[CML 005589] Re: 山崎 淑子さん Re: 小野洋子の言葉

hagitani ryo liangroo at yahoo.co.jp
2010年 9月 10日 (金) 20:24:59 JST


 田口さん、自己レスです。

 ちょっと訂正と補いを

 世界の多くの国では、もともと固有の文字をもっていないから、ローマ字を使
うわけですが、当然、基本的には元来のローマ字の読み方を踏襲しま す。
 Bと書いて、Eの発音をしろというわけにはいきません。

 英語だって基本的には同じです。 
 ただ、英語独特の音は独特の綴りにしたし、いったん綴りが決まってから何百
年もたつから、その間にくずれてもきた。

 それに、そもそも11世紀にフランスの王が支配したので、そのときフランス語
がたくさん入ったという経緯があります。それで綴りが混乱しまし た。

 ほんの一例をあげると、生きてる牛はox cow bullなどというのに、殺すと
beefに化けるというのは、beefが、フランス語から入った去勢牛を意味する
boeufから来ているからです。

 どうしてそんなことをしたかというと、農家で役牛や乳牛として飼っていると
きは、土着のゲルマン系の言葉で呼んだが、その肉となれば、これは百 姓に食
えるしろものではない(せっかくの生産力のある家畜をつぶすわけにはいかな
い)ので、町のお大尽に売るものです。だから、高級感を出してフ ランス語に
した。豚pig hog swine がporkとなるのも同様です。

 といえば、日本語の漢語によく似てますねえ。大陸のはずれにある島国どうし
で、言語史もにてるんです。

 とまあ、こんなわけで、英語のつづりは、はっきり言ってめちゃくちゃです。
  
 でも、もとのローマ字の規則を維持している部分はちゃんとある。そういう部
分では、他の多くの言語とほぼ共通です。
 
 日本語の シ ジ チ、ツ、フにへボン式で shi  ji chi tsu fuを使って
いるのは、英語国民のみならず、およそローマ字を使う世界の多くの人たちに、
そのほうが日本語の発音に近似した発音がしやすいからなのです。 これらの綴
りは、おおむねほかの多数の言語と共通なのです。

 アジノモトをazinomotoとかいて、 これは綴りはこうだが、発音はajinomoto
ですよ、などと教えるのは、無駄なことなんです よ。これだって、スペイン語
圏のひとならアヒノモトと読むとか、ゲルマン系語圏のひとなら、アイノモトと
よむとかいうことが考えられますが、そう いう西洋の(歴史のある)表記とく
らべるのでなく、アジアや中東やアフリカと比べるべきです。そうすると、たと
えばインドネシアの首都は Jakartaで、ジャカルタ、インドの王様はMaha raja
でマハラジャだ、じゃあ、jaはjaにしておけばいいんじゃ、というふうに、わか
るわけです。
 
 なお、英語のeが ウ になるというのは、誤解されそうですが、ウに似た音
にはなります。 Peterとかsingerというときのer は、 むしろウに近い響きで
あることが多いです。

 

--------------------------------------
GyaO! - Anime, Dramas, Movies, and Music videos [FREE]
http://pr.mail.yahoo.co.jp/gyao/


CML メーリングリストの案内