[CML 005779] 読めない菅内閣の行方

.SEKIGUCHI ryugan-myoue at kne.biglobe.ne.jp
2010年 9月 30日 (木) 00:56:38 JST


題名に書いたとおりですが(苦笑)
菅内閣の行方はどうなるのでしょうか。障害者団体のある有力者は小沢さんの手
法をファシズムだと、斬って捨てます。政調を潰したからです。小沢さんが政調
を存続させる、と公約していたら、勝敗は違っていたかとも思います。

ともあれ、厚生労働省は大臣が替わって、こちらとしてはそれだけは良かったの
ですが、菅さんは官僚主導という言説を見ると本当なら大変だと思います。

地域主権改革は障害者にとっては、ナショナルミニマムの破壊としか思えないの
で、小沢さんが勝っていたらえらい事になっていた、と思います。しかし、確か
に左翼の一部は小沢さんを支持したのでしょうが、左翼はファシズムを望まない
でしょう。菅内閣のこの間の中国とのやり取りを見る限り、最初から日本の国益
を損なうマズイやり方とも思えます。どう決着するのかも読めませんし、今後の
国会運営で何が起こるのかも予測出来ません。

議員定数削減も気にかかります。

勿論、未来予測は不可能ですが(笑)この先のシナリオが読める方、現在の布置
図が分かる方に解説して頂きたいと思いメールしました。宜しくお願いいたしま
す。

関口明彦 拝



CML メーリングリストの案内