストを招いてトークショー
                       
     SANAテレビバグダッド支局長 サーレフ・アル・イラキさん


『 君はなぜ戦争に行った?-イラク戦争帰還兵の沖縄- 』

時間  48分
制作年 2011年
制作  イラク平和テレビ局inJapan

2010年IVAW(イラク反戦帰還兵の会)の元米軍海兵隊員ブライアン・キャス
ラー(26才)が来日した。
自らの戦争体験と入隊経過を語る。そしてかつて配属されていた沖縄を訪れ
る。「17才の時、母がガンと診断され多額の医療費で貧困状態となりまし
た。18才の時母は他界しその1ヶ月後、海兵隊に入ったのです。大学に行くた
めに軍隊にはいるしかありませんでした」貧困から軍隊へ。沖縄戦の戦跡、
普天間基地、美しい名護・辺野古の海を訪れ、沖縄の若者たちと交流するブ
ライアン。戦争と基地、若者の貧困問題はアメリカも日本も同じ・・・。戦
争と貧困のない世界の希望が見える。

●同時上映 

 屮ぅ薀 占領に立ち向かう−真実を映す民衆メディア・サナテレビ−」
 時間 34分
 制作年 2010年 
 制作  イラク平和テレビ局inJapan  著作 サナ衛星テレビ
 内容  米軍による占領が8年以上続くイラク。犠牲者は100万人を越え、
失業と貧困に苦しむ人々、難民、女性、子どもたち。しかしそこには占領
に立ち向かい、人間らしい社会を取り戻す市民、労働者、IFC(イラク自
由会議)の闘いが湧き起こっている。自由で勇敢な独立テレビ局・サナ衛星テ
レビの開局(2007年)から3年間の映像を集大成して、イラクの真の姿を伝え
る。



◆屮献磧璽蝓璽秒篭茲凌諭后櫂ぅ薀国内難民は訴える−」

 時間  24分
 制作年 2008年
  製作  日本語版 イラク平和テレビ局inJapan 著作 サナ衛星テレビ
 内容  イラク占領以来、国内外の難民は450万人に達する。サナ衛星テレ
ビの取材クルーは国内難民が廃墟のようなビルに住みついているバグダッ
ド・ジャーリード地区を取材した。外から見たら近代的なビルだが、内側は
まさに廃墟。ゴミは回収されずに、ビルの1階の中央ホールにあたるところ
に上から投棄されている。階段には手すりはない。部屋に入っても、外壁さ
えもない。住民は「寒いときには死にそうになる」という状態だ。

「2008年バグダッド、サドルシティ− 〜米軍による空爆被害〜3月25日−
5月4日」
  時間26分
  製作年 2008年
  製作 日本語版 イラク平和テレビ局inJapan  著作 サナ衛星テレビ
  内容 
 2008年3月25日から5月4日にかけて、アメリカ軍はバグダッドの
サドル・シティーを包囲して攻撃した。この時期、ブッシュ政権は「3万人
による派兵拡大のおかげでイラクでは治安が回復し、市民の犠牲が大幅に減
った」と宣伝していた。しかし、サドル・シティーではアメリカ軍によって
200万人の住民が7週間にわたって孤立させられ、救急車が銃撃され病院
も爆撃された。死者は数百人以上と言われている。サナテレビは米軍の戦争
犯罪による市民の被害を唯一撮影し、イラク、中東、ヨーロッパに放映し
た。




CML メーリングリストの案内