[CML 005689] 「一週間 de 資本論」(@ NHK 教育テレビ、 9/27 (月)〜 9/30 (木)のご紹介

skurbys at yahoo.co.jp skurbys at yahoo.co.jp
2010年 9月 21日 (火) 01:50:58 JST


紅林進です。
   
  NHK教育テレビで放送される「一週間de資本論」という番組の
  ご紹介をさせていただきます。
   
   
  NHK教育テレビで、9月27日(月)から30日(木)まで4夜連続で
  「一週間de資本論」という番組を放送します。
  時間はいずれも午後10時25分〜10時50分です。
  的場昭弘さん(神奈川大学経済学部教授)が毎回違う4人の人
  との対談形式で進めるそうです。
   
  第1回 9月27日(月)
    第2回 9月28日(火) 「労働力という商品」
    第3回 9月29日(水) 「恐慌のメカニズム」
    第4回 9月30日(木) 「歴史から未来を考える」



   
  世に「難しいけど分かりたい」コトは数多い。あの超難解本『資本論』も
  その一つ。しかも現在の経済不況の中、異例の大ブレイク中というから
  なおさらです。そこで、この番組では『資本論』をこれ以上やさしくできない
  くらい分かりやすくお茶の間に届け、なんと一週間でその本質を速習して
  もらうことを目指します。達人プレゼンターの解説に加え、各回のテーマ
  に即した旬の対論者をスタジオに招き、みなさんがスッキリするまで説明
  し尽くします。http://www.nhk.or.jp/tamago/program/20100930_doc.html
   
  四夜連続でマルクスの「資本論」を読み解き、今再び注目されるその世界
  に迫る。かつて社会主義諸国の指導者たちに強い影響を与え、日本でも
  多くの人が手にした「資本論」。1989年のベルリンの壁崩壊以降、社会主義
  の国々が倒れていく中で資本論は時代遅れ・役に立たないとみなされた。
  世界は資本主義の一人勝ちとなるが、新自由主義を掲げる国々が規制を
  撤廃し、さらに資本主義を推し進めた結果、経済は混乱。これは資本論
  の中で既に分析されていたことだった。番組では難解なことで知られる
  資本論をわかりやすく読み解き、ゲストと貧困や派遣切り、金融危機など
  資本主義の”いま”が描かれている「資本論」の世界に迫る。
  (『TV Japan』より)
   
   
  なおこの番組の講師の的場昭弘さん(神奈川大学経済学部教授)は
  「変革のアソシエ」というNPOの講座で「共産主義について ――『初版 
  共産党宣言』を読む」という講座(全8回・第2火曜日、19時〜21時、
  各回ごとの参加も可)を担当しています。
  http://homepage3.nifty.com/associe-for-change/study2010/study06.html
  
 

 
---------------------------------
Get the new Internet Explorer 8 optimized for Yahoo! JAPAN


CML メーリングリストの案内