[CML 009072] よろしければ学校現場での取り組みを教えて下さい。 子どもの年間被ばく限度は20ミリシーベルトなのか

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2011年 4月 17日 (日) 11:58:39 JST


よろしければ学校現場での取り組みを教えて下さい。 子どもの年間被ばく限度は20ミリシーベルトなのか ほか


転送転載可


京都の菊池です。

福島県に住む子どもたちは

政府や文部省によって

年間の累積被ばく放射線量
を

10ミリシーベルトであることも許されず、
その倍の20ミリシーベルト
(福島原発事故が起こるまでの
年間の累積被ばく放射線量1ミリシーベルトの20倍)
を許容するように求められます。

政府、文部省が決めたので、

学校現場で(保育園、幼稚園でもでしょうか)

大人たちは

子どもたちに

年間の累積被ばく放射線量20ミリシーベルト

を許容するよう求めていくことになるのでしょうか。もう行っているのでしょうか(政府が年間の累積被ばく放射線量20ミリシーベルトまでは大丈夫だといっているから大丈夫だよと教えていくのでしょうか)




郡山の教員がイラストレーターの方とつくられた
子どもたちを被曝からまもろうというチラシ

を教えていただきました。
ダウンロードして
どなたでも使ってくださいということでしたのでご紹介します。

とのこと

「子どもの未来」
http://kodomonomirai.jimdo.com/」


福島現地だけでなく
全国で、教職員組合などで、
政府が原子力政策を推進している日本にある東京電力の福島原発で事故が起き、放射性物質の流出が続いていることでの放射能被害を考え、
子どもたちの健康、命、未来を守る取り組みが、
行われていたりしていましたら、
よろしければ教えてください。

学校現場とみんながつながりよい方向へ進んでいけたら思います。


次の取り組みが行われていることを教えていただきました。


子どもの年間被ばく限度は20ミリシーベルトなのか

by 福島老朽原発を考える会
 グリーン・アクション 美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)



美浜の会のホームページ
http://www.jca.apc.org/mihama/index.html

からです。
「計画的避難区域」の年間被ばく線量20ミリシーベルトと、
福島県内の学校の放射線被ばく安全基準についての質問書

子どもの年間被ばく限度は20ミリシーベルトなのか

原子力安全委員会 御中
文部科学省 御中

 政府は、「計画的避難区域」について、年間被ばく線量を20ミリシーベルトと設定し、それ以下の場合は避難の必要なしとする見解を示している。
 今回、福島県内の学校の放射線被ばく安全基準について、内閣府原子力安全委員会
は4月13日、年間の累積被ばく放射線量について「子どもは10ミリシーベルト程度に抑えるのが望ましい」との見解を示し、10ミリシーベルトを目安とするよう文部科学省に伝えたと報道されている。この経緯について原子力安全委員の代谷誠治委員は記者会見で、「校庭で土壌から巻き上げられた放射性物質を吸い込み、内部被ばくする場合のあることを考慮すべきだ、少なくとも大人の半分をめざすべきだ」と述べた。
 ところがその後、文部科学省は4月14日の参議院文教科学委員会で、「基準は20ミリシーベルト」と答弁した。
また、4月15日の閣議後の会見で高木文部科学大臣は、「目標は20ミリシーベルト」と語り、子どもの年間被ばく限度も一般人と同等に扱うとしている。

(1)文部科学省は、子どもにも一般成人と同じ20ミリシーベルトの年間被ばく限度を適用するという見解なのか。
 そうであれば、その理由と根拠を示すこと。

(2)子どもの放射線にたいする感受性は成人よりも高く、より厳しい基準が必要である。文部科学省としては、子どもについて、どの程度考慮すべきと考えているのか。

(3)安全委員会は、「計画的避難区域」の年間被ばく限度20ミリシーベルトという見解を示している。
 ,海慮解は、安全委員会としていつ発表したのか、その文章を示すこと。
 △海慮解の根拠を示すこと。
 「計画的避難区域」について、子どもの被ばく限度に関する設定はあるのか。

(4)安全委員会の代谷誠治委員は、「子ども10ミリシーベルト」について、個人的見解とも述べている。これは個人的見解なのか、安全委員会としての見解なのか。
 安全委員会としての見解であれば、この見解をどのように文部科学省に伝えたのか。文章があれば示すこと。

