[CML 005548] 鯨肉裁判に生まれた嬰児の平和

hagitani ryo liangroo at yahoo.co.jp
2010年 9月 7日 (火) 20:12:12 JST


  米の輸入自由化のときもそうだったように、
 文化、文化というニッポン
 夜郎自大な

 米は食糧自給率の低い日本の大事な農産物
   田んぼの保水能力はだいじな環境の守り手
      日本が輸入すれば西アフリカの国はタイの米が手に入らない
 そんな話よりも、文化、文化、文化

 誰がきいてくれる、そんな話を、世界で
 どこの国だって 文化はあるんだ
 どこの国が 文化なんて言う

 米が文化というのは事実だった
 鯨を食べる文化なんてうそだ
 スーパーにもおいてなくて
 馬肉にもおよばない消費量の肉が文化なものか

 グローバリゼーションのために雇用が減り、
 楽天とファーストリテーリングが英語を社内公用語にして、
 そして国際社会に背を向けるニッポン

 漠然とした外国憎悪が、
 外圧不安が
 はけ口を求めているのか

 自分のためにも
 世界のためにもならない
 変なガス抜きは、いらない

 環境問題にも 
 生命にもそむいて 
 文化を言うニッポン

 かくすれば かくなるものと
 知ってか知らでか
 性懲りもない ヤマト騙し

 鯨が船の下を通っていくと、神様に見えるものだ、と語る
 ロフトのトークに出た漁師が
 私たちの神様かもしれない
 そのほうがほんとの文化だよ

 世界中で人を殺し、文化を破壊した西洋人が
 ようやく殺生をやめようとしているのだったら
 すごい霊的進歩じゃないか
 東洋人として いっしょに歩もうという気にはならないのか

 彼らの傲慢をあげつらうのは
 私たちの品位を下げるだけだから、よそう
 それは世界中の誰のためにもならない

 中国にGDPで抜かれることより、
 西洋人に霊的に及ばぬことのほうが悲しいと
 思え、ニッポン


--------------------------------------
GyaO! - Anime, Dramas, Movies, and Music videos [FREE]
http://pr.mail.yahoo.co.jp/gyao/


CML メーリングリストの案内