[CML 009015] 放射線測定バッジ「個人配布を」

ohata ohata-yu at r5.dion.ne.jp
2011年 4月 14日 (木) 19:50:21 JST


大畑豊です。

福島の友人が、市民個人個人の被曝量を市民主体で計測していこう、ということ
を提案してましたが、その費用等が課題でした。行政が取り組むならその心配は
なくなりますね。

http://www.jiji.com/jc/eqa?k=2011041400725&g=fdg
> 放射線測定バッジ「個人配布を」=福島県と国に提言−国立がんセンター
> 
>  国立がん研究センター(東京都中央区)の嘉山孝正理事長らは14日、同セ
> ンターで記者会見し、医療従事者が放射線を取り扱う業務の際に使う放射線測
> 定器具「フィルムバッジ」を、福島県の住民に配布することを県と国に提言す
> ると発表した。
>  嘉山理事長によると、測定器具は外部被ばく線量を測定するため、国内で約
> 44万人の医療従事者が胸などに着けて使用。1カ月間といった一定期間ごと
> に線量を測定する機関に送る。費用は1人1回3000円程度で、送付後約2
> 週間で結果が返ってくるという。
>  同センターは約2万人分のフィルムバッジが入手可能といい、嘉山理事長は
> 「福島県の方々が安心して生活できるように最大限の協力をしたい」と話した。
> (2011/04/14-18:50)




CML メーリングリストの案内