(5)文部科学省が示した、子ども20ミリシーベルトの被ばく限度は撤回し、少なくとも現行の1ミリシーベルトを維持するべきではないか。

 2011年4月15日
   福島老朽原発を考える会
      東京都新宿区神楽坂2-19 銀鈴会館405 共同事務所AIR
 TEL/FAX 03-5225-7213

   グリーン・アクション
      京都市左京区田中関田町22-75-103 
TEL 075-701-7223
FAX 075-702-1952

   美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)
      大阪市北区西天満4-3-3 星光ビル3階
TEL 06-6367-6580
FAX 06-6367-6581

(11/04/15UP)


また、
[CML 009058] 低線量被曝は大丈夫か?
2011年 4月 16日 (土) 23:41:02 JST
http://list.jca.apc.org/public/cml/2011-April/008934.html
を教えていただきました。




東北関東大震災下で働く医療関係者の皆様へ――阪神大震災のとき精神科医は何を考え、どのように行動したか
http://homepage2.nifty.com/jyuseiran/shin/shin00.html


OurPlanet-TV
http://www.ourplanet-tv.org/
(このサイトは非営利のインターネット放送局NPO法人OurPlanet-TV の管理、運営している動画サイト)

「ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
http://jp.wsj.com/

「うずみ火」
ホームページ
http://uzumibi.com/
ブログ
http://uzumibi.no-blog.jp/

グリーンアクション:Green Action
http://www.greenaction-japan.org/modules/jptop1/

原発を許さないみんなへのリンク
http://japan.nonukesasiaforum.org/japanese/link.htm

原子力安全研究グループhttp://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/


原子力資料情報室 
http://www.cnic.jp/

CODE海外災害援助市民センター事務局
http://www.code-jp.org/

武田邦彦さんのブログ
http://takedanet.com/

田中優さんのブログ
田中優の'持続する志'
http://tanakayu.blogspot.com/

たんぽぽ舎
http://www.tanpoposya.net/

チェルノブイリ子ども基金   
http://homepage2.nifty.com/chernobyl_children/index.html

日刊ゲンダイ
http://gendai.net/

日本マスコミ文化情報労組会議(略称MIC)
http://www.union-net.or.jp/mic/

ノーニュークス・アジアフォーラム ジャパン
http://www18.ocn.ne.jp/~nnaf/

ハイロアクション 福島原発40年
http://hairoaction.com/

母子疎開支援ネットワーク[hahako]
http://hinanshien.blog.shinobi.jp/

被災地NGO恊働センター
http://www.pure.ne.jp/~ngo/

福島☆復興プロジェクト
http://ameblo.jp/fukufuku-project/

ふくろうの会 福島老朽原発を考える会
http://homepage3.nifty.com/fukurou-no-kai/

美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会
http://www.jca.apc.org/mihama/index.html

森住卓のフォトブログ
http://mphoto.sblo.jp/

心援隊
HP:http://kajipito.net/shinentai/
ブログhttp://ameblo.jp/shinentai/
Twitter:http://twitter.com/_shinentai/
  『心援隊』 & 『NGO風人ネットワーク』
 ★代表:南ぬ風人まーちゃんうーぽー(山下正雄)
URL:http://www.painukaji.com
ブログhttp://ameblo.jp/upo-nokiseki/
ツイッターhttp://twitter.com/marchan_upo/

もよろしければご覧ください。


※
関西圏ドキュメンタリー<等>上映情報(KDML)
(http://www1.vvjnet.biz/kdml)
の
過去ログ
http://www.freeml.com/ctrl/html/MessageListForm/kdml@freeml.com

や

市民社会フォーラム(HP http://sites.google.com/site/civilesocoietyforum/ 
の
ブログ
 http://civilesociety.jugem.jp/

や

CML(Civil mailing list/市民のML) 
(総合案内 http://list.jca.apc.org/manage/listinfo/cml)
の
保存書庫
 http://list.jca.apc.org/public/cml/

に、

東北関東震災、福島原発についての情報が掲載されていっています。よろしければご覧ください。

菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)



CML メーリングリストの案内