[CML 005637] Fw: 【ご案内】9/23 愛知県弁護士会「子どもの貧困」シンポジウム【転送歓迎】

TERAO Terumi teraoter at mint.ocn.ne.jp
2010年 9月 15日 (水) 00:50:44 JST


寺尾です。

弁護士の森さんからのシンポの案内を転送します。
チラシが添付されていましたが、外しました。必要な方には
送りますので個人メールでお申し越しください。

重複して受信された方には大変申し訳ありません。
お手数をお掛けしますが、削除してくださることでお許しください。

転送・転載歓迎。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 以下転送 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

皆さま

お世話になっています。
森 弘典です。

重複して同内容のメールを受信される方、ご容赦下さい。

すでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、愛知県弁護士会では、
9月23日、日弁連人権擁護大会のプレ・シンポジウムとして、下記の
日程、内容で、シンポジウム「加速する『子どもの貧困』ー子どもの
幸せのために社会ができることー」

を開催します。

間際のご案内ですが、ご存じでない方がいらっしゃると思いますので、
案内させていただきました。
僭越ながら、私は対談のコーディネーターを務めることになっています。

「貧困」が子どもの健康、適切なケア、他者との関係性、教育、
さらには学習意欲、希望、自己評価にも影響を及ぼし、生まれた
ときから可能性や選択肢が制約されるという社会的不公正を
生じさせ、さらに、その不公正が次の世代にも引き継がれて
います。これは大きな社会問題であり、個々の家庭ではなく、
社会として取り組んでいかなければならない問題です。
日弁連が「子どもの貧困」に取り組むのに呼応して、愛知県
弁護士会でも積極的に取り組んでいきたいと思っています。

入場無料で、500名は入れるホールですので、是非、
多数の方にご参加いただきたいと思います。周りの方にも
このメールを転送いただき、ご案内いただけたらと思います。


このちらし確定後に、愛知県、名古屋市、愛知県教育委員会、
名古屋市教育委員会の後援も受けています。

誠に恐れ入りますが、弁護士会でも各方面に配付していますが、
皆さまでもこの問題に関心をお持ちの方々に転送して
いただいたり、プリントアウトして配付していただけないで
しょうか?

【日時】  2010年9月23日(木・秋分の日) 
     午後1時〜4時30分(午後0時30分開場)
【場所】  中区役所ホール(先着500名入場無料)
【内容】
  1.基調講演  松本伊智朗氏(北海道大学大学院教授)
  「子どもの貧困」は社会の貧困〜子どもの貧困を考える視点〜
  2.「子どもの貧困」の現場から
   保育園園長、児童相談所職員、高校教師、愛知県(依頼中)
   3.対談
     松本伊智朗氏
    NHKセーフティネットクライシス vol.3 
   「しのびよる貧困 子どもを救えるか」制作チーム
      コーディネーター(愛知県弁護士会弁護士) 

【主催】  愛知県弁護士会、三重弁護士会
【共催】  日本弁護士連合会、中部弁護士会連合会
【後援】  愛知県、名古屋市、愛知県教育委員会
        名古屋市教育委員会

手話通訳あり、活用できる制度満載のリーフレット配付

=======================
    森 弘典   Hironori Mori
    Office: Tel 052-262-7061/Fax 052-262-7062     
   E-mail Address: hironori at fb3.so-net.ne.jp
=======================

ヘルプページ:   http://help.yahoo.co.jp/help/jp/groups/
グループページ: http://groups.yahoo.co.jp/group/shiensurukai/
グループ管理者: mailto:shiensurukai-owner at yahoogroups.jp



・モバイル版Yahoo!グループ(ベータ版)にアクセス。
・旧Yahoo! eグループをご利用の方々は移行手続きをお願いします。
・Yahoo!グループのサービスはガイドラインに沿ってお使いください。

---
なお、投稿者は本メールの送信者欄に表示されている方です。








CML メーリングリストの案内