[CML 005728] フィリピンで話題の映画&ダムに沈む村を描いた映画

重松朋宏 shigtom at gmail.com
2010年 9月 24日 (金) 15:47:56 JST


東京・国立市の重松朋宏です。

国立市でのピースウィーク平和映画祭も、残り2日となりました。

明日あさって上映する4本の映画は、
海外で話題になった映画や、
配給元の倒産により各地での上映が滞っている映画、
日本未公開映像(字幕入り)など、
めったに観られない貴重な映像ばかりです。

1日2本の映画を観て監督の話を聞いて、当日券1300円とオトクです。
通し券(パスポート券)は2000円、高校生は半額、中学生以下は無料です。

東京近辺にお住まいの方、ぜひ足をお運びください。

明日は徳山ダムに沈む村の日常を描いて話題になった『水になった村』と
日系フィリピン人をめぐる風刺のきいた劇映画『アボン』の上映&監督トークです。
超オススメ。

映画祭にあわせて、10月末まで18の多彩なイベントも行います。


┏【転送歓迎】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ピースウィークinくにたち2010 『まちじゅうが映画館』平和映画祭
┃9・25(土)『水になった村』『アボン 小さい家』上映会&監督トーク
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         http://blog.goo.ne.jp/kunitachipw/


■主 催 ピースウィークinくにたち2010実行委員会
■連絡先 TEL/FAX:042-573-4010(スペースF気付)
     :kunitachipw at mail.goo.ne.jp
■後 援 国立市
     国立市平和都市宣言10周年記念事業

───────────────────────────────────
日にち 2010年9月25日(土)10:30〜21:00
場 所 くにたち郷土文化館
     国立市谷保6231 TEL:042-576-0211
     ★JR南武線・矢川駅南口下車 徒歩8分
     ★JR中央線・国立駅南口 「国立操作場」又は
      「都営和泉二丁目」行きバスで「くにたち郷土文化館」下車1分

●『水になった村』
 (大西暢夫監督/92分/2007年/ポレポレタイムス社)
  上 映 10:30〜12:00 16:00〜17:30

 1957年、岐阜県徳山村に日本最大のダム建設の話が広まった。
 村の人口は約1600人。住民たちは近隣の街につくられた移転地
 へと引っ越していくが、何家族かの老人たちが街から戻って来る。
 村には季節ごとに土地で採れるものを大切にする、暮らしの知恵
 や技があった。2006年秋、工事が終わり、ダムに水がたまり始め
 る…。ジジババたちの変わりゆく暮らしに寄り添った15年間の記
 録。第16回EARTH VISION地球環境映像祭・最優秀賞受賞。

●『アボン 小さい家』
 (今泉光司監督/111分/2007年/日比NPO共同制作)
 上 映 13:00〜14:50 18:00〜20:00(監督メーキング版)
 監督トーク 15:00〜15:45 20:05〜20:50

 フィリピンに移住した日系イゴロット民族が暮らしているアボンに
 は、戦時中には日本軍にも米軍にもスパイ扱いされ、フィリピン人
 からも虐待を受けた歴史があった。日系3世のラモットの妻は、生
 活費を稼ぐため日本に出稼ぎに、子どもは実家の山奥の村に預け
 られる。自給自足に近い生活を送る祖父母から、子どもたちは自
 然と人間の貸し借りの関係を学ぶ。イゴロットを初めて正面から取
 り上げ、フィリピンでも話題を呼んだ、笑いと涙と風刺が詰まった劇
 映画。

───────────────────────────────────
日にち 2010年9月26日(日)10:30〜16:30
場 所 一橋大学西キャンパス・西本館26番教室
     国立市中2-1 TEL:042-580-8000
     ★JR中央線・国立駅南口下車 徒歩6分
      大学通り西側キャンパス 時計台前広場南側建物

●『ディア・ピョンヤン Dear Pyongyang』
 (ヤン・ヨンヒ監督/107分/2005年/シネカノン配給)
 上 映 10:30〜12:20 14:00〜15:50
 監督トーク「私が触れた素顔の北朝鮮」 12:20〜12:50

 日本で生まれ育ったコリアン2世のヤンは、朝鮮総連の幹部とし
 て自分の一生をすべて“祖国”に捧げつづける両親のもので育っ
 た。3人の兄たちは、30数年前に北朝鮮へ“帰国”した。なぜ、そ
 こまでして祖国に自分たちのすべてを捧げ続けるのか? 深まる
 葛藤と長い対話。変貌する時代の中で、次第に親子は違う生き方
 を受け入れて新しい関係を模索していく。ベルリン国際映画祭最
 優秀アジア映画賞受賞ほか世界の映画祭で大絶賛。世界中がこ
 の父に、泣いて笑った。

●『パリのモスク─忘れられたレジスタンス』
 (デリ・ベルカーニ監督/26分/1991年/日本語字幕)
 上 映 13:00〜13:30 16:00〜16:30
 翻訳者(池田真里さん)解説 13:30〜13:50

 第二次大戦中、ナチスに追われるユダヤ人を守ったパリのモス
 ク。現在対立しているユダヤとイスラム世界だが、フランスにおい
 て民族を越え、ナチスに抗したレジスタンスの活動があったこと
 や、フランスの植民地出身の人々がフランス兵として闘った歴史を
 知る人は少ない。彼らの「埋もれた歴史」は、朝鮮や台湾など日本
 の植民地出身で「日本兵」として闘わざるをえなかった人々をも想
 起させる。アルジェリア系フランス人の監督作品。日本未公開作
 品。

.。o ○ o 。.。o ○ o 。.。o ○ o 。.。o ○ o 。.
 重松朋宏(東京・国立市議・1972年生まれ/みどり三多摩)
   〒186-0002東京都国立市東3-24-1シャラン101
     t/f:042-577-6759 090-4937-4596
  shig.tom. at docomo.ne.jp shigtom at gmail.com
日本にも緑の党を!みどりの未来→http://www.greens.gr.jp


CML メーリングリストの案内